メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

IETFとは

 IETFは、インターネット技術の標準化を推進する任意団体です。 コンピュータシステムを相互接続するため、 共通の技術仕様策定を議論するグループから発展したものです。 IETFへの参加は企業等の代表としてではなく、 個人として参加することになっています。 参加者は自由にIETFの会合やメーリングリストでの議論に参加することができます。 IETFにおける技術標準化の議論はワーキンググループ(WG)を単位にして推進されます。

 IETFにおける技術仕様は、 RFC(Request For Comments)という名前で文書化、 保存され、 広くインターネットを通じて参照することができるようになっています。 RFCとして標準化されるまでのプロセスは、下記のとおりです。

・Internet-Draftを投稿
  ↓
・6ヶ月間IETFのFTPサーバ、WEBサーバに置かれる
  ↓
・個人、WGがインターネットに有用と判断すると、RFCにするようIESG (Internet Engineering Steering Group:標準化に関する責任を負うグループ)に申請
  ↓
・申請が承認されると、ドキュメントにはRFC番号が割り当てられ、 公式にIETFのftpおよびwebサーバを通じて恒常的に参照可能なドキュメントとなる

 IETFにおける技術仕様の策定は、 ラフコンセンサス(Rough Consensus)、 ランニングコード(Running Code)という点が特徴として挙げられます。 標準は変わらないという前提の元、 最初から詳細な技術仕様を決定し、 この仕様通りに実装していくのが、 従来型のプロセスでした。 これに対してIETFでは、 まずラフな仕様を作成し、 それから相互接続実験や実運用を通じて、工夫、 改善を加えながら詳細な仕様を実装していくという、 非常に柔軟な仕様策定プロセスとなっています。

参考:「IETFって何?」江崎 浩 (Hiroshi Esaki)
 http://rfc-jp.nic.ad.jp/what_is_ietf/ietf_abstract.html

JPNIC News & Views vol.007(2001年12月26日発行)より

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ