メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:

費用について

JPNICから番号資源の分配を受ける場合には、 以下の費用が必要となります。 費用の詳細や請求方法については、 それぞれの費用を選択してご覧ください。

IPアドレス管理指定事業者契約に関連する費用

種別 費用の説明 請求時期/お支払期限
請求書送付先
金額(税込)
契約料 IPアドレス管理指定事業者契約締結時に必要な費用 審査終了後/請求日から1ヵ月後
お申し込みの際にご記入された住所宛
270,000円
IPアドレス維持料 JPNICから割り振りを受けているIPアドレスの総量に応じて負担する年間の費用 毎年4月/毎年5月末日
経理担当者として登録されている住所宛
IPアドレスの総量により異なります
詳細は料金表をご覧ください
※契約料は、JPNICから新規に番号資源の分配を受ける場合に必要です。 既にJPNIC管理下でIPアドレスの割り振り/割り当て、 あるいはAS番号の割り当てを受けている場合には、契約料は発生しません。
※JPNIC正会員であるIPアドレス管理指定事業者には維持料の減額措置を適用します。

AS番号に関連する費用

種別 費用の説明 請求時期/お支払期限
請求書送付先
金額(税込)
契約料 AS番号割り当て時(JPNICとの契約締結時)に必要な費用 審査終了後/請求日から1ヵ月後
お申し込みの際にご記入された住所宛
270,000円
AS番号維持料 JPNICから割り当てを受けているAS番号に関する年間の費用 毎年4月/毎年5月末日
経理担当者として登録されている住所宛
AS番号の割り当てを受けている1契約組織につき54,000円
※契約料は、JPNICから新規に番号資源の分配を受ける場合に必要です。 既にJPNIC管理下でIPアドレスの割り振り/割り当て、 あるいはAS番号の割り当てを受けている場合には、 契約料は発生しません。
※JPNICからIPアドレスの割り振り/割り当てを受けている場合、 AS番号維持料はIPアドレス維持料に含まれると考えますので、 AS番号維持料は発生しません。
※JPNIC正会員であるAS番号割り当て先組織には維持料の減額措置を適用します。
※AS番号の割り当てを受けることのできる条件などの詳細は、 AS番号の申請についてをご覧ください。

特殊用途用プロバイダ非依存アドレスに関連する費用


費用の内容 請求時期/お支払期限
請求書送付先
金額(税込)
契約料 JPNICとの契約(特殊用途用プロバイダ非依存アドレス割り当てサービス契約)締結時に必要な費用 審査終了後/請求日から1ヵ月後
お申し込みの際にご記入された住所宛
270,000円
IPアドレス維持料 JPNICから割り当てを受けているIPアドレスの総量に応じて負担する年間の費用 毎年4月/毎年5月末日
経理担当者として登録されている住所宛
IPアドレスの総量により異なります。詳細は料金表をご覧ください。
※契約料は、JPNICから新規に番号資源の分配を受ける場合に必要です。 既にJPNIC管理下でIPアドレスの割り振り/割り当て、 あるいはAS番号の割り当てを受けている場合には、 契約料は発生しません。
※JPNIC正会員である特殊用途用プロバイダ非依存アドレス割り当て先組織には維持料の減額措置を適用します。

歴史的経緯をもつプロバイダ非依存アドレスに関連する費用

種別 費用の説明 請求時期/お支払期限
請求書送付先
金額(税込)
IPアドレス維持料 JPNICから割り当てを受けているIPアドレスの総量に応じて負担する年間の費用 毎年4月/毎年5月末日
経理担当者として登録されている住所宛
IPアドレスの総量により異なります。 詳細は料金表をご覧ください。
※JPNIC正会員である歴史的経緯をもつプロバイダ非依存アドレス割り当て先組織には維持料の減額措置を適用します。

複数種類の番号資源の分配を受けている場合

  • IPv4およびIPv6両方のアドレスの割り振り/割り当てを受けている場合、該当するIPアドレス維持料をそれぞれ算出し、金額の高い方をその年のIPアドレス維持料とします。
  • 異なる種別のアドレスを保有している(歴史的PIアドレスとPAアドレスの両方を持っているなど)場合種別に限らず、IPv4アドレスであればすべて合算し、維持料を算出します。

支払い手続き

請求サイクル 毎年4月1日00:00時点で JPNICから割り振り/割り当てを受けているIPアドレスの総量、 およびAS番号の割り当て状況をもとに、 毎年4月1日から翌年3月31日までの料金として、請求します。
請求書 毎年4月初旬、当センター所定の形式にて発行し、郵送します。 振込用紙の指定はありません。
請求書送付先 Web申請システムに登録されている経理担当者宛に郵送します。 送付先を変更したい場合は、以下のWebページをご確認の上、 Web申請システム (https://iphostmaster.nic.ad.jp/jpnic/dispmemberlogin.do) より経理担当者情報を更新してください。

契約者情報・資源管理情報の変更について
 https://www.nic.ad.jp/ja/ip/application-procedure/about-change-data.html
請求明細 割り振り/割り当てIPアドレスの総量とIPアドレス維持料の明細は、 Web申請システム (https://iphostmaster.nic.ad.jp/jpnic/dispmemberlogin.do) で確認することが可能です。

領収書、見積書の発行および請求書の再発行について

領収書は銀行等の振り込み控えをご利用いただいておりますが、 必要であれば、ご入金確認後に領収書を発行いたします。 また、請求書の再発行、見積書の発行も承ります。

領収書、見積書の発行を希望される方は、 以下の見積書・領収書発行依頼フォームの必要事項を記述し、 電子メールにてお問い合わせ窓口までご連絡ください。 指定用紙での発行も承ります。

請求書の再発行を希望される方は、 管理資源(具体的なIPアドレス・AS番号)および該当の請求書番号(お分かりになる場合)を記述し、 電子メールにてお問合せ窓口までご連絡ください。

======================================================================

見積書・領収書発行依頼フォーム

管理組織名    : 
依頼者氏名    : 

1. 対象となる費用(*1)
     □ 維持料(※対象の管理資源をご記入ください(*2))
     □ 契約料

2. 必要な書類(*1)
     □ 見積書
     □ 領収書

   ※お分かりになる場合、該当の契約管理番号および請求書番号をあわ
     せてお知らせください。
       契約管理番号:
       請求書番号  :

3. 上記書類へのJPNIC代表者印の押印について(*1)
     □ 代表者印の押印を希望する
     □ 代表者印の押印を希望しない(角印のみでよい)

4. その書類が必要な理由
   ※見積書・領収書が必要な理由を詳しくご説明ください。

5. 宛名組織名
   ※JPNICとの契約組織名をご記入ください。

6. 書類の送付方法(*1)[複数選択可]
     □ 郵送(※7. 書類郵送先住所をご記入ください)
     □ PDF (※送付先のメールアドレスをご記入ください)
     □ FAX (※送付先のFAX番号をご記入ください)

7. 書類の郵送先住所
   ※書類の郵送をご希望の場合はご記入ください。
     郵送先住所にご指定がない場合、契約者情報中の経理担当者情報の
     登録内容とさせていただきます。

8. 備考
   ※書類に記載する発行日等、書類の発行に関してご指定がある場合は、
     こちらにご記入ください。

----------------------------------------------------------------------
[フォームの記入に関する注意点]
  (*1):1. 2. 3. 6.の項目では、希望するものの「□」を「■」として
        ください。6.の項目は、複数選択いただくことが可能です。

  (*2):IPアドレス管理指定事業者は「IPアドレス管理指定事業者」と
        ご記入ください。
        特殊用途用プロバイダ非依存アドレス、歴史的プロバイダ非依
        存アドレス、AS番号の割り当てを受けている場合は、具体的な
        IPアドレス・AS番号をご記入ください。
        複数種類の番号資源の分配を受けている場合は、その全てをご
        記入ください。
======================================================================
            

お問い合わせ窓口

ip-service@nir.nic.ad.jp

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。