メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

グローバルポリシー(global policy)、地域ポリシー(regional policy)とは

アドレスポリシーのうち、IPアドレスやAS番号における管理構造の最上位であるIANAにおいて、 RIRへの割り振りなど具体的な行為を求めるポリシーをグローバルポリシー(global policy)と呼びます。 グローバルポリシーは、IANAの業務に関するポリシーとなるため、 各RIRでの地域ポリシーに基づいた策定プロセスに加え、 ICANN理事会での承認が必要となります。2007年7月現在既に定められているグローバルポリシーの例として、 IANAからRIRへのIPv4アドレス割り振りポリシーがあります。

一方、地域インターネットレジストリ(RIR)が管理する階層以下のIPアドレス、 AS番号の管理ルールを定めるアドレスポリシーは、地域ポリシー(regional policy)と呼ばれます。 地域ポリシーは、その策定プロセスが各RIRによって定められており、 各RIRにおけるコンセンサスを得て成立します。

また、IANAの具体的な行為を必要としない点で地域ポリシーでありつつも、 全世界でほぼ共通の内容となることが求められるポリシーを特に「global coordinated policy」と呼ぶことがあります。 全RIRでのコンセンサスが必要となることはグローバルポリシーと同一ですが、 ICANN理事会の承認は必要としません。

IPv6アドレスポリシー中の、追加割り振り要件に用いるHD-ratioの値を、 0.8から0.94に変更する提案が2005年以降各RIRへ提案されコンセンサスを得ていますが、 この提案はglobal coordinated policyとして提案されたものです。

JPNIC News & Views vol.488(2007年10月15日発行)より

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.