メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ICANN上海会議:理事会

日時:2002年10月31日(木)8:40~15:15
会場:Shanghai International Convention Center(中国・上海)
司会:Vint Cerf(ICANN理事長)
出席者:理事17名(+電話参加1名)+聴衆約70名
内容:1. 新付属定款(Bylaws)案について
   2. 国際化ドメイン名(IDN)委員会について
   3. Exective Search Committeeについて
   4. VeriSignからの再検討要請について
   5. LACNICの最終承認
   6. プライバシーに関するワーキンググループの設置について
   7. 各種謝辞
   8. Governance Committeeの設置について
-------------------------------------------------------------------------------
<概要報告>

- 新付属定款(Bylaws)については、前日のPublic Forumで発表されたGACからの提案
 その他を反映させた新バージョンを紹介。多項目にわたる修正の議論の後、採用が
 可決された。ただし、移行条項を含む未決定事項が多いため、最終的決定は12月の
 年次総会にて行われる予定

-------------------------------------------------------------------------------

<詳細記録>

■1. 新付属定款(Bylaws)案について

●1.1 ICANNスタッフからの修正提案

○新付属定款案10/23版からの変更箇所紹介(by Louis Touton)

(10/23版
  http://www.icann.org/committees/evol-reform/proposed-bylaws-23oct02.htm )

 全体にわたる文言の追加削除等の提案

○議論
- 定款案には穴が多すぎる(「検討中」「後日追加」といった箇所など)。この状態
  での採用には反対(Robert Blokzijl)
- GACからの提案:第11条第2項JおよびK(理事会がGAC勧告を拒否した場合は説明責任
 を負う旨の規定)について。解釈によっては将来ICANNを拘束する結果になる恐れが
 ある。拒否する理由を常にきちんと説明することは難しい(加藤)
- 昨日のGAC提案に基づく修正は、提案内容そのままを採用すればよい。今はccTLDお
 よびRIRとの関係に焦点を当てて検討すべき(Helmut)
- 明確な構造が必要な部分の検討が重要。詳細の修正は今後適宜行えばよい(Lynn)

○各修正提案についての採決
(#今回の採用は暫定的なものであり、最終決定は12月の年次総会にて行うと言及)

 1. 第1条第2項「核となる価値」の2に関する修正
  →承認

 2. 第3条第2項「透明性」に関する修正
   棄権2、他賛成 →承認

 3.第4条第2項「(ICANNによる措置の)再検討」に関する修正(16.の中盤の削除)
   賛成7 反対8 棄権3 →否決

 4. 第11条「諮問委員会」第2項「特定の諮問委員会」の4「ALAC」cに関するマイナー
   修正
  →今回は採決なし(?)

 5. 第10条第4項「GNSO」スタッフによる支援および資金確保
  →今回は採決なし

 6. 第11条「諮問委員会」ALAC
  →今後に検討持ち越し

 7. 第13条「幹部(Officers)」に第9項として「利害相反」の条項を追加

 「The Board through a committee designated for that purpose, shall establish
   a policy requiring a publicly available statement from each Officer not
   less frequently than once a year setting forth all business and other
   affiliations which relate in any way to the business and other affiliations
   of ICANN.」

   棄権1、その他賛成 →承認


●1.2 理事会メンバからの修正提案&議論

- Sang-Hyon Kyongからの提案:
 ICANN理事会がGACからの勧告に拘束されることを心配。第11条「諮問委員会」第2項
 「特定の諮問委員会」の1「GAC」aに関する修正("Public policy" の文言について)
 を提案

 →この場で採決はせず、ERCでの検討に委ねることに決定

- Karl Auerbachからの提案:
 「ICANN CEOが理事会での議決権を持つ」とする点を議決権なしのメンバーとし、
 また理事会内の委員会に参加しないこととする

 →今後の検討に持ち越し

- Robert Blokzijlからの提案:
 ASOは支持組織の一つとしてしか扱われていない。Address Councilについては現在
 RIRと協議中なので、現時点ではAddress Councilに関する条項をすべて削除すべき

 賛成5 反対10  棄権1 →却下

- Karl Auerbachからの提案:
 第4条「アカウンタビリティおよび再検討」第3項「理事会による措置の独立審査」
 の12について。「独立審査パネル(IRP)の費用は訴えを退けられた当事者が負担
 する」とあるが、これはICANNが負担すべき

 →今後の検討に持ち越し

- Lyman Chapinからの提案:
 第2項「Address Council」について。
 ICANNとASOとの関係についての規定は、現行付属定款の規定をそのまま適用すべき

 賛成13 反対2 棄権3 →承認

- Stuart Lynnからの提案:
 第6条「理事会」第5項「国際的な代表」について

 →12月の検討に持ち越し


●1.3 新付属定款案採用についての採決

  賛成15 反対3(Karl,Rov,Andy) 棄権0 →承認

-------------------------------------------------------------------------------
■2.国際化ドメイン名(IDN)委員会について

- 委員会を2002年年次総会終了時まで継続する
- 事務総長およびIDN委員会チェアに対し、IDN実装を検討するための新委員会の
 チャーターとメンバーを決定するよう要請する

 →全会一致で承認

-------------------------------------------------------------------------------
■3. Exective Search Committee(次期ICANN CEOの人材探しのための委員会)について
 (#現CEOのStuart Lynnが来年3月をもって辞任するため)

- Committeeへメンバを2名追加
- 次期CEOの採用と引継ぎの総費用として250,000ドルまでの支出を認める
- その他

  →全会一致で承認

-------------------------------------------------------------------------------
■4. VeriSignからの再検討要請について

  #Wait Listing Service(ドメイン名の抹消待ちサービス)に関する理事会決定
 の再検討要請
 http://www.icann.org/correspondence/sbarbaro-letter-to-sims-16oct02.htm

- VeriSignからの2002年10月16日書簡を再検討プロセスに適用する

 →全会一致で承認

-------------------------------------------------------------------------------
■5. LACNICの最終承認

 →全会一致で承認

-------------------------------------------------------------------------------
■6. プライバシーに関するワーキンググループの設置

- 理事長に対し、プライバシーに関する諮問委員会の役割を検討するための理事会内
 WG結成を要請する

 棄権1 その他全員賛成 →承認

-------------------------------------------------------------------------------
■7. 各種謝辞

- GACチェアを辞任するPaul Twomeyへの謝辞
- ICANNを辞任するHervert Vitzthumへの謝辞
- 上海会議開催の貢献者への謝辞

-------------------------------------------------------------------------------
■8. Governance Committeeの設置について

 以下の役割を負う委員会の設置を提案:
 - 理事会内の各種委員会の見直し
 - 新規理事へのオリエンテーション
 - 利害相反の監視
  など

 →全会一致で承認

-------------------------------------------------------------------------------
      

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2022 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.