メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
===================================
    __
    /P▲         ◆ JPNIC News & Views vol.542【臨時号】2008.5.7 ◆
  _/NIC
===================================
---------- PR --------------------------------------------------------
◆◇◆◇◆◇◆「JPNIC News & Views アンケート」実施中! ◆◇◆◇◆◇◆
皆様のお役に立てるメールマガジンにするため、アンケートにご協力下さい!
    ★アンケートページ → http://views.nic.ad.jp/f.x?f=77367fe7 ★    
           アンケートの回答期限:【 2008年5月9日(金)まで 】
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
----------------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ News & Views vol.542 です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2008年4月6日~9日に、北米地域を中心としたRIRであるARINのミーティングが
開催されました。本号では、そのレポートをお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ARIN XXIミーティングレポート
                                                 JPNIC IP事業部 奥谷泉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回のARINミーティングは、米国コロラド州のデンバーで開催されました。
「天気予報では気温マイナス8度、4月でもまだスキーができる」と聞いていま
したが、街中は覚悟していたほど寒くなく、雪も見られませんでした。

春のミーティングは、NANOGとの併催となる秋とは異なり、単独開催のためこ
じんまりとしており、参加者も事前登録ベースで156名程度でした。

今回は8点の提案のうち、IPv4アドレスの在庫枯渇に向けたものが4点、IPv6に
関するものが2点、その他が2点でした。2008年2月のAPNICミーティングでもそ
うでしたが、ARINでもやはり在庫枯渇に向けた提案が半数以上を占めていまし
た。

提案事項の結果は以下の通りです。

----------------------------------------------------------------------
  2008-3: "コミュニティネットワーク"向けのIPv6アドレス割り振り
           [継続議論]
           Community Networks IPv6 Allocation
  2008-2:  IPv4アドレス移転ポリシーの提案  [継続議論]
           IPv4 Transfer Policy Proposal
  2008-1:  /29より小さな割り当ての登録対応  [コンセンサス]
           SWIP support for smaller than /29 assignments
  2007-27: RIR間での調整によるIPv4アドレス在庫枯渇期の統一  [否決]
           Cooperative distribution of the end of the IPv4 free pool
  2007-23: IANAからRIRへの最後のIPv4アドレス分配ポリシー  
           [コンセンサス]
           End Policy for IANA IPv4 allocations to RIRs
  2007-21: 歴史的PIアドレス保有者へのIPv6 PIアドレスの割り当て
           [コンセンサス]
           PIv6 for legacy holders with RSA and efficient use
  2007-17: 歴史的PIアドレスの合意書締結促進と部分返却  [継続議論]
           Legacy Outreach and Partial Reclamation
  2007-14: 資源の審査プロセス  [継続議論]
           Resource Review Process
----------------------------------------------------------------------
参考: Policy Proposal Archive "Under Discussion"
       http://www.arin.net/policy/proposals/proposal_archive.html
----------------------------------------------------------------------

このうち、本稿では特筆すべき以下3点の提案を取り上げたいと思います。

  ・IPv4アドレスの移転について
  ・IANAからRIRへの最後のIPv4アドレス分配ポリシー
  ・歴史的PIアドレス保有者へのIPv6 PIアドレスの割り当て


◆IPv4アドレスの移転について

この提案はIPv4アドレスの在庫枯渇に向けて、現在ポリシーで禁止している
IPv4アドレスの移転を今後認めようというものです。

この提案の背景には、IPv4アドレスが枯渇すれば、ISPは当面のIPv4ベースで
のサービスを維持するため、たとえいくらポリシー上禁止されていたとして
も、お互いに余剰空間を取り引きする、いわゆるブラックマーケットが一般的
になるのでは、という想定があります。

そして、これが広まると、実際の利用者とデータベース登録上の利用者に齟齬
が生じ、アドレス管理における混乱が予想されます。これを防ぐために、RIR
への情報更新を行う前提で、あらかじめ公式に移転を認めようというのがこの
提案の趣旨です。

ARIN地域では、ARIN ACがコミュニティに対する問題提起のため提案を行いま
したが、異なった提案者によりAPNIC、RIPEでもそれぞれ提案が行われていま
す。

これに対して、会場では以下のような慎重な意見が主流となっていました。

  ・闇取り引きはどんなものにでも存在するが、実際問題になるほどの規模に
    なるとは想定しにくい。
  ・実際、闇取り引きが一般化されたら大問題ではあるが、そうでなければ移
    転を認めるほうが大きな問題。あらかじめ対応案を策定しておき、問題が
    起こってから発動するほうがよいのでは。
  ・IPv4における移転を認めた場合、IPv6への影響も考慮するべき。
  ・実際に起こるという予測の根拠が推測の域をでていない。もう少し調査が
    必要ではないか。

一方、実装にともなう問題だけではなく、実装しないことにより生じる問題も
検討し、どちらがより深刻な事態になるのか判断するべき等、支持する意見も
一部の参加者から出ていました。そして、賛否はともかく引き続き検討の必要
性を感じる参加者が多かったため、継続議論となりました。


◆IANAからRIRへの最後のIPv4アドレス分配ポリシー

これは、JPNICがAfriNIC、LACNICコミュニティの代表者と共同で、各RIRのコ
ミュニティに対して行っている提案です。

提案内容は、IANAにおけるIPv4アドレスの在庫が/8ブロック5個を切った時点
で、各RIRへ一律/8を1ブロックずつ分配するというものです。

IANAからRIRへの最後のブロックの分配サイズをあらかじめ定義することによ
り、IANA在庫終了時における余計な混乱を避けること、RIRがそれぞれの地域
において分配方針とペースの検討のしやすさにつなげることを目的としていま
す。

この提案に対して会場からの反対意見は特になく、コンセンサスが得られまし
た。AfriNIC、LACNICコミュニティでは、自らの代表者が提案していることか
らコンセンサスが得られると考えられており、グローバルポリシーとして施行
されるかどうかは今後のRIPE、APNICコミュニティの反応次第です。今年、
2008年で本提案の今後の方向性が定まることになると予想されます。


◆歴史的PIアドレス保有者へのIPv6 PIアドレスの割り当て

ARINのポリシーでは、現在IPv4アドレスの分配を受けていればARINから直接
IPv6アドレスの分配を受けられるように定義されています。しかし、歴史的経
緯を持つPIアドレスについては対象に含まれていません。

この提案は、効率的に利用されていない歴史的PIアドレスに対してそのまま
IPv6の割り当てを認めることが適切ではないにしても、効率的な利用が確認で
き、ARINと合意書を締結していれば、他のIPv4アドレスの割り当て先と同じ
く、IPv6 PIアドレスの分配を認めようというものです。昨年のミーティング
ですでにおおよその支持が確認されており、今回はコメントを反映した提案で
あったため、会場からは大きな反対意見や議論はなく、挙手により支持が確認
されました。


◆その他

APNIC地域でも提案が行われ否決された「2007-27: RIR間での在庫調整による
IPv4枯渇期の統一」は、IANAの在庫枯渇後、RIR間でお互いの在庫を譲り合う
ことにより枯渇時期を調整しようという趣旨ですが、これはARINでも否決され
ました。したがって、今後、このような考え方での枯渇対応について、世界的
に議論が行われる可能性は低いと言えます。


◆所感

2008-2と2007-23についてはAPNIC25でも議論が行われましたが、同じ提案で
あっても参加者の基本的な姿勢や議論の方向性が、APNICのミーティングと大
きく異なっていたことが印象的でした。

2008-2に該当するIPv4アドレス移転に関して、ARIN地域以外のRIRオープンポ
リシーフォーラムでも盛んに議論が展開されています。現在JPNICでは、
「余ったアドレスがあるのならレジストリに返納するべき」という考えを持っ
ていますが、我々としてもこの議論の動向を注視して、分析と検討を進めてま
いります。


◆次回のARINミーティング

次回のARINミーティングはNANOGとの併催で、2008年10月15日~17日にロサン
ゼルスで開催されます。


     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       わからない用語については、【JPNIC用語集】をご参照ください。
            http://www.nic.ad.jp/ja/tech/glossary.html
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
___________________________________
■■■■■  JPNICの活動はJPNIC会員によって支えられています  ■■■■■
  :::::  会員リスト  :::::  http://www.nic.ad.jp/ja/member/list/
  :::: 会員専用サイト ::::  http://www.nic.ad.jp/member/(PASSWORD有)
□┓ ━━━  N e w s & V i e w s への会員広告無料掲載実施中 ━━━┏□
┗┛          お問い合わせは  jpnic-news@nic.ad.jp  まで          ┗┛
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
===================================
 JPNIC News & Views vol.542 【臨時号】

 @ 発行         社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター
                 101-0047 東京都千代田区内神田2-3-4 国際興業神田ビル6F
 @ 問い合わせ先   jpnic-news@nic.ad.jp
===================================
___________________________________
           本メールを転載・複製・再配布・引用される際には
       http://www.nic.ad.jp/ja/copyright.html をご確認ください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
登録・削除・変更   http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/


■■◆                          @ Japan Network Information Center
■■◆                                     @  http://www.nic.ad.jp/
■■

Copyright(C), 2008 Japan Network Information Center

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.