メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:

OP25B(Outbound Port 25 Blocking)とは

OP25B(Outbound Port 25 Blocking)とは、 自ネットワークから外部ネットワークへのTCP 25番ポートの通信を遮断することにより、 spamメールやvirusメールの送信を抑制しようとする技術です。

spamメールやvirusメールは、 しばしば自ネットワーク(ISP)のメールサーバを用いず、 送信先メールサーバのTCP 25番ポートへ直接接続して配送されます。 こういった状況から、 外部のメールサーバへの通信をできなくすることでspamメールやvirusメールの送信が抑止されることを期待するものです。

しかし、 外部メールサーバのTCP 25番ポートへ直接接続する通信は、 メールの内容にかかわらずOP25Bにより全て遮断されるため、 同様の通信を用いた正規のメール送信も不可能になります。

そのため、 ISPのメールサーバを利用してメールを送信する一般的なユーザーは特に影響を受けませんが、 複数のISPを利用しているユーザーなどが、 インターネット接続に利用しているISP以外の外部のメールサーバに対してTCP 25番ポートでメールを送信しようとした場合、OP25Bによりメールの配信ができなくなります。

また、 自分でメールサーバを構築し運用しているユーザーや、メール送信機能がある一部の家電製品など、 ISPのメールサーバを利用しないで直接メール送信を行う製品を利用しているユーザーなども、 上記と同様にそのままではメールの送信ができなくなります。

このように影響を受けるユーザーは、 SubmissionポートやISPの用意する転送用のメールサーバを利用するなど、 何らかの代替手段を利用する必要があります。

JPNIC News & Views vol.426(2007年1月16日発行)より

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。