メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
プリント用ページ

Unicodeとは

 コンピュータは本質的には数字しか扱うことができないため、 文字や記号を扱う時にはそれぞれを番号で表現して扱えるようにしています。 この番号の割り当て方法を文字コードと呼んでいますが、 UnicodeはApple社、IBM社、Microsoft社、 Xerox社など米国の情報関連企業が中心となって提唱し、 1993年に国際標準化機構(ISO)でISO/IEC 10646の一部として標準化された文字コードです。 当初の目的は、世界中で使われる文字を16ビットの数値に割り当て、 固定長でモード切り替えをなくし、 プログラムでの処理を簡単にするというものでした。 しかし実際にはとても足りずサロゲートペアという方法を導入して拡張したため、 16ビット固定長ではなくなっています。

JPNIC News & Views vol.009(2002年2月15日発行)より

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.