メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
===================================
   __
    /P▲          ◆ JPNIC News & Views vol.161【臨時号】2004.3.31 ◆
  _/NIC
===================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ News & Views vol.161 です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

アジア太平洋地域でIPアドレス管理業務を行う「APNIC」。2003年に引き続き
JPNICは職員の派遣を行っています。現在APNICでホストマスタートレーニング
真っ最中の、JPNIC IP事業部 鈴木由佳より、現地レポートをお届けしてまい
ります。なお本号に続き、4月には後編も掲載予定ですのでお楽しみに。。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
◆ 2004年版・APNIC便り(前編)
                                              JPNIC IP事業部  鈴木由佳
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

私は、2004年3月11日から4月22日の6週間の日程で、APNICにトレーニングに来
ております。APNICはオーストラリアのブリスベンにあります。オフィスの近
くにブリスベン川が流れ、町並みも落ち着いており、こちらはゆったりと時間
が流れる感じがします。時期としては秋ですが、まだ暑い日もあります。朝晩
は比較的涼しくとても過ごしやすいです。

JPNICからAPNICへのスタッフ派遣は、2003年5月、6月のIP事業部 穂坂に続く2
度目となります。

今回の主な目的はAPNICとの審議基準の整合性維持とAPNIC・JPNICの業務リレー
ション強化です。特に後者においては2003年8月からのアドレスプール共有化
実施に伴い、APNICの割り振り業務との連携の必要性が高まったため、業務に
ついてより的確に把握することが重要になります。もちろん、APNICの審議担
当者としてのトレーニングをうけ、APNICの審議方法を学び、日本の状況も伝
えることも今回の目的に含まれます。

今回のトレーニングは、CNNIC(*1)の審議担当者と一緒です。私がAPNICにトレー
ニングにくる直前まで、KRNIC(*2)の担当者がトレーニングを受けており、私
たちのトレーニングが終了した後も、再度CNNICからトレーニングにAPNICに来
る予定とのことです。今までJPNICはCNNICとかかわる機会が少なかったので、
今回CNNICの状況についても把握できればと考えております。

さて、トレーニングを開始して2週間が経ちました。今まで、割り当て審議申
請、AS番号の割り当て申請、初回割り振り申請、WhoisDBの登録方法について
トレーニングを受けました。トレーニングは適宜JPNICの状況を伝えながら進
めています。少しずつですが実際の審議申請処理も開始しました。

前回穂坂がトレーニングを受けたときと多少運用が変わっている部分もあり、
定期的に状況を把握することの必要性を改めて感じました。IPアドレスの割り
当ては運用あってのポリシーであり、APNICはその状況に応じて審議の進め方
についてフレキシブルに対応しています。今後は、JPNICからも積極的に新た
な審議方法等を提案していきたいと思います。
 
私はJPNICで審議を担当しているので、審議自体は問題なく進められるのです
が、英語での返答に苦戦しています。APNICでは内部担当者向けの業務マニュ
アルやツール等が充実しており、返答の案もある程度テンプレート化されてい
るので、私のようなノンネイティブには助かります。

現時点では大まかにはAPNICとJPNICの審議基準について違いはないように思い
ますが、細かい運用面で異なることもあり、今後JPNICでどうするかを検討す
る必要があります。

ところで、APNICでは週1回マッサージの時間があります。希望者は実費負担
(25豪ドル(日本円で2,000円弱)/30分)でマッサージをオフィスで受けるこ
とができます。APNICではスタッフが気持ちよく仕事ができるような環境を提
供できるように努めているそうです。このマッサージもその一環なのでしょう。
私も一度は体験してみたいと思います。


(*1) CNNIC:China Internet Network Information Center
            中国の国別インターネットレジストリ
            http://www.cnnic.net.cn/en/index/
(*2) KRNIC:Korea Network Information Center
            韓国の国別インターネットレジストリ
            http://www.nic.or.kr/www/english/

___________________________________
 ■■■■■ JPNICの活動はJPNIC会員によって支えられています ■■■■■
  :::::  会員リスト  :::::   http://www.nic.ad.jp/ja/member/list/
  :::: 会員専用サイト ::::   http://www.nic.ad.jp/member/(PASSWORD有)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
===================================
 JPNIC News & Views vol.161 【臨時号】 

 @ 発行         社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター
                 101-0047 東京都千代田区内神田2-3-4 国際興業神田ビル6F 
 @ 問い合わせ先   jpnic-news@nic.ad.jp
===================================
登録・削除・変更   http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/


■■◆                          @ Japan Network Information Center 
■■◆                                     @  http://www.nic.ad.jp/ 
■■

Copyright(C), 2004 Japan Network Information Center

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.