メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
===================================
    __
    /P▲        ◆ JPNIC News & Views vol.1039【臨時号】2012.12.11 ◆
  _/NIC
===================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ News & Views vol.1039 です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本号では、vol.1036、vol.1037に続き、第85回IETFのレポート[第3弾]とし
て、IPv6関連WGの動向についてお届けします。

発行済みの全体会議やDNS関連WGの報告については、バックナンバーのページ
に掲載していますので、以下のURLからぜひご覧ください。

□第84回IETF報告 特集
  ○[第1弾] 全体会議報告 (vol.1036)
    http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2012/vol1036.html
  ○[第2弾] DNS関連WG報告 (vol.1037)
    http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2012/vol1037.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 第85回IETF報告 [第3弾]  IPv6関連WG報告
   ~6man WG、softwire WGについて~
NTTサービスインテグレーション基盤研究所 ネットワーク技術SEプロジェクト
                                                              松本存史
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

米国アトランタで開催された第85回IETFでのWGの中で、筆者が会合に参加し
てきたWGの中から、IPv6への移行技術などについて活発な議論が行われてい
る、6manWGとsoftwire WGの二つのWGを取り上げて、議論の内容をご紹介しま
す。


◆ 6man WG (IPv6 Maintenance WG)

6manは、IPv6仕様の軽微なメンテナンスを行うWGです。新たなトピックを含
め、今回のセッションでは、九つのドキュメントについて議論が行われまし
た。そのうち、新規のものやWGアイテム採択が決まったものなどを中心に、
概況をお伝えします。

1. Distributing Address Selection Policy using DHCPv6(DHCPv6を用いた
   アドレス選択ポリシー配布)
   draft-ietf-6man-addr-select-opt-06.txt

この提案は、私どもが提案しているものです。WGLC(WG最終合意確認)を終え、
そこで出た意見などの報告を行いました。本提案は、RFC6724で規定されたホ
ストにおけるIPv6アドレス選択ルールを、ネットワーク側から配布するポリ
シーで変更できるようにするものです。大きな変更を求める意見は無く、ネッ
トワークから受信したポリシーが期限切れになった際に、デフォルトポリシー
に戻すべきなのか、それとも、ポリシーを受信する前に有効であったポリシー
に戻すべきなのか、といった議論の状況が共有されました。本提案のドラフ
トは、エディトリアルな修正の後、次の段階であるIESGレビューへと進む予
定になっています。

2. Efficiency aware IPv6 Neighbor Discovery Optimizations(効率性を考
   慮したIPv6近隣探索最適化)
   draft-chakrabarti-nordmark-6man-efficient-nd-00.txt

6lowpanという、低消費電力でIPv6通信を行う方式を検討するWGにおいて策定
された通信方式を、6lowpan専用のネットワークだけでなく、通常のホストが
存在するようなネットワークにおいても使用できるようにしようという提案
がありました。6lowpan-ndと呼ばれるRFC6775で規定された本方式は、

・定期的なマルチキャストRAを用いない
・DAD(重複アドレス検出)ではなくARO(アドレス登録オプション)を用いる
・マルチキャストNS(近隣要請)を用いない

などの特徴があり、これらによって、消費電力を抑えながらIPv6のローカル
ネットワーク内通信を実現しています。本提案は、ルータが送信するRAにフ
ラグ(Eビット)を付加し、このフラグを用いて、6lowpan-nd対応のネットワー
クであることを通知し、6lowpan-nd対応のホストがAROやユニキャストRS/NS
を用いることで、常時RA/NSメッセージを受信する必要なく動作することを可
能にしようというものです。

しかし、6manでのセッションでは、興味を持った参加者が少なかったのか、
マイクでの議論も無く、WGアイテムとして採用するかどうかという問いかけ
に対しても、ほんの数名程度が賛成するにとどまりました。今後、MLで議論
を継続することになっています。

3. IPv6 RA Options for Multiple Interface Next Hop Routes(複数インタ
   フェースで複数のネクストホップ経路を扱えるIPv6 RAオプション)
   draft-sarikaya-mif-6man-ra-route-01.txt

RFC4191では、RAに経路情報を含めるオプションが規定されていますが、ここ
にネクストホップのアドレスを記述することはできず、RAの送信元のアドレ
スがネクストホップとして利用されることになっています。この仕様では、
RAを送信するルータ以外のルータをネクストホップとするような経路を配る
ことができないため、RFC4191を拡張し、ネクストホップ情報を記述できるよ
うにしようという提案がありました。

セッションで挙げられた意見としては、現在RFC4191で実現できているfate 
sharingが損なわれる、つまりルータがダウンした場合に経路も広告されなく
なるので、ルータの死活と経路の死活が連動する、という特性が損なわれて
しまうというものや、他のネクストホップの経路を広告するのではなく、他
のネクストホップに経路広告を促すようなメッセージを規定した方がいいの
ではないか、などがありました。本提案はWGアイテム採択の挙手は行われず
に継続議論となりました。

4. Prefix Delegation extension to Neighbor Discovery protocol(近隣探
   索プロトコルへのプリフィクス配布拡張)
   draft-kaiser-nd-pd-00.txt

現在、プリフィクスの配布はDHCPv6を用いる方式が規定されていますが、ND
(近隣探索)を用いてこれをできるようにしようという提案がありました。ND
を用いることの利点としては、DHCPv6の実装はまだ広く普及していないがND
は普及していること、やり取りするメッセージ数が4個ではなく2個で良いた
め、速く設定が完了すること、などが挙げられました。会場からの反応とし
ては、DHCPv6のrapid commit(急速コミット)を用いることで、やり取りする
メッセージ数は同じく減らせるはずだ、セキュリティを考慮すればメッセー
ジ数は減らせないのではないか、などの意見がありました。本提案も会場で
の挙手をすること無く、継続議論となっています。


◆ softwire WG

softwireは、IPトンネルを用いてアクセス網などのネットワークを構成する
技術を扱うWGですが、ここ数年はもっぱら、ISPなどのアクセス網における
IPv4アドレス在庫枯渇対策・IPv6移行促進技術についての議論がメインのト
ピックとなっています。

1. Mapping of Address and Port with Encapsulation (MAP-E)(カプセル化
   を用いたアドレスとポートのマッピング(MAP-E))
   draft-ietf-softwire-map-02.txt

前回のIETFミーティングにおいて、MAP-Tや4rdなどの競合方式よりも多くの
支持を集め、MAP-Eはスタンダード、MAP-Tおよび4rdはエクスペリメンタル
(実験的)な寄書とすることが決まりました。今回のMAP-Eの発表では、MAP-E
の寄書に関する各種論点を「issue tracker」というウェブツールを用いて管
理しており、その状況について報告がありました。issueのほとんどは、仕様
に変更をもたらすものではなく、文章の記述の修正で済むようなものでした。
アドレスとポートマッピングのアルゴリズムについては、複雑であるという
問題点が指摘されており、仕様を単純化することも含めて検討されましたが、
設定や用途の柔軟性を犠牲にすることになるため、文書の記述を見直すという
意見が出されました。今後、今回議論された修正を盛り込んだ改版をもって、
WGLCが行われる見込みです。

2. Lightweight 4over6: An Extension to the DS-Lite Architecture(軽量
   IPv4オーバーIPv6:DS-Liteアーキテクチャへの拡張)
   draft-cui-softwire-b4-translated-ds-lite-09.txt

今回のsoftwireのセッションで、大きな議論が行われたのが本提案でした。
DS-Liteでは、AFTRと呼ばれる網側のトンネル終端装置においてNATを行うた
め、フロー単位のセッション情報をここで保持することになります。本発表
では、ユーザーごとにアドレスとポート範囲を割り当て、NAT機能をB4と呼ば
れるユーザー側のトンネル終端装置に移動させ、網側ではセッション情報を
保持せず、どのユーザーにどのアドレスとポート範囲を割り当てたか、とい
う情報のみを管理する、という方式を提案しました。利点としては、網側の
装置をステートレスにするというMAP-E/MAP-T/4rdなどの方式と類似点が多
く、これらの方式との差別化ポイントとしては、ユーザーごとにアドレスや
ポート数などを個別設定したり、変更したりすることが容易であること、ま
た1ユーザーに1アドレスを割り当てる、1:1モードと呼ばれる設定に関して
は、MAP-E等の方式のような複雑さが軽減される、といったことが主張されま
した。

会場からは、

・MAP-EやMAP-Tの方式は複雑ではなくMAP-Eの1:1モードで良いのではないか
・柔軟性と拡張性は二律背反にあり、すべてのユーザーのニーズに合うよう
  に方式をカスタマイズすることは現実的ではない
・同じ問題を解くための方法は一つにするべきだ

などの意見があり、最後にはArea Directorからの提案で、MAP-Eを拡張する
ことで、このLightweight 4over6が解こうとしている問題を解くことができ
ないのかどうかを集中的に検討しよう、ということになりました。前回のIETF
ミーティングで決着したかに見えたステートレスIPv4 over IPv6通信方式で
すが、今回の議論により、もう少し標準化に時間を要する可能性も出てきま
した。


     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       わからない用語については、【JPNIC用語集】をご参照ください。
             http://www.nic.ad.jp/ja/tech/glossary.html
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃     ◆◇◆◇◆   本号のご感想をお聞かせください   ◆◇◆◇◆     ┃
┃良かった                                                          ┃
┃→ http://feedback.nic.ad.jp/1039/f18dccac1d65f49f877900508dd61c0d┃
┃                                                                  ┃
┃悪かった                                                          ┃
┃→ http://feedback.nic.ad.jp/1039/66b76514458d6753eaa0842123ee553c┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
___________________________________
■■■■■  JPNICの活動はJPNIC会員によって支えられています  ■■■■■
  :::::  会員リスト  :::::  http://www.nic.ad.jp/ja/member/list/
  :::: 会員専用サイト ::::  http://www.nic.ad.jp/member/ (PASSWORD有)
□┓ ━━━  N e w s & V i e w s への会員広告無料掲載実施中 ━━━┏□
┗┛          お問い合わせは  jpnic-news@nic.ad.jp  まで          ┗┛
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
===================================
 JPNIC News & Views vol.1039 【臨時号】

 @ 発行         社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター
                 101-0047 東京都千代田区内神田3-6-2
                          アーバンネット神田ビル4F
 @ 問い合わせ先   jpnic-news@nic.ad.jp
===================================
___________________________________
           本メールを転載・複製・再配布・引用される際には
       http://www.nic.ad.jp/ja/copyright.html をご確認ください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
登録・削除・変更   http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/
バックナンバー     http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/
___________________________________
■■■■■     News & ViewsはRSS経由でも配信しています!    ■■■■■
::::: http://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/index.xml  :::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■■◆                          @ Japan Network Information Center
■■◆                                     @  http://www.nic.ad.jp/
■■

Copyright(C), 2012 Japan Network Information Center
      

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.