メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

IGTFとは

IAjapan、JAIPA、JPNIC、JPRSの4団体が会員となって2004年8月20日に設立した団体「インターネットガバナンスタスクフォース」(Internet Governance Task Force)の略号。2003年10月にジュネーブで開催された世界情報社会サミット(WSIS)でのインターネットガバナンスのあり方についての議論の高まりを受けて、国連事務総長の下に設置されたWGIG(Working Group on Internet Governance)の活動に、日本からも積極的に意見を出していくことを活動目的にしています。

IGTFでは、国際的な情報収集と調査を行い、日本国内関係者との議論を通じて、WGIGへの積極的な提案活動を行っています。

□IGTFホームページ
http://igtf.jp/

□IGTFからの意見書について
[JPNIC Webページ]
http://www.nic.ad.jp/ja/topics/2004/20040913-01.html
[IGTF Webページ]
http://igtf.jp/cat_archive.html

JPNIC News & Views vol.238(2005年2月15日発行)より

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ