メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

IPアドレス等料金体系改定Q&A 請求額と請求システム編

このページに掲載されているのは2012年4月1日時点の情報です。

Q. 請求金額を確認したいのですが。
A. Web申請システムよりご確認いただけます。 IDと資源管理者パスワードでログインし、 [契約管理者メニュー]の[請求金額の確認]をご確認ください。
金額の算出方法につきましては、以下のWebページをご覧ください。
Q. 請求時期はいつですか。
A. 毎年1回、4月にその年度分の費用を請求する予定です。
Q. 請求額はどの時点の情報を基に決定されるのですか。
A. 4月1日00:00時点で、 JPNICデータベースに登録されているアドレスやAS番号の数を基に算出します。
Q. 歴史的PIアドレスやAS番号の利用を終了したので、返却したいと思います。 いつまでに返却すれば、課金対象外となりますか。
A. 3月31日23:59までに返却いただければ、次年度の費用は発生いたしません。
たとえば2012年度の場合、 2012年3月31日23:59までに返却されれば(返却手続きが完了すれば)、 課金の対象外となります。

ただし、返却予定のアドレスやAS番号がIRRデータベースに登録されている、 あるいは経路広告されている等の理由で、 返却手続きを一旦保留とさせていただく場合がございます。 アドレスやAS番号が利用されていないことを、 申請前にいま一度ご確認ください。
Q. 年度の途中で歴史的PIアドレスやAS番号を返却した場合、 費用の一部は返却されますか。
A. 恐縮ですが、そのような対応はいたしかねます。
Q. 支払い期限はいつですか。
A. 毎年5月末となります。 何らかのご事情により、お支払い期限までのご入金が難しい場合は、 IPアドレス担当までご相談ください。
Q. 請求書の送付先はどこになりますか。
A. 請求書は、 契約者情報の[経理担当者情報]に登録されている情報を基に送付いたします。

[経理担当者情報]の登録内容は、 Web申請システムにログインし、 [契約管理者メニュー]の[契約管理者情報]をご確認ください。
Q. 請求書の送付先を変更したいのですが。
A. Web申請システムより[契約管理者情報変更申請]を申請し、 経理担当者情報を更新してください。
Q. 料金を支払わなかった場合、どうなりますか。
A. IPアドレス管理指定事業者(プロバイダなど)の場合、 最終的にはその組織に割り振られたIPアドレスの情報を JPNICデータベースから削除いたします。 歴史的PIアドレス、およびAS番号割り当て先組織に対しても、 同様の対応を取る予定です。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.