メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

各位

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

ICANNが中国語圏のIDN ccTLDを承認

 2010年6月25日、 ベルギーのブリュッセルで開催されたICANN理事会において、 「.中国」、「.中國」、「.香港」、「.台灣」、「.台湾」 といった中国語圏のIDN ccTLD*1の導入が承認されました。 これら新しいIDN ccTLDの関連組織として承認されたのは、 以下の組織です。

「.中国」、「.中國」 CNNIC (China Internet Network Information Center)
「.香港」 HKIRC (Hong Kong Internet Registration Corporation Limited)
「.台灣」、「.台湾」 TWNIC (Taiwan Network Information Center)

 IDN ccTLDの申請は、 「ファスト・トラックプロセス*2」と呼ばれる暫定的なアプローチに基づき、 2009年11月16日より申請受け付けが開始されていました*3。 希望者は、 それぞれの国または地域からの支持を証明するなどの諸条件を満たした上で、 所定の手続きを踏むことで、 ICANNにIDN ccTLDの登録を申請することができます。

 IDN ccTLDは、すでにアラブ首長国連邦、エジプト、サウジアラビア、 ロシアの4ヶ国で申請が承認されていましたが、 ICANN事務総長であるRod Beckstromがプレスリリース*4でも述べた通り、 世界の人口の1/5は中国語を話すため、申請組織とICANNが、 その約10億人に向けて潜在的なアクセシビリティを向上させたことは注目に値します。

 なお、日本でのIDN ccTLD「.日本」の導入については、 日本インターネットドメイン名協議会が、 2010年6月4日に選定基準および公募要領を公開し、 8月16日までの応募受付を経て、管理運営事業者の選定を行う予定です*5

 詳細は、 ICANNからのプレスリリース*4をご覧ください。


*1 IDN ccTLDとは、ドメイン名の最後の国、 地域を表す文字列(トップレベルドメイン: TLD、 日本の場合「.jp」)を各国の言語で表記できるようにしたものです。
参考:インターネット用語1分解説:IDN TLDとは
http://www.nic.ad.jp/ja/basics/terms/idntld.html
*2 ファスト・トラックプロセス
IDN ccTLDに対する高い需要に応えるために、暫定的なアプローチにより、 技術、運用、ポリシーなどの面で問題が生じない範囲で、 限定した数のIDN ccTLDを、 比較的早期に導入することをめざすプロセスです。 このプロセスによるIDN ccTLD導入は、 あくまで限定的なものであるため、 恒久的なポリシーに基づくIDN ccTLD 導入に対して、 申請できる文字列の文字種や数に制限があります。
http://www.icann.org/ja/announcements/announcement-2-30sep09-ja.htm
*3 ICANNがIDN ccTLDの申請受け付けを開始
https://www.nic.ad.jp/ja/icann/topics/2009/20091118-02.html
*4 ICANN Approves Chinese Internationalized Domain Names
http://www.icann.org/en/news/releases/release-25jun10-en.pdf
*5 日本インターネットドメイン名協議会:IDN ccTLD「.日本」 管理運営事業者の選定基準及び公募要領の公表について
http://jidnc.jp/?p=533

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.