メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

ISO 3166-1とは

ISO 3166-1とは、 国際標準化機構(ISO: International Organization for Standardization)が策定する国際標準規格の一つで、国や地域、 都道府県や州などを表すカントリーコード(地域コード)を定めた規格であり、 3部から構成されるISO 3166の第1部です。

ISO 3166は、3166-1から3166-3までの3部に分かれており、

  • 「-1」では、国名やそれに準じる地域名など
  • 「-2」では、都道府県名や州名など
  • 「-3」では、以前使われていた旧国名や旧地域名など

として、それぞれ対応するコードを定めています。

このうち、ISO 3166-1では2文字のアルファベットを使用した「Alpha-2」、 3文字のアルファベットを使用した「Alpha-3」、 3文字の数字を使用した「Numeric-3」がさらに定義されています。 例を挙げると、日本を表すコードとして、 それぞれ「JP」「JPN」「392」が割り当てられています。

インターネットとの関係においては、ISO 3166-1は、 国コードトップレベルドメイン(ccTLD: countrycode TLD)において、 国または地域を表すドメイン名のラベルとして利用されるカントリーコードとしても良く知られています。

その中で2文字の「Alpha-2」が、各ccTLDの国コードとして利用されています。 つまり、日本においては「JP」が、 日本に割り当てられたccTLDのラベルとして利用されています。

ただし、全てのccTLDのラベルがISO 3166-1で定められたコードに準拠しているというわけではなく、 慣例から「UK」を使うイギリス(「Alpha-2」では「GB」)のような、 例外も存在しています。

ISO 3166-1 code lists
http://www.iso.org/iso/country_codes/iso_3166_code_lists.htm

JPNIC News & Views vol.703(2009年12月15日発行)より

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ