メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
===================================
    __
    /P▲         ◆ JPNIC News & Views vol.910【臨時号】2011.11.25 ◆
  _/NIC
===================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ News & Views vol.910 です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ヨーロッパ地域を中心としたRIRであるRIPE NCCのミーティングに、JPNIC
IP事業部の奥谷泉が参加してきました。本号では、そのレポートをお届けし
ます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 第63回RIPEミーティング報告
                                                 JPNIC IP事業部 奥谷泉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

RIPEミーティングは、五つのRIR(Regional Internet Registry;地域インター
ネットレジストリ)のうち、主としてヨーロッパ地域を担当するRIPE NCCが定
期的に開催するミーティングです。2011年10月31日(月)から11月4日(金)に
オーストリアの首都ウィーンで開催された、第63回RIPEミーティング(以下
「RIPE63ミーティング」とします)では、IPv6やRPKIなどに関して、興味深い
内容が議論される予定となっていたため、参加をしてきました。

RIPE63ミーティングは、ウィーンの中心地から15分ほど南の、Hilton Vienna
が会場となりました。"音楽の都"を意識してか、お手洗いでも常にウィンナー
ワルツがBGMになっていたため、参加者の間で話題になっていたようです。

今回は465名の参加者があり、過去最多の参加者数が確認されたミーティング
だったということです。しかし、過去の最大記録から+1名更新ということな
ので、普段と比べて劇的に参加者が多いという印象はなく、日本国内からは
私自身も含めて7名の方が参加していました。


■プログラムの構成

全体のプログラム構成はいつもと変わらず、Workshop、Plenary、各種ワーキ
ンググループとBoFにより構成されていました。

各種ワーキンググループで取り扱うテーマは以下の通り、非常に多岐にわたっ
ていました。

  IPv6、Routing、DNS、Policy、Database、ENUM、RIPE NCC Services、EIX、
  EIX(European Internet Exchange Point)、MAT(Measurement Analysis
  and Tools)、Cooperation、Anti-Abuse

すべてをご紹介することは難しいため、本稿ではPlenaryセッションでも活発
な議論が行われた、IPv6とRPKIの動向を中心にご紹介したいと思います。


■IPv6の運用に関する議論

RIPE地域においても、IPv6への本格移行を進める対応を模索しているという
点ではAPNIC地域と共通していると言えそうですが、運用者間で知識や情報を
共有していきましょう、という意識がより強い印象を受けました。

例えば "Speed-Dating"と名付けられた試みでは「IPv6の実務経験がある人=
黒」、「他の人に質問したい人=オレンジ」と参加者のバッジにシールを付け
させて情報交換を行っており、実際どの程度の効果があったのかは不明です
が、情報交換の活性化を図る工夫が見られました。

また、RIPE NCCは地域内の各政府機関との連携をかなり意識的に進めており、
何かIPv6について情報が必要となった場合には、RIPE NCCに問い合わせるよ
うな連携を進めているということです。実際、ドイツ政府の担当者がオブサー
バとしてではなく、RIPE NCCのLIRとなり、ネットワークの運用者として今回
のミーティングで発表をしていたことは、とても興味深い事例だと思いまし
た。

発表内容の傾向としては、IPv6トラフィックの分析、CPEにおける対応状況、
IPv6に関連するIETFの動向の共有、IPv6におけるプライバシーを考えるとい
うBoFも開催され、IPv6化を検討する上で必要な課題が取り上げられていたよ
うに思います。興味深かったトピックスの概要は以下の通りです。

◇トラフィックの分析:

  全世界におけるトラフィックのうち、IPv6対応は0.3%。このうち、ヨーロッ
  パは1%近くあり、全体の中では対応が進んでいる。さらに地域別に見てい
  くと西ヨーロッパだけを切り取ると約8%にも登り、GDPなどの経済の発展
  状況とも連動している傾向が見受けられる。

◇IPv6Dayのレポート:

  AAAA対応をした組織や、IPv6の通信技術(ネイティブ、6to4、6over4、
  Teredo) ごとのトラフィック分析や、IPv4との遅延の比較などが発表され
  ていた。結論としては、ほとんどの場合に違いはなかったが、IPv4よりも
  IPv6 のほうで遅延が起こったというケースが、わずかながら数が上回るこ
  とが確認された。その理由としては、トンネリングではないかとの推測が
  あげられている。

◇"Requirements for IPv6 in ICT Equipment"ドキュメント(RIPE-501):

  ICT機器をIPv6に対応させる上で推奨される仕様をまとめたドキュメントを、
  最新の仕様に対応するよう一部見直し。ドイツ政府は、これを参考にしな
  がら国内における政府機関へのIPv6ネットワークを構築し、その経験をハ
  ンドブックにまとめている。著者はAPNICや他のRIR地域でも文書化するこ
  とも検討中。


■IPv6アドレスポリシーに関する議論

IPv6の最小割り振りサイズの拡張(/32→/29)やIPv6のPI(プロバイダ非依存)
アドレス割り当てにおけるマルチホーム要件の撤廃など、経路広告への影響
も気になるポリシー提案が行われました。IPv6のPI(アドレス)割り当てにお
けるマルチホーム要件の撤廃は、ラストコール期間が終了し、チェアによる
コンセンサスの判断待ちとなっています。

また、現在はポリシーWGチェアからの問題提起に留まっており、提案には至っ
ていませんが、IPv6においてはPAアドレスとPIアドレスの区別をなくすべき
かどうかについての議論が行われ、今後も継続検討される見込みです。

ポリシー策定はRIR単位で行っているため、地域間の違いは尊重されるもので
すが、APNIC地域において、このままRIPE地域と異なる実装で不都合がないの
かを検証する必要性は感じました。個々の提案に関する概要は以下の通りで
す。

◇最小割り振りサイズの拡張:
  Extension of the Minimum Size for IPv6 Initial Allocation (2011-04)
  http://www.ripe.net/ripe/policies/proposals/2011-04

  6rdへの割り振りに対応する必要性があることがきっかけだが、6rdだけを
  特別扱いすることは不公平であるとして、最小割り振りサイズを一律/32か
  ら/29へ拡張するというもの。会場の参加者からは支持する意見が多く、前
  向きに検討する方向で継続議論。他のRIRにおける最小割り振りサイズは
  /32のため、このまま施行するとRIR間で違いが生じる。

◇IPv6のPI(アドレス)割り当てにおけるマルチホーム要件の撤廃:
  Removal of multihomed requirement for IPv6 PI (2011-02)
  http://www.ripe.net/ripe/policies/proposals/2011-02

  現在、PIアドレスの新規割り当ては、マルチホームを行っているネットワー
  クに限定されているが、マルチホームをしていない組織によるPIアドレス
  割り当ての需要に対応するために、この要件を撤廃するというもの。経路
  への影響を懸念する意見が表明されているが、PIアドレスを運用すること
  は楽ではないので、分配ポリシーで制限しなくとも、必要ではない人がわ
  ざわざ取得する可能性は低いとの判断をチェアはしている。

◇PAとPIアドレスの区別をなくすべきか:(問題提起であり、提案ではない)
  http://ripe63.ripe.net/presentations/143-wg3.pdf

  LIRへの割り振りと、LIRを介さないPIアドレスの割り当ての区別をなくし
  て管理するほうがよいのでは、との問題提起がPolicy WGのチェアから行わ
  れ、業務面での影響も含めて議論を開始。すぐに結論の出る性質のもので
  はないが、階層構造による分配を中心とした、現在のIPv6管理体系を大き
  く変えることになる。


■RPKIへの取り組みに関する議論

RPKIはルーティングセキュリティの向上につながるとして、RIRで導入を進め
ているものです。

APNICでもリソース証明書の発行は行っていますが、RIPE NCCはさらに進めて
ROA(Route Origination Authorization)という、実際に経路を制御する上で
利用できるデータの生成まで進めており、RPKIについての認知は、日本も含
めたAPNIC地域とは、大きな開きがある印象を今回受けました。

RIPE NCCの担当者からの情報によると、現在は運用開始から10ヶ月が経過し、
約670組織(会員全体の約10%)がリソース証明書の発行を受けているそうです。

今回は、仮想の接続環境を提供したハンズオンのWorkshop(公式発表では80名
参加)や、PlenaryセッションでのRPKIの施行に伴う課題の議論も行われ、参
加者には、「今知っておかなければいけない動向」として認知されている様
子でした。

一方、RPKIの導入は、発行者による権限の強化につながるなどの社会面での
課題も残されていることから、RIPENCCによるRPKIへの取り組みについては賛
否両論があり、強い懸念を示す会員もいるため、今回のミーティングで会員
投票を行うまでに至りました。

  ・RPKIに対する取り組み全般をRIPE NCCは継続するべきか
  ・RIPE NCCはROAの発行を行うべきか

RIPE NCCではもうROAを発行するシステムの提供まで実際に進めているので、
もしRPKIに関する活動の継続が認められなかったらどうなるのだろうと、人
ごとながら心配していましたが、結果としてはどちらも継続することが決議
されたようです。

参加者に見解を聞くと、現時点で必要性についての結論を出さずにまだ様子
見という雰囲気ですが、ルーティングセキュリティへの対応を検討していく
ことは大切という点については、ある程度の共通認識が得られているようで
す。

RPKIの導入には、前述のような課題も残されており、それらにどう対応でき
るものなのか考えていきましょうという姿勢が、Plenaryセッションにおける
議論の中では見受けられました。


■その他

RIPE NCCのIPv4アドレス在庫はまだ枯渇していないため、在庫枯渇に備えた
IPv4アドレスの管理に関する発表や議論も行われました。

・RIPE地域でもRIR間の移転について検討を開始しました。今後の議論が進み、
  移転を認めることになった場合、APNICと移転できるRIRが増えることにな
  ります。
  http://ripe63.ripe.net/presentations/95-davew-inter-rir-transfers.pdf

・最後の/8在庫から、/16をIXへの分配用にリザーブする提案が行われ、参加
  者からは強い支持の意見が表明されていました。
  Safeguarding future IXPs with IPv4 space (2011-05)
  http://www.ripe.net/ripe/policies/proposals/2011-05


■全体を振り返って

RIPEコミュニティは全体として、IPv4アドレスの在庫枯渇を見据えて、その
先の状況に備えた検討に注力をしているという印象を受けました。

RPKIについても最も具体的な検討が進んでいるレジストリとして、議論の内
容も一歩踏み込んでいたものになっていたように思います。IPv6については、
発表内容を総合すると個別の事例だけではなく、機器の対応状況、運用全体
のトラフィック分析やIETFにおける動向などの全体像を見ることができまし
た。

また、アジェンダには載らない、非公式な"The Secret Working Group"の活
動も相変わらず活発であるらしく、秘密のWGなので残念ながら内容はご紹介
できませんが、今回のClosing Plenaryでも場を盛り上げていました。

プレゼンテーション資料やトランスクリプトに加え、当日の発表をWebキャス
トで見ることもできますので、興味のある内容についてはぜひ直接発表をご
覧になってみてください。

http://ripe63.ripe.net/archives/


■次回のRIPEミーティング

  RIPE 64 - 2012年4月16-20日 - スロベニア共和国・リュブリャナ
  http://ripe64.ripe.net/


     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       わからない用語については、【JPNIC用語集】をご参照ください。
             http://www.nic.ad.jp/ja/tech/glossary.html
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃     ◆◇◆◇◆   本号のご感想をお聞かせください   ◆◇◆◇◆     ┃
┃良かった                                                          ┃
┃→ http://feedback.nic.ad.jp/910/01ffb040c044eb621a7ad20af4ebbada ┃
┃                                                                  ┃
┃悪かった                                                          ┃
┃→ http://feedback.nic.ad.jp/910/202d62dedea76d4f55783736d6619726 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
___________________________________
■■■■■  JPNICの活動はJPNIC会員によって支えられています  ■■■■■
  :::::  会員リスト  :::::  http://www.nic.ad.jp/ja/member/list/
  :::: 会員専用サイト ::::  http://www.nic.ad.jp/member/ (PASSWORD有)
□┓ ━━━  N e w s & V i e w s への会員広告無料掲載実施中 ━━━┏□
┗┛          お問い合わせは  jpnic-news@nic.ad.jp  まで          ┗┛
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
===================================
 JPNIC News & Views vol.910 【臨時号】

 @ 発行         社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター
                 101-0047 東京都千代田区内神田2-3-4 国際興業神田ビル6F
 @ 問い合わせ先   jpnic-news@nic.ad.jp
===================================
___________________________________
           本メールを転載・複製・再配布・引用される際には
       http://www.nic.ad.jp/ja/copyright.html をご確認ください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
登録・削除・変更   http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/
バックナンバー     http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/
___________________________________
■■■■■     News & ViewsはRSS経由でも配信しています!    ■■■■■
::::: http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/index.xml  :::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■■◆                          @ Japan Network Information Center
■■◆                                     @  http://www.nic.ad.jp/
■■

Copyright(C), 2011 Japan Network Information Center
      

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.