メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

各位

一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

ICANN臨時理事会(2020年12月17日開催)決議概要

1. ルートサーバーシステム諮問委員会(RSSAC)の委員の任命

理事会は、 ルートサーバー諮問委員会(Root Server System Advisory Committee, RSSAC)の委員として、 Fred Baker氏を任命しました。 同氏の任期は2022年12月31日までとなります。

2. セキュリティと安全性に関する諮問委員会(SSAC)の委員の任命

理事会はSSACの勧告を受け入れ、 Tim April氏およびAndrei Kolesnikov氏をSSACのメンバーに再任しました。 また、SSACの勧告を受け入れ、Matthew Thomas氏をSSACメンバーに任命しました。 任期はいずれも2021年1月1日から2023年12月31日までとなります。

3. 鍵署名鍵(KSK)セレモニーに関する緊急代替計画

ICANN理事会は、 鍵署名鍵に関する緊急代替計画は引き続きICANNの利益とグローバルな公共の利益にかなうものであるとの認識の下、 PTIとも相談の上、 事務総長兼CEOまたはその指名する者に2021年における鍵署名鍵の緊急代替計画実施に必要な手段を採るよう、 指示しました。

4. クレジットカードによる支払サービス契約に関する変更

ICANN理事会は、 事務総長兼CEOに[交渉事項に該当するため社名非開示]との間で新たな契約を締結し、 契約に必要な支払いを行う権限を付与しました。 また、この決議のうち特定の項目については、 付属定款第3条第3.5項(b)の定めに従い交渉事項であることを理由として事務総長が開示を決定するまでは公開しないことが承認されました。

5. 戦略展望に関する2020年の動向報告書

理事会は、2021‐2025会計年度に関するICANN戦略計画について、 現時点では計画への変更は必要ないと判断し、現計画の維持を確認しました。

ICANNの5ヶ年計画、財務計画へのアップデート、 または戦略計画実施中の修正によって財政面における現実的な問題が洗い出された場合には、 検討のために戦略計画を変更する必要があるかもしれないと理事会は認識しています。 理事会は、そうした必要が生じた場合には、必要な措置の内容をICANN事務局に指示します。

6. ICANNの組織としてのリスクアペタイト・ステートメント

理事会はICANNの組織としてのリスクアペタイト・ステートメントを承認し、 事務総長兼CEOまたはその指名する者に対して、その概要を公開するよう、指示しました。

7. Affiliasの統治変更体制変更の承認要請

決議は行われませんでした。

8. その他

決議は行われませんでした。

9. 事務総長兼CEOの2021年度上半期の成功報酬

理事会は事務総長兼CEOに対する2021年度上半期分の成功報酬の支払いを承認 しました。

決議事項の詳しい内容は、以下の原文をご覧ください。
Approved Board Resolutions | Special Meeting of the ICANN Board

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.