メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

6boneとは

IPv6の実証実験用として構築された世界規模のネットワーク。 1996年に構築され、現在世界50ヶ国以上の研究機関や企業が接続しています。 6boneは、 IPv6パケットをIPv4パケットでくるむトンネリングという技術を用いて、 既存のIPv4ネットワーク上で運用されていますが、 最近はトンネリングを用いずにIPv6専用の回線で直接接続するケースも増えています。 また、6boneは実験用のネットワークであるため、 そこで用いられているIPv6アドレスは暫定的な実験目的で割り振られたもの (RFC2471)が使われています。

 6bone
 http://www.6bone.net/

JPNIC News & Views vol.029(2002年8月15日発行)より

*実験的役割を終えたとして、 6boneは2006年6月6日に運用を停止しました。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.