メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
-------------------------------------------------------------------------------
ICANNモントリオール会議: ccTLD管理者による会合 1日目

日時:2003年6月22日(日)9:10~18:00
会場:Le Centre Sheraton Montreal Hotel(カナダ・モントリオール)
司会:Peter Dengate Thrush(NZ)
出席者:約70名(各国ccTLD管理者他)
内容:1. ICANNによるccNSO案についての議論
   2. ICANNの発展と改革に関する委員会(ERC)メンバーとのセッション
-------------------------------------------------------------------------------
<概要報告>

- 6月13日にICANNより発表されたccNSO(ccTLD管理者による支持組織)に関する提案
 についての議論が行われた。

- ICANN案では、ccNSOのポリシー策定の役割において、その対象となる範囲を詳細に
 規定しておらず、範囲はccTLD自身がポリシー策定プロセス(PDP)に則って規定
 すべきであるとしている。これに対し、規定が明確になっていない状態でccNSOに
 参加することへの抵抗が複数のメンバー間に見受けられた。

- ccNSO組織化の動きを進行させたいERC/ICANNとしては、ccNSOへの参加は永久的な
 ものではなく、途中で離脱することが可能であるため、参加に際して慎重になり
 過ぎる必要はないという見解を示している。

-------------------------------------------------------------------------------
<詳細記録>

■1. ICANNによるccNSO案についての議論
  http://www.icann.org/montreal/ccnso-organization-topic.htm

●1.1 Peter Dengate Thrush(NZ)による説明

- 過去の議論の経緯の説明
- ICANNによるccNSO案の説明
- ccTLD管理者がccNSOへ参加するに当たって阻害となる要因はなにか:
 + 評議会(Council)に指名委員会選出メンバー3名が含まれる点?
 + ccNSOのポリシー策定の役割の範囲が規定されていない点?
 + 地理的地域の規定について?
 + 委任・再委任の問題で紛争中のccTLD管理者の役割?
 + その他


●1.2 議論

- ccNSOのポリシー策定の役割の範囲が規定されていないことは問題。ccTLD管理者が
 遵守するポリシー(ccTLD管理者に影響するポリシー)は、ccNSOの範囲内のものと
 し、ポリシー策定プロセス(PDP)に基づくものであるべき(Hilde Thunem, NO)

- PDPを変更するには理事会の承認が必要であるならば、タイミングが重要。ccNSOの
 枠組みを策定するのは、今回のモントリオール会議で解散する現理事会ではなく、
 新理事会がスタートするまで延期させるべき(2ヶ月ほど)(Paul Kane, AC, CENTR)

○PDPについて
- ICANN案にある地域別の投票には反対。地域毎にメンバーの66%を超える賛成が必要
 となると、一地域のメンバーの34%が反対すればPDP全体が却下されることになる
 (Chris Disspain, AU, ccNSO支援グループメンバー)

○メンバーシップについて

○ポリシー策定の役割の範囲の枠組みについて
 コアとなる機能:
  1.データエントリ機能(DEF)
  2.ネームサーバ機能(NSF)

- 初期においては、多くのccTLD管理者がccNSOに参加しやすいように、範囲は極めて
  狭いものにすべき。範囲についてはBylawsに含めるべきではないのでは(DE)

- 範囲が規定された後も、メンバーはccNSOから離脱する権利を持っているので問題
 ない(Disspain)

- ccTLDからのICANNへの拠出金負担についても、ポリシー策定の対象範囲に含める
 ことを提案(Peter, NZ)
 →IANA機能への拠出とICANN機能への拠出は分けて考えるべき(Kane)

○問題の整理(by Peter)
- ccNSOに参加する前にその範囲を規定すべきか否か?
- ccNSOが成立するための最少参加数は30or40?
 (ccNSO PDPを開始する前に少なくとも40のccTLD管理者がccNSOのメンバーとして
  参加しているべき)
- Kaneの提案(新理事会がスタートするまで枠組みの決定を延期すべき)を採用する
 か?
 →次回のICANN会議まで延期したとしても、いつものように議論で終わるだけで何も
  決まらないのでは(Yann Kwak, モーリシャス)

- ICANNが提案している地理的地域の規定の見直しについても議論すべき(Peter)


  #午前の部終了。14:00~16:00は政府諮問委員会(GAC)のERCとの公開
  #ミーティングがあるため、午後の部は16:30より開始


■2. ICANNの発展と改革に関する委員会(ERC)メンバーとのセッション

 #ERCメンバーのAlejandro PisantyとHans KraaijenbrinkがccTLDメンバーからの
  質問に回答

- ポリシー策定の役割の範囲のマトリックスは、ICANN理事会ではなくccTLD管理者
 自身が、ポリシー策定をすべき問題がなにかを見極めるためのもの。枠組みは
 ツールとして使用すればよい(Hans, ERC)

- 現段階では、なにがグローバルレベルの問題で、なにがローカルレベルの問題か
  を定義する必要はない(Pisanty, ERC)

- ccNSOの範囲をIANA機能のみに限定すべきという我々のリオ会議での議論を覆した
 のはなぜか?(Sabine, DE)
 →IANA機能のみに限定するのは、広義の利益にそぐわないと判断した(Hans)

- 範囲は当初から明確にしておくべき(Hilde, NO)
- 同意見(Stephan, DE)
 →範囲はccNSO自身が決めるべきという考え。ccNSOが責任を持つべき問題
  (Hans)

- ICANN理事会/ERCがccNSO支援グループをccTLD自身で作るよう我々を信頼してくれ
 なかったことは残念。ICANNが我々を信頼してくれれば、我々も協力する。現在の
 条件では、ccNSOに参加しないと言っているccTLD管理者がいる。彼らにどうすれば
 参加するか意見を聞いてみるべき(Kane)
 →ゼネラルルールを決めて、とにかく進めていくことが重要(Hans)

- 範囲は限定されたものにすべきであり、規定されるべき(Sabine)

- 枠組みについて、この場に参加しているccTLD管理者が合意できる部分のみ決定す
  るか、すべての決定を延期するか、2通りの選択肢があると思う
  (Vint Cerf, ICANN理事長)

- IANA機能に関する問題は管理の問題であり、ポリシー問題ではない。ccNSOの活動
  範囲がどれだけ広くなろうとIANA機能は常に含まれることになる。組織化を遅らせ
  ることは有益ではない(Pisanty)

- 今後数日の間さらにccTLDメンバーの意見を聞いてから、ccNSO案へのフレンドリー
 な修正を理事会に提案したい(Hans)


  #終了。この後、有志のみ残り検討項目のドラフトを作成

-------------------------------------------------------------------------------

      

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.