メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

JNICからJPNICへ 10年の歩み  2002年3月作成

前へ目次次へ] [20年の歩み

商用ネットワークの登場

誰もがインターネットに参加できる時代がやってきた

[icon]

学術研究ネットワークの商用規定も緩和され、 商用プロバイダが次々と設立。 一般ユーザへの普及が始まりました。 増大する業務を支えるために新たな組織化が検討され、 '93年、JNICはJPNICへと改組しました。

図:'93年当時のインターネット

◆APNICことはじめ

現在は大きくなったAPNIC。 発端はAPCCIRN(現APNG)のパイロットプロジェクト。 '93年1月にAPNICを提案したのは村井・平原両氏で、 所属はWIDE/JNICと記録されています。 '93年からAPNICが本格的に活動するまでの間、 JPNICにAPNIC WGが設けられていました。 つまりAPNICはJPNICの「内部」に存在していたのです。

1992
インターネットとパソコン通信メールで相互接続/SPIN, IIJ設立/OSPF運用開始/ISOC設立/世界銀行接続/学術情報ネットワーク運用開始/INET92(神戸)
6月 JNIC、アドレス調整委員会からIPアドレスの割り当てと管理を引き継ぐ
1993
Mosaic開発/ホワイトハウス・国連が接続/InterNIC開始
4月9日 任意団体JPNIC発足
9月1日 APNIC パイロットプロジェクト開始
11月5日 JPNIC会員ネットワークによるIPアドレスの割り当てに関するパイロットプロジェクト開始決定
12月1日 地域型ドメイン名実験プロジェクト開始
12月16日 JPNICがブロック割り当てをおこなっているIPアドレスの逆引きネームサーバをInterNICから委譲される
1994
Netscape開発/NSPIXP-1設立/NETWORLD + INTEROP JAPAN/INTERNET Magazine創刊/首相官邸接続/米国ピザ会社、オンラインでの受注開始/プロバイダ開業相次ぐ/JUNET解散パーティ
4月15日 JPNIC News Letter創刊
5月31日 Webによる情報提供を開始

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.