メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
===================================
    __
    /P▲          ◆ JPNIC News & Views vol.390【臨時号】2006.9.29 ◆
  _/NIC
===================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ News & Views vol.390 です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本号では2006年9月20日に開催されたETJP全体ミーティングのレポートを通じ
て、ENUMの最新動向をご紹介いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ENUM最新動向  ~ 第8回 ETJP全体ミーティングのレポートから ~
                                   JPNIC インターネット推進部 根津智子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2006年9月20日にETJP(ENUM Trial Japan)では、全体ミーティングを開催しま
した。

ETJPは電話番号をDNSでインターネット上の様々な通信サービスと対応づける
ことにより、その対応づけたサービスへのアクセスを可能とする
「ENUM(Telephone Number Mapping)」に関する技術実験を行う任意団体で、
JPNICはJPRSとともにその事務局をつとめています。

1年ぶりの会合であったため、議事の内容は盛りだくさんでしたが、今回はそ
れぞれの概要をレポートします。


■SIPit18参加報告

ETJP事務局の山崎信(JPNIC)より、2006年4月に秋葉原で開催されたSIPの相互
接続試験イベント「SIPit18」にETJPとして参加し、相互接続実験を行ったと
いう報告がありました。SIPitとは、SIPを実装したネットワーク機器間で相互
接続性を検証する催しで、年に2回行われています。今回初めて日本で開催さ
れました。実験を行った結果、ENUMの実装に問題のあるベンダーがいることが
わかり、SIP開発者のENUMへの理解が不足していることもうかがわれました。
こういったイベントに参加することにより、SIPベンダー・開発者に対しての
ENUMの認知度向上が図れた、とのことでした。


■IETF ENUM WG の動向(標準化動向)

ETJP事務局の藤原和典氏(JPRS)により、「IETF ENUM WG の動向(標準化動向)」
の説明がありました。IETFのENUM WGでは、

  - インフラストラクチャENUMの議論が盛んである。
  - 現在のENUM標準RFC3761のDNS格納方式部分の問題点を解決するために、
    大幅なアップデートがRFC3761bisとして提案されているが、RFC3761との
    互換性がない点が問題視されている。また、ENUMサービスを新しく実験
    する際に、ENUMSERVICEをどのように書けばよいか明確に書かれていない
    等の問題があるため、議論を継続する。

などが話題になっているとのことです。


■海外のENUM最新動向について

筆者より「各国のENUM取り組み状況」として、ヨーロッパ・オセアニア・北米
の状況報告を行いました。主要なポイントは以下となります。

  - 現在のe.164.arpaのデリゲーションは、42の国・地域および組織が受けて
    いる。
  - ヨーロッパ地域では、ドイツ・オーストリア・ポーランド・スイスの中欧
    地域のENUMサービスが進んでいる。ポーランドでは、ENUM登録は電話会社
    を通じて登録する仕組みが整備され、また、ENUMを利用した番号ポータビ
    リティなどの積極的な提案がみられる。
  - オセアニア地域では、オーストラリアでのENUM DNSの問い合わせ率が高
    い。ニュージーランドでは、電話とインターネット業界の共同トライアル
    が行われているが、来年4月に番号ポータビリティを始めるまで、ENUMの
    検討を行わないと発表。それに対して一部の海外から批判が起きている。
  - 北米地域は、2006年2月にITUよりカントリーコード 1のデリゲーションを
    受けたが、通信法の縛りにより「1.e164.arpa」の空間が使えないことが
    判明し、試行錯誤の状態である。

 
■SIPropにおける「ENUMによるプロトコル変換Proxy」(SIPropプロジェクト)

日本ENUMトライアルの参加者であり、SIPropプロジェクト代表である今村謙之
氏により、2006年度上期 未踏ソフトウェア創造事業採択案件である「クライ
アントサイドモジュール型 SIP-UAミドルウェア『SIProp』の開発」とENUMに
よるプロトコル変換Proxyについて説明がありました。この開発のマイルス
トーンとしては、2006年12月を目標にSIPのプロトコルを実装した変換プロキ
シを出すことを想定しており、その後は明確ではありませんが、3か月毎を目
途にSkype、Jabber(XMPP)などのプロトコルを実装する予定であるということ
です。


■その他報告

その後、日本が2005年11月に受けた1.8.e164.arpaのデリゲーションの内容と
それを受けて2006年1月に開始している「日本ENUMトライアル」の概要や、そ
のDNS運用状況の報告もありました。


■ETJPの今後の進め方についてI

上記に記載したような報告を受け、最後に今後ETJPとしてどのように活動を
活発化していくべきなのか、ディスカッションを行いました。

その中で出された意見として

  - 日本において商用サービスはいつスタートできるのか見えてこない。商
    用になれば自分の番号もすぐに登録したいし、お客様にも薦めたい。
  - ビジネスモデルをどうするのか、たとえば ENUM DNSは誰がお金を出して
    運用するか等の一つ一つの点がクリアになっていない。
  - 注目されるNGNの動向であるが、「通信品質」に関しては議論が進んでい
    るが、相互接続にかかわる具体的な実装等については、議論が進んでいる
    とは言えない。今後その部分でENUMが大きな役割を果たす場面もあるかも
    しれない。
 
などがありました。日本のように大きな国では、全体を見渡して決めるには思
ったよりも時間がかかるという事情もあるものの、「もっと課題整理や実験へ
の取り組みが欲しい」と、活発な活動をのぞむ意見がありました。よって以後
は会員の意向を個別ヒアリングで確認をして、その後会長・副会長・事務局で
相談の上、今後の活動を検討してはどうかとの提案があり、ディスカッション
は終了しました。

このミーティングの資料は、後日ETJPのWebページに詳細を掲載予定ですの
で、ご興味のある方は以下URLをご参照下さい。


  - ETJP                   http://etjp.jp/
  - 「日本ENUMトライアル」 http://www.nic.ad.jp/ja/enum-trial/
  - JPNICのENUM紹介ページ  http://www.nic.ad.jp/ja/enum/index.html
  - IETF ENUM WG           http://www.ietf.org/html.charters/enum-charter.html
  - SIProp プロジェクト    http://www.siprop.org/ja/


     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       わからない用語については、【JPNIC用語集】をご参照ください。
            http://www.nic.ad.jp/ja/tech/glossary.html
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
___________________________________
■■■■■  JPNICの活動はJPNIC会員によって支えられています  ■■■■■
  :::::  会員リスト  :::::  http://www.nic.ad.jp/ja/member/list/
  :::: 会員専用サイト ::::  http://www.nic.ad.jp/member/(PASSWORD有)
□┓ ━━━  N e w s & V i e w s への会員広告無料掲載実施中 ━━━┏□
┗┛          お問い合わせは  jpnic-news@nic.ad.jp  まで          ┗┛
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
===================================
 JPNIC News & Views vol.390 【臨時号】

 @ 発行         社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター
                 101-0047 東京都千代田区内神田2-3-4 国際興業神田ビル6F
 @ 問い合わせ先   jpnic-news@nic.ad.jp
===================================
登録・削除・変更   http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/


■■◆                          @ Japan Network Information Center
■■◆                                     @  http://www.nic.ad.jp/
■■

Copyright(C), 2006 Japan Network Information Center

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.