メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
===================================
    __
    /P▲         ◆ JPNIC News & Views vol.774【臨時号】2010.8.30 ◆
  _/NIC
===================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ News & Views vol.774 です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本号では、vol.772に続き、2010年7月にオランダのマーストリヒトで開催さ
れた第78回IETFのレポート[第2弾]として、DNS関連WG報告をお届けします。

なお、IPv6関連WG報告については、以下のURLからバックナンバーをご覧くだ
さい。

□第78回IETF報告 特集
  ○[第1弾] IPv6関連WG報告 (vol.772)
    http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2010/vol772.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 第78回IETF報告 [第2弾]  DNS関連WG報告
                             JPNIC DNS運用健全化タスクフォースメンバー
                                             東京大学 情報基盤センター
                                                              関谷勇司
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■はじめに

今回のIETF78は、オランダのマーストリヒトにて開催されました。MECCと呼
ばれるカンファレンスセンターにて開催されたのですが、その周囲には大学
や企業しか存在せず、商店やレストランといったものが徒歩圏内に存在しま
せんでした。

そのため、会場近くのホテルに滞在している参加者は、食事をするにもバス
や電車を利用してマーストリヒト市街まで出向く必要がありました。この点
に関して、IETF78参加者のメーリングリストでは、もっと便利な場所を選べ
ばいいのにといった否定的な意見が出ていました。その一方で、気候が素晴
らしいといった肯定的な意見も出ていました。さまざまな意見があるのは当
然ですが、個人的にはもっと便利な場所で開催して欲しいと感じたIETFでし
た。

IETFの会合としては、"Bar BoF"と呼ばれる、正規の時間帯ではない時間に、
空いている会場を利用して暫定的に会合を開くグループが多く見られました。
Bar BoFは、同じ問題や興味を共有する人々が集まって、活発に議論を行うた
めには良い形式なのですが、その一方で、IETF agendaに載っている正規の会
合ではないため、気付かずに参加できない人が発生したり、正規のIETF会合
との差がわからなくなってしまう等の問題があるため、その開催が増えるこ
とには賛否両論ありました。今回のIETF78では、私が把握している限りで18
回のBar BoFが開催されていました。


■dnsext WG

dnsext WGは、2回の会合を開催しました。主な議題はDNS zone aliasに関す
るものでした。あるDNS zoneをそのまま別ドメインのDNS zone定義として利
用することができるようにする仕様で、前回のIETF77においても話し合われ
た議題です。このzone aliasは、TLDレベルのzoneに対しても利用できるよう
に議論されており、例えば、従来の国コード別TLD zoneとIDNによる国コード
別TLD zoneとのaliasに利用するといった用途も考えられているようです。

zone aliasを実現するための提案としては、
   (1) BNAME RR(Resource Record)の導入
   (2) CNAME + DNAMEという定義の導入
という二つの案が出され、議論が行われました。

(1)の提案は、新たに BNAMEというzone aliasのためのリソースレコードを定
義し、zone中にてBNAMEを利用してzone aliasを指定するという手法です。

例えば、aliasing-test.aaaというzoneを.bbbというzoneにaliasしたい場合
には、aaa zoneにて

    aliasing-test       IN BNAME       bbb.

と記述します。これによって、aliasing-test.aaaというzoneに定義されてい
る名前は、すべてbbbというTLD zoneの名前にaliasされます。つまり、
www.hoge.aliasing-test.aaaという名前のA RRを問い合わせると、
www.hoge.bbbという名前にaliasされ、www.hoge.bbbに対応するA RRの応答が
返ります。

(2)のCNAME+DNAME提案も、実現できることは同様です。従来のDNAMEによる
zoneリダイレクションに加え、同様の定義をCNAME RRにて行うことで、同一
の名前に対して、CNAMEとDNAMEで両方の定義があった場合のみ、zone alias
として扱うようにするという提案です。CNAME+DNAMEの場合には、前述の例
は、

    aliasing-test       IN CNAME        bbb.
    aliasing-test       IN DNAME        bbb.

と記述されます。

BNAMEは新たなRRの定義であるため、既存実装への影響が大きい一方で、既存
のRR定義との混乱は起こりにくいといった意見が出されました。また、zone
alias自体の賛否も含めた議論も行われ、結局どちらを標準とするかの結論は
出ませんでした。その一方で、IDN TLDの導入も進んでおり、早急に仕様を決
定したい、といった意見も出されました。引き続き議論が行われる模様です。


■dnsop WG

今回のdnsop WGでは、特に中心となる大きな話題はなく、以前からあるいく
つかの提案に関して報告と議論が行われました。

まずDNSSEC Operational Practicesに関する報告がありました。DNSSECの鍵
管理について述べられた文章であり、RFC4641を更新するものです。DNSSECの
仕様の更新に従ってRFC4641から変更されているものであり、特に議論はあり
ませんでした。

次に、draft-mekking-dnsop-auto-cpsyncに関する発表がありました。この文
章は、子ゾーンの鍵更新とともに、親ゾーンのDS RRを自動的に更新する仕組
みを定義したものです。DNSのRR dynamic update機能を使い、親ゾーンのDS
レコードを更新します。この提案に関しては、DSレコードのみではなく、そ
れに付随するレジストリ的な管理情報もあるので、自動更新は適さないので
はないかといった意見や、自動更新は必要だが、それはDNS dynamic update
機能を利用するべきではない、といった意見が出されました。

また、draft-savolainen-mif-dns-server-selectionに関する発表がありまし
た。これは、mif(Multiple Interfaces) WGにて話し合われた提案をdnsop WG
にて発表したものであり、複数のDNSサーバを選択するための手法を提案した
ものです。例えば、組織内部の名前を管理している内部用のDNSサーバと、外
部の名前を解決するためのDNSサーバがあった場合に、クライアントがどう使
い分けるか、という手法を定義しています。具体的には、DHCPv6に新たなオ
プションを定義し、クライアントはその情報を利用してDNSサーバの使い分け
を行うという提案です。

最後に、dnsop WGの議題ではありませんが、Root zoneのDNSSEC導入に関する
報告が、同じ会場にて行われました。まず、DURZ(*1)を用いてRoot zoneを署
名し、DURZの導入を段階的に進めていったことが報告されました。2010年7月
15日に、正式な鍵を用いて署名されたRoot DNS zoneがすべてのRoot DNSサー
バに導入され、いくつかのTLDのDS RRもRoot zoneに導入されたことが報告さ
れました(*2)。

(*1) http://www.nic.ad.jp/ja/tech/glos-ah.html#01-DURZ
(*2) http://www.nic.ad.jp/ja/topics/2010/20100716-01.html


     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       わからない用語については、【JPNIC用語集】をご参照ください。
            http://www.nic.ad.jp/ja/tech/glossary.html
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
___________________________________
■■■■■  JPNICの活動はJPNIC会員によって支えられています  ■■■■■
  :::::  会員リスト  :::::  http://www.nic.ad.jp/ja/member/list/
  :::: 会員専用サイト ::::  http://www.nic.ad.jp/member/ (PASSWORD有)
□┓ ━━━  N e w s & V i e w s への会員広告無料掲載実施中 ━━━┏□
┗┛          お問い合わせは  jpnic-news@nic.ad.jp  まで          ┗┛
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
===================================
 JPNIC News & Views vol.774 【臨時号】

 @ 発行         社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター
                 101-0047 東京都千代田区内神田2-3-4 国際興業神田ビル6F
 @ 問い合わせ先   jpnic-news@nic.ad.jp
===================================
___________________________________
           本メールを転載・複製・再配布・引用される際には
       http://www.nic.ad.jp/ja/copyright.html をご確認ください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
登録・削除・変更   http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/


■■◆                          @ Japan Network Information Center
■■◆                                     @  http://www.nic.ad.jp/
■■

Copyright(C), 2010 Japan Network Information Center
      

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.