メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

IPアドレス等料金体系改定Q&A IPアドレス・AS番号に関する申請手続き(基本)編

このページに掲載されているのは2011年7月27日時点の情報です。

Q. Web申請システムにログインするためのID(またはパスワード) を紛失しました。
A. 再発行いたしますので、 管理する歴史的PIアドレスやAS番号を明記の上、 ID・パスワードの再発行を希望する旨を (IPアドレス担当) までご連絡ください。
Q. 割り当てを受けているアドレス数や、登録されている担当者名など、 現在JPNICデータベースに登録されている内容を確認したいのですが。
A. Web申請システムよりログインし、 ログイン後に表示される画面の資源管理メニューの 「情報表示」メニューの各項目をご利用ください。
また、一部情報は、JPNIC WHOISからも確認可能です。
Q. 組織名が変わった場合、何か必要な手続きはありますか。
A. 組織名が変更された経緯によってお手続きが異なりますので、 まずは割り当てられている歴史的PIアドレス、AS番号を明記の上、 組織名の変更が発生した旨を (IPアドレス担当) までご連絡ください。
Q. 担当者が変わった場合、何か必要な手続きはありますか。
A. JPNICデータベースに旧ご担当者様の情報が登録されている場合、 Web申請システムより、担当者変更のお手続きをお願いします。
特に以下のご登録情報へは、 JPNICから重要なご連絡を差し上げることも多くなりますので、 最新の情報をご登録いただきますようお願いします。
<歴史的PIアドレス>
資源管理情報:[資源管理責任者]、[連絡担当窓口]
⇒Web申請システムの「資源管理情報記載事項変更申請」で更新可能です。
 ※資源管理者パスワードでログインしてください。
ネットワーク情報:[管理者連絡窓口]
⇒Web申請システムの「IPv4ネットワーク情報変更申請」で更新可能です。
 ※資源申請者パスワードでログインしてください。
<AS番号>
資源管理情報:[資源管理責任者]、[連絡担当窓口]
⇒Web申請システムの「資源管理情報記載事項変更申請」で更新可能です。
 ※資源管理者パスワードでログインしてください。
AS情報:[管理者連絡窓口]にご登録
⇒Web申請システムの「AS番号登録情報変更申請」で更新可能です。
 ※資源申請者パスワードでログインしてください。
Q. 現在利用中の歴史的PIアドレスの他にも、IPアドレスがほしいのですが。
A. IPv4アドレスもIPv6アドレスも、以下の3つの方法があります。 ただし、IPv4アドレスについては、 アジア太平洋地域のアドレスを管理するAPNICの在庫が、 2011年4月15日になくなったため、 必要な量のアドレス分配を受けることが出来ない場合もあります。
  1. IPアドレス管理指定事業者(プロバイダなど)を介してIPアドレスの分配を受ける。
  2. IPアドレス管理指定事業者(プロバイダなど)として自社以外のネットワークへ分配可能なアドレスの分配を直接JPNICから受ける。
  3. 技術的な事情からJPNICから直接分配を受ける。
詳細は以下のWebページをご確認ください。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.