メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:

IPv6/IPv4トランスレータとは

IPv6/IPv4トランスレータ(以下、トランスレータ)とは、 IPv4ネットワークとIPv6ネットワーク間の通信において利用される仕組みです。

IPv6とIPv4では、プロトコルスタックの仕様が異なっているため直接通信ができませんが、 プロトコルそのものを変換することを目的としたトランスレータを経由させることにより、 IPv6ノードとIPv4ノードとの間の双方向通信を実現することが可能となります。

既に実装されているトランスレータの例としては、

  • Proxy方式
    - アプリケーションレベルでの変換を行う方式
  • NAT-PT方式
    - DNSと連携し、アドレスやポート番号を変換する方式
  • TRT方式
    - トランスポート層(TCPもしくはUDP)でセッションを奪って通信を行う方式

があります。

JPNIC News & Views vol.482(2007年9月18日発行)より

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。