メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
プリント用ページ

Happy Eyeballsとは

Happy Eyeballsとは、 IPv6とIPv4の共存期において、 IPv6とIPv4の双方が利用可能なデュアルスタック環境において発生するフォールバック問題(*)を緩和するために、 IPv4とIPv6のうち通信状態の良い方を優先する仕組みです。

Happy Eyeballsでは、 通信開始当初からIPv6とIPv4の両方のプロトコルを用いて通信先と接続を行い、 先に接続に成功した方のプロトコルから得られた結果をユーザーへ出力します。

通信が失敗した後に、 別のプロトコルを用いてあらためて通信を開始する場合と比較して、 切り替えに必要な時間を短縮することが可能になると想定されています。

Happy EyeballsはRFC6555で標準化されており、 クライアントがサーバへ接続する際のDNS名前解決や接続方法が個別に規定されています。

(*) JPNIC 1分用語解説 「IPv6/IPv4フォールバックとは」
   http://www.nic.ad.jp/ja/basics/terms/ipv6-ipv4-fallback.html

■参考

RFC6555 "Happy Eyeballs: Success with Dual-Stack Hosts"
http://www.ietf.org/rfc/rfc6555.txt

JPNIC News & Views vol.980(2012年6月18日発行)より

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.