メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:

エニーキャストアドレス(Anycast Address)とは

IPアドレスは、一般的に特定のインタフェースへ一意に割り当てて利用します。 この利用形態のIPアドレスをユニキャストアドレスと呼んでいます。

それに対して、エニーキャストアドレスは、 複数のインタフェースに割り当てられたIPアドレスです。

エニーキャストを用いると、送信元から送信されたパケットは、 エニーキャストアドレスが割り当てられたインタフェース群の中でネットワーク的な距離が最も近いインタフェースに配信されます。 そのためインターネット上のサービスを提供するサーバの分散配置が可能となり、 対障害性などを強化することができます。

エニーキャストの利用形態の一つにDNSサーバの分散配置などが挙げられます。

JPNIC News & Views vol.264(2005年6月15日発行)より

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ