メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
===================================
    __
    /P▲          ◆ JPNIC News & Views vol.353【臨時号】2006.5.12 ◆
  _/NIC
===================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ News & Views vol.353 です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

国際的なSIP機器の相互接続イベント「SIPit18」が、初めて日本で開催されま
した。本号では、本イベントの様子をお伝えするとともに、運営に多大なるご
尽力をされたお二方からご寄稿いただきましたのでご紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ SIPの相互接続イベントに寄せて   ~SIPit18 開催報告~
                               JPNIC インターネット基盤企画部 根津智子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2006年4月17(月)~21日(金)の5日間、東京・秋葉原コンベンションホールにて
開催した、SIP機器の相互接続イベント「SIPit18(Session Initiation
Protocol Interoperability Tests)」は、盛況のうちに閉幕いたしました。

SIPitは、SIPを実装したネットワーク機器間における相互接続性の確立を目的
とする、国際的な相互接続イベントです。このイベントの場で、参加者同士が
自社の機器を持ち寄って接続実験をすることにより、参加者はその機器の実装
を強化することができます。また、イベント全体で判明した事実や傾向をIETF
に持ち寄ることで、SIPの標準化と技術の確立を支援・推進しています。

SIPitは、今までに世界各地で17回開催されています。当初は欧米地域での開
催が主でしたが、ここ何度かは、アジア→アメリカ→ヨーロッパの順になるよ
うに、主催のSIP Forum(*1)が調整しているとのことです。18回目の今回、初
めて日本で開催する運びとなりました。70超の組織が参加し、参加者の割合と
して、アジア地域・アメリカ地域・ヨーロッパ地域がそれぞれ約3割ずつとな
り、本当にグローバルな様相を呈していました。登録締め切り後も、席のキャ
ンセル待ちが相次ぎ、SIP機器の実装に対する関心の高さがうかがわれました。

相互接続試験は、SIP Forumが用意したWikiサーバに参加者自身が行いたいテ
ストの内容をあらかじめ載せてアピールし、直接相手と交渉して実施する形態
が基本となります。こうしたSIPitならではの特徴により、参加者は実施した
いテストを自分の好きなようにアレンジできる反面、このSIPitのバックボー
ンを運営するネットワークチームには、製品になっていない機器やソフトウェ
アの通信を維持するために、大きな負担がかかることになりました。

以下に、本イベントの一番の立役者であったSIPitネットワークチームリーダー
の大江将史氏と、このSIPitに以前から参加している吉田良雄氏の所感を紹介
します。

(*1) SIP Forum:http://www.sipforum.org/


……………………………………………………………………………………………
◆SIPit18におけるネットワーク運用 
                              VoIP/SIP相互接続検証タスクフォース副主査         
                                                   国立天文台 大江将史
……………………………………………………………………………………………

SIPitにおけるネットワーク運用は、IETFなどの国際会議における運用とは異
なり、安定性が最重要視されました。この背景は、参加者間で事前に定められ
た試験スケジュールに対する障害の影響を最小限とすることが求められている
からです。SIPitでは、各参加者が用意する機器に対して、IPv6/v4グローバル
アドレスの割り当てが必要とされます。今回は、IPv4として、/22および/27、
IPv6として、/48のアドレスブロックを使用し、インターネットへの接続を提
供しました。

会期中の運用では、IDSシステム、パケットモニタリングなどを通して監視を
行い、IDPシステム、ファイアウォール、FDBフィルタなどによって、内部・外
部を問わずテストやパフォーマンスに影響を与える通信に対して、遮断を実施
しました。これらの監視と対応によって、テストに持ち込まれた機器の問題点
が顕在化する事例が、多数存在しました。たとえば、ARP(*2)パケットのストー
ムを発する機器や、通話切断に失敗し音声パケット(UDP/RTP)を送信し続ける
機器など、中にはインフラに影響を与えるものもありました。

このように、SIPitが求める要件を満たす環境を維持することには、多大な労
力を必要としましたが、各社の機材や技術協力、NOCクルーの昼夜を問わない
献身的な活動により、無事運用を終えたことに多大な感謝をしたいと思います。

(*2) ARP :Address Resolution Protocol
           http://www.ietf.org/rfc/rfc826.txt

……………………………………………………………………………………………
◆国内で初開催のSIPitについての感想
              エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社  吉田良雄
……………………………………………………………………………………………

今回のSIPitは国内外合わせて73団体が参加しており、多くの団体との相互接
続実験を実施することができました。日本での開催であるため、国内団体から
のIPv6実装が多く持ち込まれることを期待していましたが、予想に反して少な
いのが残念でした。しかし、セキュリティについては非常に高い関心があるこ
とが認識できました。現在の商用サービスでは使用されていないTLS(*3)の実
装が徐々に増えてきており、今回のSIPitでは多くの参加機器が実装していた
ため、TLSを使った相互接続検証を実施できました。さらに、SRTP(*4)の実装
も少しずつ増えてきており、今後取り組まなければならない課題であると認識
することができました。

また、アジア企業の勢いが目立ちました。製品化を見据えた多くの実装が持ち
込まれており、かなりしっかりした実装も多く見受けられました。SIPitのよ
うに実装者の観点で多くの企業との相互接続を実施できることは、実装者の相
互接続についての意識、スキルの向上が期待でき、さらには自身の実装を相対
的に理解する場としても非常に有効なので、今後も継続的に参加していきたい
と考えています。

(*3) TLS :Transport Layer Security
           http://www.ietf.org/rfc/rfc4346.txt

(*4) SRTP:Secure Real-time Transport Protocol
           http://www.ietf.org/rfc/rfc3711.txt

                  ◇              ◇              ◇

仕様は、実装され、動作し利用されなければ意味がありません。実運用を通じ、
様々な技術課題の抽出を行い、実装や標準化へのフィードバックをすることが
大変重要になります。日本でのVoIPサービスは世界でもトップクラスと言われ
ていますが、今回のイベントを通じて、まだまだ改善すべき余地があることが
わかったベンダーの方も多いのではないでしょうか。また、日本国内のSIP関
連サービス・製品の認知度をグローバルに向上させる良い機会になったのでは
ないかと思います。

下記のスポンサーをはじめとした多くの方々に、このような本イベントの精
神をご理解、ご賛同いただけたことに対し、一堂深く感謝すると共に今後もま
すます、このVoIP/SIPの相互接続の活動に力を入れていこうと決意を新たにし
ています。

参加者並びにご協力いただきました皆様に、この場を借りて厚くお礼申し上げ
ます。

                  ◇              ◇              ◇

◆開催概要 

  ・  日    時      2006年4月17日(月)~21日(金)

  ・  会    場      秋葉原コンベンションホール

  ・  主    催      SIP Forum<http://www.sipforum.org/>

  ・  日本での主催  (社)日本ネットワークインフォメーションセンター

  ・  共    催      WIDEプロジェクト
                    VoIP/SIP相互接続検証タスクフォース
 
  ・  後    援      総務省
                    社団法人 情報通信技術委員会
                    社団法人 テレコムサービス協会
                    情報通信ネットワーク産業協会
                    HATS推進会議
                    日本VoIPフォーラム
                    IPv6普及・高度化推進協議会
                    ENUMトライアルジャパン

  ・  協    賛     エヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社
                   エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
                   沖電気工業株式会社
                   KDDI株式会社
                   シスコシステムズ株式会社
                   株式会社ソフトフロント
                   西日本電信電話株式会社
                   日本テレコム株式会社/ソフトバンクBB株式会社
                   日本電気株式会社
                   日本電信電話株式会社
                   株式会社ネットマークス
                   株式会社三菱総合研究所
                   三菱電機情報ネットワーク株式会社
                   東日本電信電話株式会社
                   株式会社フラクタリスト
                   フュージョン・コミュニケーションズ株式会社
                   ラドビジョンジャパン株式会社

   ・ 詳細URL      http://www.nic.ad.jp/ja/sipit18/
                   http://www.sipit.net/


     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       わからない用語については、【JPNIC用語集】をご参照ください。
             http://www.nic.ad.jp/ja/tech/glossary.html
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
___________________________________
■■■■■  JPNICの活動はJPNIC会員によって支えられています  ■■■■■
  :::::  会員リスト  :::::  http://www.nic.ad.jp/ja/member/list/
  :::: 会員専用サイト ::::  http://www.nic.ad.jp/member/(PASSWORD有)
□┓ ━━━  N e w s & V i e w s への会員広告無料掲載実施中 ━━━┏□
┗┛          お問い合わせは  jpnic-news@nic.ad.jp  まで          ┗┛
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
===================================
 JPNIC News & Views vol.353 【臨時号】

 @ 発行         社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター
                 101-0047 東京都千代田区内神田2-3-4 国際興業神田ビル6F
 @ 問い合わせ先   jpnic-news@nic.ad.jp
===================================
登録・削除・変更   http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/


■■◆                          @ Japan Network Information Center
■■◆                                     @  http://www.nic.ad.jp/
■■

Copyright(C), 2006 Japan Network Information Center

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.