メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

SaaS/PaaS/IaaSとは

「Software/Infrastructure/Platform as a Service」とは、 従来は物理的に提供していたソフトウェアやシステム環境を、 クラウドなどの仮想的な仕組みで提供するサービスの総称です。

現在提供されているクラウドサービスは、 おおむねこの3種類に分類することができると言われています。 具体的には、SaaS、IaaS、PaaSには、それぞれ以下のようなサービスが該当します。

  • SaaS (Software as a Service)
    電子メールやファイルサーバ等、ソフトウェア環境をクラウド経由で提供するサービスを指します
  • IaaS (Infrastructure as a Service)
    通常、ネットワーク接続や仮想スイッチなど基盤システムを含む、サーバ環境を提供するサービスを指します
  • PaaS (Platform as a Service)
    SaaSとIaaSの中間的なクラウドサービスで、Webアプリケーションサーバの環境やデータベースなど、 主にミドルウェアやライブラリの環境を提供するサービスを指します

このようなクラウドサービスを活用することで、 ユーザーは、自身の環境にシステムを用意する必要がなく、 サービスを活用したいときに速やかに開始したり、 いつでも中止したりすることが可能になるなど、多くのメリットがあります。

なお、ユーザー自身の環境にシステムを設置・運用する手法は、 オンプレミス(on-premises、「自組織が運用するシステムで」の意味)、 オンプレミスな運用などと言われます。

JPNIC News & Views vol.1355(2015年11月16日発行)より

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。