メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ICANN認定レジストラとは

ICANN認定レジストラとは、ドメイン名の登録業務を行うレジストラ(登録事業者)のうち、 gTLD (Generic Top Level Domain、分野別トップレベルドメイン)の登録を取り扱うレジストラのことを指します。 ICANN認定レジストラは2021年4月時点で約2,400社*1あり、そのうち19社が日本国内のレジストラです。

.comや.ukといったトップレベルドメイン(TLD)には、TLDそれぞれに一つだけレジストリ(登録管理組織)が存在し、 レジストリの下にはユーザーからの登録など各種申請を受け付けて処理をするレジストラが、複数存在します。 ただ、ccTLD (Country Code Top Level Domain、国コードトップレベルドメイン)の中にはレジストラ経由だけではなく、 TLDを管理するレジストリへユーザーが直接登録申請を行えるところもあるのに対して、 gTLDではレジストリへの直接申請は行えません。 これは、gTLDではサービス面や価格面に対する競争環境の導入を目的として、 TLDの登録ドメイン名を一元的に維持管理するレジストリと、 ユーザーからの各種申請を受け付けるレジストラの役割を厳密に分離する、 「レジストリ・レジストラモデル」という仕組みが導入されているためです。

この「レジストリ・レジストラモデル」に基づいて、gTLDを取り扱うレジストラはレジストリだけではなく、 ICANNが定める各種基準を満たした上で認定を受け*2、ICANNとも契約*3を結ぶ必要があります。 この認定においては、技術やセキュリティといった基準のほかに、 十分な運営資金や万が一の際の賠償能力があることなどが求められます。

なお、gTLDの登録にあたっては、ICANN認定レジストラへの登録申請以外に、 レジストラ配下のリセラ経由でも申請が可能です。 その場合、ユーザーの登録情報はリセラが取り次いでレジストラに登録されることになります。

*1 ICANN認定レジストラ一覧
  https://www.icann.org/en/accredited-registrars

*2 レジストラ認定
  https://www.icann.org/resources/pages/accreditation-2012-02-25-ja

*3 レジストラ認定契約(日本語版)
  https://www.icann.org/resources/pages/approved-with-specs-2013-09-17-ja

JPNIC News & Views vol.1839 (2021年4月15日発行)より

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.