メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ
文書管理情報
文書番号 JPNIC-01077 無効となった文書 JPNIC-01048
発効日 2008/5/21 最終更新日 2009/7/6
文書名 JPIRRでのオブジェクト登録について

JPIRRでのオブジェクト登録について

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

*本文書について*
本文書は、社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(以下「JPNIC」という)の管理・運用する経路情報データベース(IRR(Internet Routing Registryの略))(以下「JPIRR」という)をご利用になり、オブジェクトを登録する際に必要な手続きについて解説したものです。


*目次*

  1. Maintainer オブジェクトの新規登録の前にお読みください
  2. Maintainer オブジェクトの新規登録
  3. Maintainer オブジェクトの仮パスワードの変更
  4. Route (Route6)オブジェクトの登録
  5. Aut-Num オブジェクトの登録
  6. AS-Set オブジェクトの登録
  7. Role オブジェクトの登録
  8. Person オブジェクトの登録

0. Maintainer オブジェクトの新規登録の前にお読みください

JPIRRサービスのご利用前に、以下の文書をよくお読みください。

Maintainer オブジェクトの新規登録フォームを、所定の窓口にお送りいただいた時点で、上記の文書に同意したものとみなします。

1. Maintainer オブジェクトの新規登録

JPIRRにオブジェクトを登録する場合には、まず始めに、オブジェクトの管理用にMaintainer オブジェクトを登録する必要があります。

オブジェクトの登録・変更・削除を行う際には、申請者の認証のために、このオブジェクトが利用されます。

Maintainer オブジェクトの登録は、JPIRR管理者(以下、管理者)が行ないます。「Maintainer オブジェクトの新規登録フォーム」を以下の窓口まで、電子メールにて送付してください。

電子メール : irr-admin@nic.ad.jp

管理者がフォームの内容を確認後に、データベースにオブジェクトを登録します。

なお、送付する際には、JPNICデータベース上で、契約者情報もしくは資源管理情報中に登録されている電子メールアドレスもしくは、AS情報中で[管理者連絡窓口][技術連絡担当者]として登録されている担当者情報(JPNICハンドル)中のd. [電子メイル]、または、担当グループ情報中の[電子メール]として登録されている電子メールアドレスより送付してください。

1.1 Maintainer オブジェクトの新規登録フォーム

----------------------------------------------------------------------
Maintainer オブジェクトの新規登録フォーム
----------------------------------------------------------------------
申請者情報((1)または(2)のいずれかをご記入ください)
(1) 資源管理者略称(指定事業者略称):
    契約組織名                   :
(2) AS番号                       :
    AS番号割当先組織名           :
----------------------------------------------------------------------
mntner:
descr:
                X-Keiro:
admin-c:
tech-c:
upd-to:
notify:
mnt-nfy:
remarks:
auth:
mnt-by:
changed:
source:         JPIRR
----------------------------------------------------------------------

[個人情報の取り扱いについて]
尚、申込書にていただいた個人情報は、個人情報保護法及び関連法令また当
センター個人情報保護方針及び関連する規定類に基づき適正に管理、保護し、
目的以外の利用や第三者への情報提供は行いません。

いただいた個人情報の照会、修正、削除については、 irr-query@nic.ad.jp
までお問い合わせ下さい。ご本人からのお問い合わせであることを確認した後
に、合理的な範囲ですみやかに対応します。
----------------------------------------------------------------------

1.2 各項目の説明

以下では、Maintainer オブジェクトの新規登録フォームに記述する項目の詳細な説明をします。

項目 記入の要否 記入内容
mntner 必須 Maintainer オブジェクトの名称です。
JPIRRでは、MAINT-AS****の形式で記入してください
descr 必須 Maintainer オブジェクトの管理を行う組織の名称を記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。

経路ハイジャック情報の通知を希望する場合には、 通知を希望する電子メールアドレスを以下の例に従って記入してください。 当該Maintainerオブジェクト管理下のRoute(Route6)オブジェクトと経路情報が不整合を起こしている際に、本項目に登録した電子メールアドレスに対して通知が行われます。
(記入例)
 descr:X-Keiro:alert@example.jp
admin-c 必須 オブジェクトを管理する担当者(または担当窓口)を登録します。
担当者情報(JPNICハンドル)もしくは担当グループ情報(グループハンドル)を記入してください。
tech-c 必須 技術的な事項に関する担当者(または担当窓口)を記入してください。
担当者情報(JPNICハンドル)もしくは担当グループ情報(グループハンドル)を記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
upd-to 必須 このオブジェクトの登録内容を更新する際に、 認証エラーとなった場合の警告メールの送信先を記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
notify 任意 このオブジェクトの登録内容が変更された際に、 通知されるメールアドレスを記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
mnt-nfy 必須 このオブジェクトの登録内容が変更された際に、 通知されるメールアドレスを記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
remarks 任意 このMaintainer オブジェクトの管理上、 必要な内容を自由に記入することができます。
この項目は複数の記述が可能です。
auth 必須 認証方法を登録します。新規登録時は空白としてください。
管理者により仮のパスワードが設定され、通知されます。
mnt-by 必須 このオブジェクトを管理するMaintainer オブジェクトの名称を記入してください
changed 必須 データベースが更新された日付と更新を行った担当者のメールアドレスが登録されます。
新規登録時は空白としてください。
source 必須 フォームに記載された内容に変更を加えないでください

1.3 記入例

以下では、Maintainer オブジェクトの新規登録フォームへの記入例を示します。お送りいただく電子メールの件名には、mntner に記入した内容と同じ文字列を記入してください。登録作業は管理者が行うため、登録に関する何らかの連絡は、申請日より5営業日以内にあらためてお送りいたします。

----------------------------------------------------------------------
Maintainer オブジェクトの新規登録フォーム
----------------------------------------------------------------------
申請者情報((1)または(2)のいずれかをご記入ください)
(1) IPアドレス管理指定事業者略称:JPIRR-NET
    契約組織名                  :日本網台帳株式会社
(2) AS番号                      :
    AS番号割当先組織名          :
----------------------------------------------------------------------
mntner:     MAINT-AS00000
descr:      Japan Internet Routing Registry Inc.
            X-keiro : alert@example.jp
admin-c:    AA000JP
tech-c:     BB000JP
upd-to:     admin@example.jp
notify:     admin@example.jp
mnt-nfy:    admin@example.jp
auth:
mnt-by:     MAINT-AS00000
changed:
source:     JPIRR
----------------------------------------------------------------------
[個人情報の取り扱いについて]
尚、申込書にていただいた個人情報は、個人情報保護法及び関連法令また当セ
ンター個人情報保護方針及び関連する規定類に基づき適正に管理、保護し、目
的以外の利用や第三者への情報提供は行いません。

いただいた個人情報の照会、修正、削除については、 irr-query@nic.ad.jp
までお問い合わせ下さい。ご本人からのお問い合わせであることを確認した後
に、合理的な範囲ですみやかに対応します。
----------------------------------------------------------------------

1.4 Maintainer オブジェクトの新規登録完了通知の内容について

1.4.1 通知内容の確認

Maintainer オブジェクトの新規登録処理が終わると、管理者より、以下の内容を含むオブジェクト登録完了の通知が届きます。 特に、(*1)および(*2)の内容を確認して、不備がある場合には、至急管理者まで連絡を行ってください。

--------------------------------------------------------
password:   abcdefg(*1)
mntner:     MAINT-AS00000
descr:      Japan Internet Routing Registry Inc.
            X-keiro : alert@example.jp
admin-c:    AA000JP
tech-c:     JP00000000
upd-to:     admin@example.jp
notify:     admin@example.jp
mnt-nfy:    admin@example.jp
auth:       CRYPT-PW lIUkAMPHFC2kE(*2)
mnt-by:     MAINT-AS00000
changed:    irr-admin@nic.ad.jp 20060801
source:     JPIRR
--------------------------------------------------------

 (*1) オブジェクトの登録・更新に必要なパスワードを記入する場所です。
      今後、オブジェクトを登録する際には、この項目を忘れずに記入してください。
      なお、Maintainer オブジェクトの新規登録時には、管理者が仮パスワードを発行しますので、
      通知がお手元に届き次第、「2. Maintainer オブジェクトのパスワードの変更」を参照の上、
      仮パスワードの変更を行ってください。パスワードの文字列は、データベースの検索時には公開されません。

 (*2) Maintainer オブジェクトの認証方法と(*1)のパスワードが暗号化されたもの(CRYPTパスワード)が記載されています。
      Maintainer オブジェクトの新規登録時には、管理者が指定した方法と、(*1)の仮パスワードが暗号化されたものが
      登録されています。
      暗号化されたパスワード(CRYPTパスワード)は、データベースの検索時には「HIDDENCRYPTPW 」と表示されます。

1.4.2 データベース登録内容の確認

Maintainer オブジェクトの新規登録完了通知が届き次第、登録内容に不備がないかどうか確認を行ってください。 不備がある場合には、至急管理者まで連絡を行ってください。データベース登録情報は以下の方法で確認できます。

    [WHOISコマンド]
       whois -h jpirr.nic.ad.jp MAINT-AS00000

    [Webページでの検索]
      https://jpirr.nic.ad.jp/cgi-bin/search-object.pl

2. Maintainer オブジェクトのパスワードの変更

Maintainer オブジェクトの新規登録完了通知が届いた時点では、管理者が発行した仮パスワードとなっています。 このパスワードを、異なる文字列のパスワードに変更します。

2.1 CRYPTパスワードの取得

2.1.1 CRYPTパスワードについて

CRYPTパスワードとは、パスワードとして指定した文字列を一定の規則にしたがって暗号化したものです。 CRYPTパスワードへの変換は、以下のURIより行ってください。

JPIRR Crypt Password Generator on the Web』
      (http://jpirr.nic.ad.jp/crypt_gen_web.html)

2.1.2 CRYPTパスワードの取得

CRYPTパスワードへの変換ページでは、テキストボックスにパスワードとして指定した文字列を記入して「Encrypted Passwd」のボタンを押してください。 なお、パスワードとして指定した文字列が同一の場合でも、CRYPTパスワードは毎回異なります。パスワードとして指定した文字列とこの作業により生成されたCRYPTパスワードの両方を、申請フォームに記入することで、オブジェクトの変更・追加・削除が行えるようになります。

2.2 パスワードの変更

Maintainer オブジェクトの登録内容を変更する場合には、「Maintainer オブジェクト登録フォーム」を以下の窓口まで、電子メールにて送付してください。 申請内容に問題がない場合、オブジェクトの登録内容の変更は自動で行われますので、メール本文には、フォーム以外の内容は記入しないようお願いします。 なお、メールの件名は、申請時には参照しません。

電子メール : auto-dbm@nic.ad.jp

2.2.1 Maintainer オブジェクト登録フォーム

----------------------------------------------------------------------
password:
mntner:
descr:
                X-Keiro:
admin-c:
tech-c:
upd-to:
notify:
mnt-nfy:
auth:
mnt-by:
changed:
source:         JPIRR
----------------------------------------------------------------------

2.2.2 Maintainer オブジェクト登録フォームの各項目の説明

以下では、Maintainer オブジェクト登録フォームに記述する項目の詳細な説明をします。

項目 記入の要否 記入内容
Password 必須 Maintainer オブジェクトの登録情報変更の際に必要なパスワードを記入してください
mntner 必須 Maintainer オブジェクトの名称を記入してください
descr 必須 Maintainer オブジェクトの管理を行う組織の名称を記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。

経路ハイジャック情報の通知を希望する場合には、 通知を希望する電子メールアドレスを以下の例に従って記入してください。 当該Maintainerオブジェクト管理下のRoute(Route6) オブジェクトと経路情報が不整合を起こしている際に、 本項目に登録した電子メールアドレスに対して通知が行われます。
(記入例)
 descr:X-Keiro:alert@example.jp
admin-c 必須 オブジェクトの管理する担当者(または担当窓口)を登録します。
担当者情報(JPNICハンドル)もしくは担当グループ情報(グループハンドル)を記入してください。
tech-c 必須 技術的な事項に関する担当者(または担当窓口)を登録します。
担当者情報(JPNICハンドル)もしくは担当グループ情報(グループハンドル)を記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
upd-to 必須 このオブジェクトの登録内容を更新する際に、認証エラーとなった場合の警告メールの送信先を記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
notify 任意 このオブジェクトの登録内容が変更された際に、通知されるメールアドレスを記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
mnt-nfy 必須 このオブジェクトの登録内容が変更された際に、通知されるメールアドレスを記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
remarks 任意 このMaintainer オブジェクトの管理上、必要な内容を自由に記入することができます
この項目は複数の記述が可能です。
auth 必須 認証方法やパスワードなど、認証に必要な情報を記入してください。
mnt-by 必須 このオブジェクトを管理するMaintainer オブジェクトの名称を記入してください
changed 必須 データベース更新を行った担当者のメールアドレスと、更新を行った日付を記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
source 必須 フォームに記載された内容に変更を加えないでください

2.2.3.1 Maintainer オブジェクト登録フォームの記入例(1)

以下では、管理者より発行された仮パスワードとCRYPTパスワードを利用して、自分自身で設定したCRYPTパスワードを設定する際の記入例を示します。自分で登録したCRYPTパスワードを、異なるCRYPTパスワードに変更する際にも、以下の記入例を参考にしてください。

この内容で登録が行われた後に、自分自身で設定したパスワードとCRYPTパスワードを利用して「3. Route オブジェクトの登録」を行ってください。

----------------------------------------------------------------------
password:   abcdefg(*1)
mntner:     MAINT-AS00000
descr:      Japan Internet Routing Registry Inc.
            X-keiro : alert@example.jp
admin-c:    AA000JP
tech-c:     BB000JP
upd-to:     admin@example.jp
notify:     admin@example.jp
mnt-nfy:    admin@example.jp
auth:       CRYPT-PW lIUkAMPHFC2kE(*2)
auth:       CRYPT-PW pfWeDbnIyOPH6(*3)
mnt-by:     MAINT-AS00000
changed:    irr-admin@nic.ad.jp 20060801
source:     JPIRR
----------------------------------------------------------------------
(*1) 管理者発行の仮パスワードを記入します
(*2) 仮パスワードに対応したCRYPTパスワードを記入します。
     新しいCRYPTパスワードが利用できるまで、この項目は削除しないでください。
(*3) 変更後のパスワードに対応した、CRYPTパスワードを記入してください。

2.2.3.2 Maintainer オブジェクト登録フォームの記入例(2)

自分自身で設定したパスワードとCRYPTパスワードを利用して「3. Route オブジェクトの登録」を問題なく行なえることを確認した後に、管理者より発行された仮パスワードとCRYPTパスワードの削除を行ってください。

以下では、管理者より発行された仮パスワードとCRYPTパスワードの削除を行う際の記入例を示します。

----------------------------------------------------------------------
password:   zyxwvuts(*1)
mntner:     MAINT-AS00000
descr:      Japan Internet Routing Registry Inc.
            X-keiro : alert@example.jp
admin-c:    AA000JP
tech-c:     BB000JP
upd-to:     admin@example.jp
notify:     admin@example.jp
mnt-nfy:    admin@example.jp
auth:       CRYPT-PW pfWeDbnIyOPH6(*2)
mnt-by:     MAINT-AS00000
changed:    irr-admin@nic.ad.jp 20060801
source:     JPIRR
----------------------------------------------------------------------
(*1) 自分自身で設定したパスワードを記入します
(*2) (*1)のパスワードに対応した、CRYPTパスワードを記入してください。

2.3 データベース登録内容の確認

Maintainer オブジェクトの登録情報の変更が行われると、変更完了通知が届きます。登録内容に不備がないかどうか確認を行ってください。不備がある場合には、至急管理者まで連絡を行ってください。

データベース登録情報は以下の方法で確認できます。

    [WHOISコマンド]
       whois -h jpirr.nic.ad.jp MAINT-AS00000

    [Webページでの検索]
      https://jpirr.nic.ad.jp/cgi-bin/search-object.pl

登録ができない場合は、管理者より発行された仮パスワードを用いて再度「2. Maintainer Object 仮パスワードの変更 」を行うか、もしくは管理者宛の以下の窓口まで連絡して下さい。 管理者がフォームの内容を確認後に、オブジェクトの登録内容を変更します。

電子メール : irr-admin@nic.ad.jp

3. Route(Route6) オブジェクトの登録

3.1 Routeオブジェクトについて

このオブジェクトは、実際にインターネット上で経路広告が行われれているIPアドレスに関する情報が登録されるため、以下の目的で利用されます。

  • 該当するIPアドレスの信憑性を確認を実施する時
  • 特定の経路広告元を検索して、フィルタリングを行いたい時
  • 該当するIPアドレスの管理者に対して、問い合わせを行う時

なお、RouteオブジェクトはIPv4アドレスに関する情報を、Route6オブジェクトはIPv6アドレスに関する情報を登録するために利用します。

3.2 Route(Route6) オブジェクトの登録

Route(Route6) オブジェクトの登録・削除、既に登録されているRoute(Route6) オブジェクトの登録内容を変更する場合には、「Route オブジェクト(Route6 オブジェクト)登録フォーム」を以下の窓口まで、電子メールにて送付してください。 申請内容に問題がない場合、オブジェクトの登録内容の変更は自動で行われますので、メール本文には、フォーム以外の内容は記入しないようお願いします。 なお、メールの件名は、申請時には参照しません。なお、既に登録されているRoute(Route6) オブジェクトの登録内容を変更する場合には、変更後の登録内容を全て記入してください。

電子メール : auto-dbm@nic.ad.jp

なお、オブジェクトの登録・削除や変更が複数ある場合には、1通のメールで申請を行うことが可能です。その場合には、オブジェクト間を改行で区切り、冒頭にパスワードを記入して、所定の窓口に送付してください。

3.2.1 Route (Route6)オブジェクト登録フォーム

▼IPv4アドレスに関する情報を登録する場合
----------------------------------------------------------------------
password:
route:
descr:
            X-Keiro:
origin:
member-of:
notify:
mnt-by:
changed:
source:     JPIRR
----------------------------------------------------------------------

▼IPv6アドレスに関する情報を登録する場合
----------------------------------------------------------------------
password:
route6:
descr:
            X-Keiro:
member-of:
notify:
mnt-by:
changed:
source:     JPIRR
----------------------------------------------------------------------

3.2.2 Route (Route6)オブジェクト登録フォームの各項目の説明

以下では、Route (Route6)オブジェクト登録フォームに記述する項目の詳細な説明をします。

項目 記入の要否 記入内容
password 必須 Route オブジェクトの登録情報変更の際に必要なパスワードを記入してください
route
route6
必須 登録するアドレスブロックを記入してください。
IPv4アドレスを登録する場合には、項目(フィールド名)をrouteとしてください。
IPv6アドレスを登録する場合には、項目(フィールド名)をroute6としてください。
descr 必須 アドレスブロックの割り振りや割り当てを受けた組織の名称や、 ネットワークの名称を記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。

経路ハイジャック情報の通知を希望する場合には、 通知を希望する電子メールアドレスを以下の例に従って記入してください。 当該Route(Route6)オブジェクトと管理元のMaintainer オブジェクトの両方に通知先の電子メールアドレスが登録されている場合には、 当該Route(Route6)オブジェクトに登録された電子メールアドレスに対してのみ通知されます。
(記入例)
 descr:X-Keiro:alert@example.jp
origin 必須 該当するアドレスブロックの経路広告元となるAS番号を、AS****の形式で記入してください。
member-of 任意 route(route6)に記入したアドレスブロックが登録されているroute-setオブジェクトの名称を記入してください。
notify 任意 このオブジェクトの登録内容が変更された際に、通知されるメールアドレスを記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
mnt-by 必須 このオブジェクトを管理するMaintainer オブジェクトの名称を記入してください
changed 必須 データベース更新を行った担当者のメールアドレスと、 更新を行った日付を記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。

該当するオブジェクトを削除する場合には、 changedという文字列をdeleteに変更した行を追加して必要事項を記入してください。
(記入例)
  changed: admin@example.jp 20060801
  delete: admin@example.jp 20070601
source 必須 フォームに記載された内容に変更を加えないでください

3.2.3 Route (Route6)オブジェクト登録フォームの記入例

以下では、Route (Route6)オブジェクト登録フォームへの記入例を示します。

▼IPv4アドレスに関する情報を登録する場合
----------------------------------------------------------------------
password:   zyxwvuts
route:      192.168.0.0/21
descr:      Japan Internet Routing Registry Inc. CIDR-block NO.1
            X-Keiro : alert@example.jp
origin:     AS00000
member-of:  rs-example
notify:     admin@example.jp
mnt-by:     MAINT-AS00000
changed:    admin@example.jp 20060801
source:     JPIRR
----------------------------------------------------------------------

▼IPv6アドレスに関する情報を登録する場合
----------------------------------------------------------------------
password:   zyxwvuts
route6:     2001:0DB8::/32
descr:      Japan Internet Routing Registry Inc. IPv6 Address-block NO.1
            X-Keiro : alert@example.jp
origin:     AS00000
member-of:  rs-example
notify:     admin@example.jp
mnt-by:     MAINT-AS00000
changed:    admin@example.jp 20060801
source:     JPIRR
----------------------------------------------------------------------

▽IPv4アドレスに関する情報を削除する場合
----------------------------------------------------------------------
password:   zyxwvuts
route:      192.168.0.0/21
descr:      Japan Internet Routing Registry Inc. CIDR-block NO.1
            X-Keiro : alert@example.jp
origin:     AS00000
member-of:  rs-example
notify:     admin@example.jp
mnt-by:     MAINT-AS00000
changed:    admin@example.jp 20080801
delete:     admin@example.jp 20090701
source:     JPIRR
----------------------------------------------------------------------

▽IPv6アドレスに関する情報を削除する場合
----------------------------------------------------------------------
password:   zyxwvuts
route6:     2001:0DB8::/32
descr:      Japan Internet Routing Registry Inc. IPv6 Address-block NO.1
            X-Keiro : alert@example.jp
origin:     AS00000
member-of:  rs-example
notify:     admin@example.jp
mnt-by:     MAINT-AS00000
changed:    admin@example.jp 20080801
delete:     admin@example.jp 20090701
source:     JPIRR
----------------------------------------------------------------------

3.3 データベース登録内容の確認

Route (Route6)オブジェクトの登録・削除や情報変更が行われると、変更完了通知が届きます。登録内容に不備がないかどうか確認を行ってください。不備がある場合には、至急管理者まで連絡を行ってください。

電子メール : irr-query@nic.ad.jp

なお、データベース登録情報は以下の方法で確認できます。

    [WHOISコマンド]
       whois -h jpirr.nic.ad.jp 192.168.0.0/21

    [Webページでの検索]
      https://jpirr.nic.ad.jp/cgi-bin/search-object.pl

4. Aut-Num オブジェクトの登録

4.1 Aut-Num オブジェクトについて

Aut-Num オブジェクトは、ルーティングポリシーを特定するためオブジェクトです。import、export、defaultなどの項目を記入することで、自組織のASのルーティングポリシーを記入して、外部からも参照できるようになります。

4.2 Aut-Num オブジェクトの登録

Aut-Num オブジェクトの登録・削除、既に登録されているAut-Num オブジェクトの登録内容を変更する場合には、「Aut-Num オブジェクト登録フォーム」を以下の窓口まで、電子メールにて送付してください。

申請内容に問題がない場合、オブジェクトの登録内容の変更は自動で行われますので、メール本文には、フォーム以外の内容は記入しないようお願いします。 なお、メールの件名は、申請時には参照しません。

なお、既に登録されているAut-Num オブジェクトの登録内容を変更する場合には、変更後の登録内容を全て記入してください。

電子メール:auto-dbm@nic.ad.jp

4.2.1 Aut-Num オブジェクト登録フォーム

----------------------------------------------------------------------
password:
aut-num:
as-name:
descr:
notify:
admin-c:
tech-c:
mnt-by:
changed:
source:         JPIRR
----------------------------------------------------------------------

4.2.2 Aut-Num オブジェクト登録フォームの各項目の説明

 以下では、Aut-Num オブジェクト登録フォームに記述する項目の詳細な説明をします。

項目 記入の要否 記入内容
password 必須 Aut-Numオブジェクトの登録情報変更の際に必要なパスワードを記入してください
aut-num 必須 オブジェクトを登録するAS番号をAS****の形式で記入してください。
as-name 必須 該当するAS番号の名称を記入してください。
descr 必須 Aut-Numオブジェクトの管理を行う組織の名称を記入してください。この項目は複数の記述が可能です。
member-of 任意 このAS番号が属しているAS-SetオブジェクトのAS-set名を記述します。
AS-Set オブジェクトについては、「5. AS-Set オブジェクトの登録」を参照してください。
import 任意 自組織のAS番号へ経路を受け入れる際のルーティングポリシーを記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
export 任意 自組織のAS番号から経路広告を行う際のルーティングポリシーを記入してください。複数記入することが可能です。
この項目は複数の記述が可能です。
default 任意 デフォルトのルーティングポリシーを記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
notify 任意 このオブジェクトの登録内容が変更された際に、通知されるメールアドレスを記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
admin-c 必須 このオブジェクトを管理する担当者(または担当窓口)を登録します。担当者情報(JPNICハンドル)もしくは、担当グループ情報(グループハンドル)を記入してください。
tech-c 必須 技術的な事項に関する担当者(または担当窓口)を登録します。
担当者情報(JPNICハンドル)もしくは担当グループ情報(グループハンドル)を記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
mnt-by 必須 このオブジェクトを管理するMaintainer オブジェクトの名称を記入してください
この項目は複数の記述が可能です。
changed 必須 データベース更新を行った担当者のメールアドレスと、 更新を行った日付を記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。

該当するオブジェクトを削除する場合には、 changedという文字列をdeleteに変更した行を追加して必要事項を記入してください。
(記入例)
  changed: admin@example.jp 20060801
  delete: admin@example.jp 20070601
source 必須 フォームに記載された内容に変更を加えないでください

4.2.3.1 Aut-Num オブジェクト登録フォームの記入例(1)

以下では、Aut-Num オブジェクト登録フォームへの記入例を示します。

この登録例では、ルーティングポリシーの反映は行っていません。組織の情報を外部に公開したくない場合は、これだけの内容でも構いません。この情報を登録する事で、AS0000の管理をMAINT-AS0000が行っていることが確認できます。

----------------------------------------------------------------------
password:   zyxwvuts
aut-num:    AS0000
as-name:    JPIRR
descr:      Japan Internet Routing Registry Inc.
notify:     admin@example.jp
admin-c:    AA000JP
tech-c:     JP00000000
mnt-by:     MAINT-AS0000
changed:    admin@example.jp 20060801
source:     JPIRR
----------------------------------------------------------------------

4.2.3.2 Aut-Num オブジェクト登録フォームの記入例(2)

以下では、ルーティングポリシーを反映したAut-Num オブジェクト登録フォームへの記入例を示します。

Aut-Num オブジェクトでは受信経路や広報経路、"Local Preference" や "MED" などの複雑なポリシーも反映させることができます。設定方法については、Aut-Numオブジェクト設定ガイドをご参照ください。

また、import、exportに関する詳細な設定方法は、RFC2622やRFC2650などをご参考にしてください。

Aut-Numオブジェクト設定ガイド(PDF、122KB)』

     RFC2622:『Routing Policy Specification Language (RPSL)』
     RFC2650:『Using RPSL in Practice』

----------------------------------------------------------------------
password:   zyxwvuts
aut-num:    AS0000
as-name:    JPIRR
descr:      Japan Internet Routing Registry Inc.
notify:     admin@example.jp
import:     From AS0005  accept ANY
import:     From AS0001  accept AS0001
import:     From AS0007  accept <^(AS0007)+(AS0015)+$>
export:     To AS0007  announce ANY
export:     To AS0005  announce AS0000
admin-c:    AA000JP
tech-c:     JP00000000
mnt-by:     MAINT-AS0000
changed:    admin@example.jp 20060801
source:     JPIRR
----------------------------------------------------------------------

4.2.3.3 Aut-Num オブジェクト登録フォームの記入例(3)

以下では、Aut-Num オブジェクトを削除する際のフォームへの記入例を示します。

----------------------------------------------------------------------
password:   zyxwvuts
aut-num:    AS0000
as-name:    JPIRR
descr:      Japan Internet Routing Registry Inc.
notify:     admin@example.jp
admin-c:    AA000JP
tech-c:     JP00000000
mnt-by:     MAINT-AS0000
changed:    admin@example.jp 20080801
delete:     admin@example.jp 20090701
source:     JPIRR
----------------------------------------------------------------------

4.3 データベース登録内容の確認

Aut-Num オブジェクトの登録・削除や情報変更が行われると、変更完了通知が届きます。登録内容に不備がないかどうか確認を行ってください。不備がある場合には、至急管理者まで連絡を行ってください。

電子メール : irr-query@nic.ad.jp

なお、データベース登録情報は以下の方法で確認できます。

    [WHOISコマンド]
       whois -h jpirr.nic.ad.jp AS0000

    [Webページでの検索]
      https://jpirr.nic.ad.jp/cgi-bin/search-object.pl

5. AS-Set オブジェクトの登録

5.1 AS-Set オブジェクトについて

AS-Set オブジェクトは、経路広告元が同一のAS番号や、その組織に関連のあるAS番号に関する情報を一括管理するためのオブジェクトです。

5.2 Route オブジェクトの登録

AS-Set オブジェクトの登録・削除、既に登録されているAS-Set オブジェクトの登録内容を変更する場合には、 「AS-Set オブジェクト登録フォーム」を以下の窓口まで、電子メールにて送付してください。

申請内容に問題がない場合、オブジェクトの登録内容の変更は自動で行われますので、メール本文には、フォーム以外の内容は記入しないようお願いします。 なお、メールの件名は、申請時には参照しません。

なお、既に登録されているAS-Set オブジェクトの登録内容を変更する場合には、変更後の登録内容を全て記入してください。

電子メール : auto-dbm@nic.ad.jp

なお、オブジェクトの登録・削除や変更が複数ある場合には、1通のメールで申請を行うことが可能です。その場合には、オブジェクト間を改行で区切り、冒頭にパスワードを記入して、所定の窓口に送付してください。

5.2.1 AS-Set オブジェクト登録フォーム

----------------------------------------------------------------------
password:
as-set:
descr:
members:
notify:
mnt-by:
changed:
source:         JPIRR
----------------------------------------------------------------------

5.2.2 AS-Set オブジェクト登録フォームの各項目の説明

以下では、AS-Set オブジェクト登録フォームに記述する項目の詳細な説明をします。

項目 記入の要否 記入内容
password 必須 AS-Set オブジェクトの登録情報変更の際に必要なパスワードを記入してください
as-set 必須 As-setオブジェクトの名称をAS-****の形式で記入してください。
descr 必須 AS-Set オブジェクトの内容がわかるような情報を記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
members 必須 自組織のAS番号とその配下の関連組織等のAS番号をカンマ区切りで記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
notify 任意 このオブジェクトの登録内容が変更された際に、通知されるメールアドレスを記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
mnt-by 必須 このオブジェクトを管理するMaintainer オブジェクトの名称を記入してください
この項目は複数の記述が可能です。
changed 必須 データベース更新を行った担当者のメールアドレスと、 更新を行った日付を記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。

該当するオブジェクトを削除する場合には、 changedという文字列をdeleteに変更した行を追加して必要事項を記入してください。
(記入例)
  changed: admin@example.jp 20060801
  delete: admin@example.jp 20070601
source 必須 フォームに記載された内容に変更を加えないでください

5.2.3 AS-Set オブジェクト登録フォームの記入例

以下では、AS-Set オブジェクト登録フォームへの記入例を示します。

▼AS-Set オブジェクトを登録する場合
----------------------------------------------------------------------
password:   zyxwvuts
as-set:     AS-IRR-NET
descr:      Japan Internet Routing Registry Inc. AS-members
members:    AS00000,
            AS00001,AS00002, AS00003
notify:     admin@example.jp
mnt-by:     MAINT-AS00000
changed:    admin@example.jp 20090701
source:     JPIRR
----------------------------------------------------------------------

▽AS-Set オブジェクトを削除する場合
----------------------------------------------------------------------
password:   zyxwvuts
as-set:     AS-IRR-NET
descr:      Japan Internet Routing Registry Inc. AS-members
members:    AS00000,
            AS00001,AS00002, AS00003
notify:     admin@example.jp
mnt-by:     MAINT-AS00000
changed:    admin@example.jp 20080801
delete:     admin@example.jp 20090701
source:     JPIRR
----------------------------------------------------------------------

5.3 データベース登録内容の確認

AS-Set オブジェクトの登録・削除や情報変更が行われると、変更完了通知が届きます。登録内容に不備がないかどうか確認を行ってください。不備がある場合には、至急管理者まで連絡を行ってください。

電子メール : irr-query@nic.ad.jp

なお、データベース登録情報は以下の方法で確認できます。

    [WHOISコマンド]
       whois -h jpirr.nic.ad.jp AS-IRR-NET

    [Webページでの検索]
      https://jpirr.nic.ad.jp/cgi-bin/search-object.pl

6. Role オブジェクトの登録

6.1 Role オブジェクトについて

Role オブジェクトは組織を登録するためのオブジェクトです。Maintainer オブジェクトに関連付けて参照することができます。 IRRを利用するユーザが、連絡先としてこのオブジェクトの内容を参照しますので、ユーザからの問い合わせなどの窓口となっている部署を登録してください。

6.2 Role オブジェクトの登録

Role オブジェクトの登録・削除、既に登録されているRole オブジェクトの登録内容を変更する場合には、 「Role オブジェクト登録フォーム」を以下の窓口まで、電子メールにて送付してください。 申請内容に問題がない場合、オブジェクトの登録内容の変更は自動で行われますので、メール本文には、フォーム以外の内容は記入しないようお願いします。 なお、メールの件名は、申請時には参照しません。 なお、既に登録されているRole オブジェクトの登録内容を変更する場合には、変更後の登録内容を全て記入してください。

電子メール : auto-dbm@nic.ad.jp

なお、オブジェクトの登録・削除や変更が複数ある場合には、1通のメールで申請を行うことが可能です。その場合には、オブジェクト間を改行で区切り、冒頭にパスワードを記入して、所定の窓口に送付してください。

6.2.1 Role オブジェクト登録フォーム

----------------------------------------------------------------------
password:
role:
nic-hdl:
address:
address:
address:
address:
phone:
fax-no:
e-mail:
notify:
mnt-by:
changed:
source:     JPIRR
----------------------------------------------------------------------

6.2.2 Role オブジェクト登録フォームの各項目の説明

以下では、Role オブジェクト登録フォームに記述する項目の詳細な説明をします。

項目 記入の要否 記入内容
Password 必須 Roleオブジェクトの登録情報変更の際に必要なパスワードを記入してください
role 必須 Role オブジェクトの名称を記入してください
nic-hdl 必須 窓口となる部署に割り当てられた担当グループ情報もしくは担当者情報(JPNICハンドル)を記入してください
trouble 任意 障害時の連絡先を追加で設定したい場合は、この項目に記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
address 必須 連絡先の窓口の住所を記入してください。
phone 必須 連絡先の窓口となる電話番号を記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
fax-no 選択 連絡先の窓口となるFAX番号を記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
remarks 任意 このオブジェクトの管理上、必要な内容を自由に記入することができます
この項目は複数の記述が可能です。
notify 任意 このオブジェクトの登録内容が変更された際に、通知されるメールアドレスを記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
mnt-by 必須 このオブジェクトを管理するMaintainer オブジェクトの名称を記入してください
この項目は複数の記述が可能です。
changed 必須 データベース更新を行った担当者のメールアドレスと、 更新を行った日付を記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。

該当するオブジェクトを削除する場合には、 changedという文字列をdeleteに変更した行を追加して必要事項を記入してください。
(記入例)
  changed: admin@example.jp 20060801
  delete: admin@example.jp 20070601
source 必須 フォームに記載された内容に変更を加えないでください

6.2.3 Role オブジェクト登録フォームの記入例

以下では、Role オブジェクト登録フォームへの記入例を示します。

▼Role オブジェクトを登録する場合
----------------------------------------------------------------------
password:   zyxwvuts
role:       IRR Operation Team
nic-hdl:    JP00000000
address:    JAPAN Internet Routing Registry Inc.
address:    kokusai-kougyo-Kanda Bldg 6F
address:    2-3-4 Uchi-kanda
address:    Chiyoda-ku, Tokyo
phone:      +81-3-1234-5678
fax-no:     +81-3-9876-5432
e-mail:     admin@example.jp
notify:     admin@example.jp
mnt-by:     MAINT-AS00000
changed:    admin@example.jp 20090701
source:     JPIRR
----------------------------------------------------------------------

▽Role オブジェクトを削除する場合
----------------------------------------------------------------------
password:   zyxwvuts
role:       IRR Operation Team
nic-hdl:    JP00000000
address:    JAPAN Internet Routing Registry Inc.
address:    kokusai-kougyo-Kanda Bldg 6F
address:    2-3-4 Uchi-kanda
address:    Chiyoda-ku, Tokyo
phone:      +81-3-1234-5678
fax-no:     +81-3-9876-5432
e-mail:     admin@example.jp
notify:     admin@example.jp
mnt-by:     MAINT-AS00000
changed:    admin@example.jp 20080801
delete:     admin@example.jp 20090701
source:     JPIRR
----------------------------------------------------------------------

6.3 データベース登録内容の確認

Role オブジェクトの登録・削除や情報変更が行われると、変更完了通知が届きます。登録内容に不備がないかどうか確認を行ってください。不備がある場合には、至急管理者まで連絡を行ってください。

電子メール : irr-query@nic.ad.jp

なお、データベース登録情報は以下の方法で確認できます。

    [WHOISコマンド]
       whois -h jpirr.nic.ad.jp "IRR Operation Team"

    [Webページでの検索]
      https://jpirr.nic.ad.jp/cgi-bin/search-object.pl

登録後、WHOISでRole オブジェクトを参照すると、Maintainer オブジェクトに関連付けられていることが確認できます。
Maintainer オブジェクトのtech-cに登録された担当グループ情報「JP00000000」が、Role オブジェクトの「nic-hdl」にも登録されているため、参照された形式で表示されています。

    $ whois -h jpirr.nic.ad.jp MAINT-AS00000

    mntner:     MAINT-AS00000
    descr:      Japan Internet Routing Registry Inc.
    admin-c:    AA000JP
    tech-c:     JP00000000 ★-------------------+
    upd-to:     admin@example.jp                |
    notify:     admin@example.jp                参
    mnt-nfy:    admin@example.jp                |
    auth:       CRYPT-PW HIDDENCRYPTPW          照
    mnt-by:     MAINT-AS00000                   |
    changed:    irr-admin@nic.ad.jp 20060801    関
    source:     JPIRR                           |
                                                係
    role:       IRR Operation Team              |
    nic-hdl:    JP00000000 ★-------------------+
    address:    JAPAN Internet Routing Registry Inc.
    address:    kokusai-kougyo-Kanda Bldg 6F
    address:    2-3-4 Uchi-kanda
    address:    Chiyoda-ku, Tokyo
    phone:      +81-3-1234-5678
    fax-no:     +81-3-9876-5432
    e-mail:     admin@example.jp
    notify:     admin@example.jp
    mnt-by:     MAINT-AS00000
    changed:    admin@example.jp 20060801
    source:     JPIRR

7. Person オブジェクトの登録

7.1 Person オブジェクトについて

Person オブジェクトは、ユーザからの問い合わせなどの窓口として、担当者個人を登録するためのオブジェクトです。 Maintainer オブジェクトと関連付けて参照することができます。IRRを利用するユーザが、連絡先としてこのオブジェクトの内容を参照しますので、担当者の情報を登録してください。 問い合わせなどの窓口を部署で行っている場合は、Person オブジェクトではなくRole オブジェクトを登録してください。

7.2 Person オブジェクトの登録

Person オブジェクトの登録・削除、既に登録されているPerson オブジェクトの登録内容を変更する場合には、 「Person オブジェクト登録フォーム」を以下の窓口まで、電子メールにて送付してください。 申請内容に問題がない場合、オブジェクトの登録内容の変更は自動で行われますので、メール本文には、フォーム以外の内容は記入しないようお願いします。 なお、メールの件名は、申請時には参照しません。 なお、既に登録されているPerson オブジェクトの登録内容を変更する場合には、変更後の登録内容を全て記入してください。

電子メール : auto-dbm@nic.ad.jp

なお、オブジェクトの登録・削除や変更が複数ある場合には、1通のメールで申請を行うことが可能です。その場合には、 オブジェクト間を改行で区切り、冒頭にパスワードを記入して、所定の窓口に送付してください。

7.2.1 Person オブジェクト登録フォーム

----------------------------------------------------------------------
password:
person:
nic-hdl:
address:
address:
address:
address:
phone:
fax-no:
e-mail:
notify:
mnt-by:
changed:
source:     JPIRR
----------------------------------------------------------------------

7.2.2 Person オブジェクト登録フォームの各項目の説明

以下では、Person オブジェクト登録フォームに記述する項目の詳細な説明をします。

項目 記入の要否 記入内容
Password 必須 Personオブジェクトの登録情報変更の際に必要なパスワードを記入してください
Person 必須 Person オブジェクトの名称を記入してください
nic-hdl 必須 担当者に割り当てられた担当者情報(JPNICハンドル)を記入してください
trouble 任意 障害時の連絡先を追加で設定したい場合は、この項目に記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
address 必須 連絡先の担当者の住所を記入してください。
phone 必須 連絡先の担当者の電話番号を記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
fax-no 選択 連絡先の担当者のFAX番号を記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
remarks 任意 このオブジェクトの管理上、必要な内容を自由に記入することができます
この項目は複数の記述が可能です。
notify 任意 このオブジェクトの登録内容が変更された際に、通知されるメールアドレスを記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。
mnt-by 必須 このオブジェクトを管理するMaintainer オブジェクトの名称を記入してください
この項目は複数の記述が可能です。
changed 必須 データベース更新を行った担当者のメールアドレスと、 更新を行った日付を記入してください。
この項目は複数の記述が可能です。

該当するオブジェクトを削除する場合には、 changedという文字列をdeleteに変更した行を追加して必要事項を記入してください。
(記入例)
  changed: admin@example.jp 20060801
  delete: admin@example.jp 20070601
source 必須 フォームに記載された内容に変更を加えないでください

7.2.3 Person オブジェクト登録フォームの記入例

以下では、Person オブジェクト登録フォームへの記入例を示します。

▼Person オブジェクトを登録する場合の例
----------------------------------------------------------------------
password:   zyxwvuts
person:     Keiro Taro
nic-hdl:    TK36JP
address:    JAPAN Internet Routing Registry Inc.
address:    kokusai-kougyo-Kanda Bldg 6F
address:    2-3-4 Uchi-kanda
address:    Chiyoda-ku, Tokyo
phone:      +81-3-1234-5678
fax-no:     +81-3-9876-5432
e-mail:     taro@example.jp
notify:     taro@example.jp
mnt-by:     MAINT-AS00000
changed:    taro@example.jp 20090701
source:     JPIRR
----------------------------------------------------------------------

▽Person オブジェクトを削除する場合の例
----------------------------------------------------------------------
password:   zyxwvuts
person:     Keiro Taro
nic-hdl:    TK36JP
address:    JAPAN Internet Routing Registry Inc.
address:    kokusai-kougyo-Kanda Bldg 6F
address:    2-3-4 Uchi-kanda
address:    Chiyoda-ku, Tokyo
phone:      +81-3-1234-5678
fax-no:     +81-3-9876-5432
e-mail:     taro@example.jp
notify:     taro@example.jp
mnt-by:     MAINT-AS00000
changed:    admin@example.jp 20080801
delete:     admin@example.jp 20090701
source:     JPIRR
----------------------------------------------------------------------

7.3 データベース登録内容の確認

Person オブジェクトの登録・削除や情報変更が行われると、変更完了通知が届きます。登録内容に不備がないかどうか確認を行ってください。不備がある場合には、至急管理者まで連絡を行ってください。

電子メール : irr-query@nic.ad.jp

なお、データベース登録情報は以下の方法で確認できます。

    [WHOISコマンド]
       whois -h jpirr.nic.ad.jp "Keiro Taro"

    [Webページでの検索]
      https://jpirr.nic.ad.jp/cgi-bin/search-object.pl

Maintainer オブジェクトに、Person オブジェクト中の「person」「nic-hdl」の内容を登録した場合、WHOISでPerson オブジェクトを参照すると、Maintainer オブジェクトに関連付けられていることが確認できます。 Maintainer オブジェクトのtech-cに登録された担当者情報(JPNICハンドル)「TK36JP」が、Role オブジェクトのnic-hdlにも登録されているため、参照された形式で表示されています。

    (表示例)

    $ whois -h jpirr.nic.ad.jp MAINT-AS00000

    mntner:     MAINT-AS00000
    descr:      Japan Internet Routing Registry Inc.
    admin-c:    TK36JP    ★-------------------+
    tech-c:     JP00000000                      |
    upd-to:     admin@example.jp                参
    notify:     admin@example.jp                |
    mnt-nfy:    admin@example.jp                照
    auth:       CRYPT-PW HIDDENCRYPTPW          |
    mnt-by:     MAINT-AS00000                   |
    changed:    irr-admin@nic.ad.jp 20060801    関
    source:     JPIRR                           |
                                                係
    person:     Keiro Taro ★-------------------+
    nic-hdl:    TK36JP
    address:    JAPAN Internet Routing Registry Inc.
    address:    kokusai-kougyo-Kanda Bldg 6F
    address:    2-3-4 Uchi-kanda
    address:    Chiyoda-ku, Tokyo
    phone:      +81-3-1234-5678
    fax-no:     +81-3-9876-5432
    e-mail:     taro@example.jp
    notify:     taro@example.jp
    mnt-by:     MAINT-AS00000
    changed:    taro@example.jp 20060801
    source:     JPIRR

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ