メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

FQDNとは

「FQDN」とは、「Fully Qualified Domain Name」の略で、 日本語では主に「完全に指定された(限定された)ドメイン名」などと訳されますが、 「絶対ドメイン名」と呼ばれることもあります。

ツリー(木)構造を持つDNS (Domain Name System)の階層構造において、 ある特定のノードに付けられたドメイン名を表記する際、 そのノードからDNSのルートまでのすべてのラベルを並べて書いたものがFQDNです。

具体的な例を挙げると、JPNICのWebサーバのFQDNは「www.nic.ad.jp.」となります。 一番左から、「www (第4レベルドメイン)」.「nic (第3レベルドメイン)」.「ad (第2レベルドメイン)」.「jp (トップレベルドメイン)」.「ルート」と、 順にすべてのラベルを表記しています。

ドメイン名の表記においては、一般的にルートは「.」で表されるため、 狭義の意味でのFQDNを表記する際には、末尾の「.」まで含めて表記することが必要です。 ただし、RFCなどで厳密にFQDNの定義が決まっていないことから、「www.nic.ad.jp」のように、 トップレベルドメインまで表記されていれば、広義のFQDNとして扱われる例も増えてきていますので、 こうした表記が必ずしも誤りというわけではありません。

一方、上記の例における表記の中から、 「www」や「www.nic」などといったドメイン名を抜き出して表記した場合については、 それらの表記は「相対ドメイン名」や「不完全なドメイン名」などと呼ばれます。

日常的に、多くのユーザーがインターネットを利用する際には、 サーバ側やクライアント側がドメイン名を補ってFQDNを用いて通信するため、 ユーザー自身が特段FQDNを意識する必要はありません。ただし、DNSのドメイン名空間において、 あるノードを一意に特定する必要がある場合には、FQDNが利用されます。 例えば、DNSのゾーンファイルなどを記述する際には、FQDNを用いて設定する場合があります。

JPNIC News & Views vol.1202(2014年6月16日発行)より

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.