メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

IPアドレス等料金体系改定Q&A 歴史的PIアドレス編

このページに掲載されているのは2012年2月21日時点の情報です。

Q. 担当者が変わったため、歴史的PIアドレス取得時の事情が分かりません。 JPNICには、何らかの記録が残っていますか。
A. 歴史的PIアドレスを割り当てられた経緯は個々のご事情となりますので、 JPNICですべて把握しているわけではございません。 何卒ご了承ください。 2005年以降、 JPNICが割り当て先組織の確認を行った際にご提出いただいた確認書の控えをご覧いただくことは可能ですので、 ご相談ください。
Q. IPv4アドレスの在庫が枯渇したそうですが、 今回の歴史的PIアドレスへの課金は、 使われていないIPアドレスを回収するためですか。
A. いいえ。このたびの課金開始は、 JPNICにおけるIPアドレスやAS番号の管理に必要な費用を、 IPアドレスやAS番号を利用している方にご負担いただくことが主な目的です。
Q. IPv4アドレスの在庫がなくなった影響で、 今後歴史的PIアドレス割り当て先組織に対し、 JPNICがIPアドレスの返却を求めることはありますか。
A. いいえ。現在のIPアドレス管理ポリシーにおいて、 JPNICが利用中のアドレスの返却を求めることはありません。 ただし、IPv4アドレスの在庫枯渇に関わらず、 利用していないアドレスは、 必要としている組織へ移転する、 またはJPNICへ返却していただきますようお願いいたします。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.