メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

JNICからJPNICへ 10年の歩み  2002年3月作成

前へ目次次へ] [20年の歩み

インターネットの普及

社会的な関心を集めつつ急速な普及が始まる

[icon]

この頃から、 インターネットは情報通信基盤として社会的に注目されるようになりました。 急速な発展に対応し、IPアドレス割り当ての委任や、 CIDR割り当ての推進などの措置を講じました。 また、業務の増加に伴い、 東大の「間借り」からお茶の水の新事務所へ移転しました。

図:IPアドレス、ドメイン名の数

◆国会は「政府」?

'96年に衆議院と参議院がドメイン名を登録しました。 GO.JPで登録すべきと思いながら、 改めて規定をみると「GOドメイン名は『政府』」とある。 厳密には「政府」ではないのですが、 かといってGOドメイン名以外に適当なものがない。 そのため、例外としてGOドメインで登録しました。

1995
NSFNETバックボーンの運用終了/RealAudio/JAVA/ダイアルアップPPPサービス/「インターネット」流行語/坂本龍一コンサートライブ中継/阪神淡路大震災で安否確認に利用される/Yahoo! 開始/100校プロジェクト/IPv6のRFC発行
6月1日 IPアドレス・JPドメイン名申請手数料制実施
7月1日 IPアドレス割当て業務のプロバイダへの委任を正式に開始
9月1日 Class Cより小さなIPアドレス割り当て(サブアロケーション)に関するパイロットプロジェクト開始
12月15日 神田駿河台(萬水ビル)へ事務局移転「115平方メートルの広さに職員10人分の席と定員 10人の会議室、それにほんの小さな喫煙室」
1996
NSPIXP-2設立/OCNサービス開始/IPv6テストベッド開始/アトランタオリンピック-五輪初の公式WEBサイト開設/インターネット・ワールドエクスポジション(IWE'96)/Yahoo!Japan 開始/衆議院、参議院がインターネットに接続/RFC2050(IPアドレス割り振りガイドライン)発行
4月1日 地域型ドメイン名本格運用
7月31日 JPドメイン名の登録数1万件突破
11月6日 NEドメイン名新設
12月10日 ドメイン名第3レベル一意性ルールの解除
12月10日 数字で始まるドメイン名の割り当て開始

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.