メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

MANRSとは

MANRSとは、"Mutually Agreed Norms for Routing Security"の略で、 ISOC (Internet Society)が世界的に普及をめざす、 BGPルーティングのセキュリティ確保を目的とした活動です。 "マナーズ"と発音します。

日本語で直訳すると、 "ルーティングセキュリティに関する行動規範"という硬い言葉になりますが、 内容としてはルーティング運用者が守るべきマナーといった性質の取り組みとなっています。

MANRSの対象者は、ネットワーク運用者とIXPsに大別されていて、 それぞれに守って欲しいとされる事項が決められています。

ネットワーク運用者の守るべき行動としては、

  1. 不正な経路を出さないFiltering
  2. 送信元IPアドレスを偽装したパケットを出さないAnti Spoofing
  3. グローバルなコミュニティとの円滑なやり取りを行うためのWHOISやIRR(Internet Routing Registry)などのデータベースへの登録更新
  4. IRRやRPKI(リソースPKI)への登録によるValidationへの協力

の四つとなっています。 なお、1~3は期待される行動で、4は先進的なものとされています。

上記の四つは、どれかの行動がなされていればMANRSへ参加することができ、 四つすべてを満たす必要はありません。 MANRSへはWebサイトから参加することができ、 組織ごとに1~4の行動を取り入れているかと合わせて、 MANRSのWebサイトにて公開されます。

IXPsのMANRSについては、ネットワーク運用者の遵守事項と比べると、 導入すべきことがより厳格に決められています。 そのため、IXPsのMANRSについて詳しく知りたい方は、 MANRSのWebサイトを別途ご参照ください。

■参考

MANRS Webサイト
https://www.manrs.org/

ルーティングセキュリティに向けた合意規範
https://www.nic.ad.jp/ja/translation/isoc/20140924.html

ネットワーク運用者の皆様!MANRSをご存知ですか。
https://blog.nic.ad.jp/blog/manrs/

MANRSへの参加表明
https://blog.nic.ad.jp/blog/manrs_submit/

JPNIC News & Views vol.1690(2019年6月17日発行)より

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.