メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
===================================
    __
    /P▲         ◆ JPNIC News & Views vol.545【特別号】2008.5.21 ◆
  _/NIC
===================================
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ┃        JPNICはIPv4在庫枯渇の問題に取り組んでいます         ┃
   ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
   ┃★Webサイト:「IPv4アドレスの在庫枯渇に関して」             ┃
   ┃  http://www.nic.ad.jp/ja/ip/ipv4pool/                      ┃
   ┃                                                            ┃
   ┃★バックナンバー:                                          ┃
   ┃  http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/          ┃
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ IPv4アドレス在庫枯渇関連レポート [第11回]
   ~総務省「インターネットの円滑なIPv6移行に関する調査研究会」
     報告書(案)の公表について~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

総務省では2007年8月より、「インターネットの円滑なIPv6移行に関する調査
研究会」(以下、総務省研究会)を設置して(*1)検討を行い、2008年4月に、そ
の報告書(案)を公表しました(*2)。今回のレポートでは、この報告書案をご紹
介します。

■総務省「インターネットの円滑なIPv6移行に関する調査研究会」報告書(案)
  について

総務省研究会は、総務省総合通信基盤局長の懇談会として開催されました。国
内のインターネット接続事業者を中心とした諸ステークホルダーから20人の構
成員が研究会の親会に参集するとともに、具体的な技術検討のために26人の構
成員からなるワーキンググループが設置され、2007年8月から2008年4月までの
間、IPv4アドレス在庫枯渇問題とその対応策に関して検討が行われました。

JPNICからは、荒野高志IP・IPv6分野担当理事が親会に、前村昌紀IP事業部部
長がワーキンググループに、それぞれJPNICを代表して参加した他、江崎浩副
理事長が、ワーキンググループ主査および研究会構成員として、研究会での検
討において主導的な役割を果たしました。

ワーキンググループでは活発な議論が行われ、研究会発足以降、報告書案が仕
上がるまでの8ヶ月の間に11回もの会合が持たれるとともに、これ以外に有志
によるブレーンストーミングも数回持たれました。この頻度は省庁の研究会と
しては、他に例のないものだったようです。

総務省研究会の報告書案は、JPNICの「IPv4アドレス在庫枯渇問題に関する検
討報告書(第一次)」(*3) (以下、JPNIC第一次報告書)と類似した検討過程と
検討結果を多数見出すことができる他、JPNIC第一次報告書に含まれない点も
見出せます。以下に主な内容を列挙します。


      1)IPv4アドレス在庫枯渇時期の予測に関して、既存の予測に加え、今の
        消費ペースが加速せずに進むモデルを導入している。その結果、
        IANA在庫の枯渇が2010年半ばから2012年初頭、日本国内で利用するア
        ドレスの補充が不可能となる時期が2011年初頭から2013年半ばとし
        て、「遅くとも2013年にはIPv4アドレスの補充ができなくなる」こと
        を示している。

      2)JPNIC第一次報告書同様、IPv4アドレスの回収などによる利用最密化
        (余すことなく利用の意)、NATなどによるアドレス利用効率化、新た
        なアドレス体系・IPv6の導入を三つの対応方策として分析をしてい
        る。その際にインターネット上のプレイヤーを、インターネットの便
        益を受ける「ユーザー」、ユーザーにインターネットを介して便益を
        提供する「サービス」、その両者をつなぐ「ネットワーク」の三つに
        大別して、それぞれに分析を行っている。

      3)ISPとユーザーの間の接続サービスを提供するアクセス網事業者にお
        けるIPv6接続性の問題に触れ、ISPとアクセス網事業者の間で早期の
        方式合意が必要であることを示している。

      4)2)の3プレイヤーに、ベンダー、SIer、関連団体、政府を含めた、そ
        れぞれのプレイヤーに対して、2010年までを枯渇期以前、2011年を枯
        渇期初期、2012年以降を枯渇期中期として、時期毎にアクションプ
        ランを提案している。


上の4)のように、年限を明確に示し、プレイヤー毎のアクションプランを記述
してある点で大きく踏み込んでいると言えます。記述されている対応方策は決
して簡単ではありませんが、一方で2010年までにIPv4アドレス在庫枯渇への備
えが整っていることは不可欠であり、現実として受け止めざるを得ないもので
す。JPNICとしても、諸プレイヤーでの対応が円滑に進むよう、関連諸団体と
の連携の中で取り組んで参ります。


(*1) インターネットの円滑なIPv6移行に関する調査研究会
     http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/policyreports/chousa/ipv6/

(*2) 「インターネットの円滑なIPv6移行に関する調査研究会」報告書(案)
     に関する意見募集
     http://www.soumu.go.jp/s-news/2008/080411_3.html

(*3) 「IPv4アドレス在庫枯渇問題に関する検討報告書」を公開
     http://www.nic.ad.jp/ja/pressrelease/2007/20071207-01.html


     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       わからない用語については、【JPNIC用語集】をご参照ください。
            http://www.nic.ad.jp/ja/tech/glossary.html

        IPv4アドレス在庫枯渇関連のQ&Aは特集ページをご覧ください。
            http://www.nic.ad.jp/ja/ip/ipv4pool/
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
___________________________________
■■■■■  JPNICの活動はJPNIC会員によって支えられています  ■■■■■
  :::::  会員リスト  :::::  http://www.nic.ad.jp/ja/member/list/
  :::: 会員専用サイト ::::  http://www.nic.ad.jp/member/(PASSWORD有)
□┓ ━━━  N e w s & V i e w s への会員広告無料掲載実施中 ━━━┏□
┗┛          お問い合わせは  jpnic-news@nic.ad.jp  まで          ┗┛
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
===================================
 JPNIC News & Views vol.545 【特別号】

 @ 発行         社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター
                 101-0047 東京都千代田区内神田2-3-4 国際興業神田ビル6F
 @ 問い合わせ先   jpnic-news@nic.ad.jp
===================================
___________________________________
           本メールを転載・複製・再配布・引用される際には
       http://www.nic.ad.jp/ja/copyright.html をご確認ください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
登録・削除・変更   http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/


■■◆                          @ Japan Network Information Center
■■◆                                     @  http://www.nic.ad.jp/
■■

Copyright(C), 2008 Japan Network Information Center

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.