メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ
===================================
    __
    /P▲        ◆ JPNIC News & Views vol.1288【臨時号】2015.3.23 ◆
  _/NIC
===================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ News & Views vol.1288 です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

JPNICは、APRICOTカンファレンスが日本で10年ぶりに開催されるということ、
また今回の会合はAPAN会合とも同時開催になるということもあり、日本におけ
る実行委員会メンバーの一員として、このAPRICOT-APAN 2015カンファレンス
の開催前から、このメールマガジンで、その魅力をお伝えしてきました。

  APRICOT-APAN 2015関連記事
  https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/apricot-apan-2015.html

その締めくくりとして、本号から、実際の会合がどうだったか、さまざまな角
度から連載でお伝えします。最初の報告は、会合全体についてのご報告です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ APRICOT 2015/APNIC 39カンファレンス報告 [第1弾] 全体報告
                                   JPNIC インターネット推進部 坂口康子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2015年2月24日(火)から3月6日(金)まで、福岡にてAPRICOT 2015/APNIC 39カ
ンファレンスが開催されました。海外主催組織であるAPIA (Asia Pacific
Internet Association)の速報によると、54の国と地域から835名が参加した
そうです。近年、APRICOTの参加者数は600~700名ほどであることが多く、今
回は例年より多くの方が参加しました。詳しくは後述しますが、「APAN 39」
という会合との同時開催だったためと考えられます。


■10年ぶりの日本開催とAPAN会合との同時開催

今回のAPRICOT/APNICカンファレンスには、今回ならではの特徴が二つありま
した。

1点目は、何と言っても日本で開催されたことです。APRICOT/APNICカンファ
レンスはアジア太平洋地域内で定期的に、開催地を変えながら行われている
会合です。前回の日本開催は2005年、京都でのAPRICOT 2005ですから、実に
10年ぶりにAPRICOTが日本にやってきたことなります。

もう一つは、APAN (Asia-Pacific Advanced Network)会合との同時開催です。
APANはアジア太平洋地域における、学術ネットワークプロジェクトの相互接
続を調整する団体です。研修成果の発表などを目的に、APRICOTと同様にアジ
ア太平洋の各国・各地域で定期的に会合を開いています。開催頻度は年に2回、
そのうち毎年1月下旬から3月上旬の時期に行われている会合が、APRICOTの開
催時期と近いことなどから、2011年に香港で初めて共同開催され、過去最高
の約1,200名の参加者を集めました。4年経った今でも、そのときの盛り上が
りが関係者間で話題になることは多く、まさに「伝説の会合」となりました。

香港の成功に刺激を受け、日本でもAPRICOT/APNICカンファレンスとAPAN会合
の共同開催「APRICOT-APAN 2015」を実現すべく、JPNICを含む関係者が準備
を進めてきたのは、以前このメールマガジンでJPNICの前村昌紀がご紹介した
通りです。

  ・JPNIC News & Views vol.1250 特集 
    「福岡にきんしゃい!「APRICOT-APAN 2015 福岡会合」へのお誘い」
     https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2014/vol1250.html#feature


■開催形態‐ワークショップとカンファレンス

APRICOT-APAN 2015は、大きく前半のワークショップと後半のカンファレンス
に分かれます。

2月28日(土)までのワークショップは、JR博多駅の駅ビル内にあるJR博多シティ
会議室で行われました。会議室を一歩出るとそこは数年前にできた駅ビルの
レストラン街、1階下にはシネコンもあり、参加者は誘惑と戦うのが大変だっ
たかもしれません。DNS/DNSSEC、Advanced BGP、セキュリティなど五つのク
ラスが開講され、1クラス20名前後の少人数制で、参加者が自ら持ち込んだ
PCを使用してのハンズオンなどが行われました。

3月2日(月)からのカンファレンスは、博多駅からバスで約10分の福岡国際会
議場に会場が移ります。ここからは参加者も大きく増え、5階建ての施設を全
館貸し切っての会合が行われました。会場のすぐ裏は博多湾で、晴れた日に
は海がキラキラと輝く風景が見え、一方で天気が悪い日には海風が冷たく、
福岡が日本海側に位置することを実感させられました。


■APRICOTとAPANの共同セッション:
  Opening Ceremony & PlenaryとClosing Plenary

カンファレンス期間中はAPRICOT 2015、APAN 39、APNIC 39のセッションが並
行して複数、多いときには9セッションも走っていて、参加者は自分の興味に
応じて各セッション会場に散らばっていました。しかしながら一つのセッショ
ンしか開催されない、APRICOT-APAN 2015の参加者が一つの会場に集まる時間
帯が2回ありました。それが以下にご紹介する二つのPlenary(全体会合)です。

◇ Opening Ceremony & Plenary

1回目はカンファレンス初日(3月2日)の「Opening Ceremony & Plenary」です。

はじめに各主催団体代表の挨拶が行われました。APANは理事会議長の
Sureswaran Ramadass氏、APRICOTの主催団体であるAPIAは理事会議長の
Philip Smith氏、APNICは事務局長のPaul Wilson氏、そして最後にホストと
してAPRICOT-APAN 2015日本実行委員会委員長の細谷僚一氏が登壇しました。
4人全員が共通して触れたのは、またAPRICOTとAPANを共同開催できる喜び、
そしてこれから始まるカンファレンスへの期待感でした。Philip Smith氏か
らは、今回が20回目のAPRICOTであること、そして10回目のAPRICOTも日本開
催(APRICOT 2005、京都)だったという不思議な巡り合わせが紹介されました。
10年も先のことですが、「もしかしたら30回目のAPRICOTも!?」と思わずには
いられない、日本からの参加者も多かったのではないでしょうか。

その後はハワイ大学のDavid Lassner氏とICANNのElise Gerich氏による基調
講演が行われました。Lassner氏からは太平洋の島々における研究ネットワー
クに関する活動が紹介され、Gerich氏はインターネット資源管理の仕組みが
作られた1980年代の出来事を自らの経験を交えて語りました。Elise Gerich
氏の言葉を借りると、Lassner氏が未来を語り、Gerich氏が過去を振り返ると
いう、興味深い組み合わせとなった2本の基調講演でした。

◇ Closing Plenary

カンファレンス最終日である木曜日(3月5日)には、Closing Plenaryが行われ、
再び全参加者が大きなホールに集まりました。招待講演では、東京大学の早
野龍吾教授が、東日本大震災および福島第一原発の事故から私たちが何を学
んだのかを解説すると共に、原子物理学者の立場から、心配すべきは事故の
科学的な影響よりも心理的な影響であることが示されました。

最後には再び各主催団体からの挨拶がありました。Sureswaran Ramadass氏は、
設立から20年が経ちメンバーが増えた今でも変わらないAPANの精神を"APAN
is you."というフレーズで表現し、APNIC理事会の議長でJPNICの前村昌紀は
「福岡にまたきんしゃい!」という言葉で会を締めくくりました。


■レセプションも共同で

プレナリーセッション以外にもう一つ、APRICOTとAPANが合同で行ったのがレ
セプションです。カンファレンス初日と最終日の夜に、それぞれ福岡国際会
議場とホテルオークラ福岡で行われました。

どちらとも多くの方が参加し、特に初日は人と人の間をすり抜けるようにし
ないと会場内を移動できないほどの賑わいでした。会の中ほどでは、博多の
伝統芸能である、和太鼓と獅子舞、和楽器の演奏、博多独楽(コマ)、博多芸
妓の余興が行われました。特に博多独楽は外国人参加者の心を捉えたようで、
カメラやスマートフォン、タブレットを構えてステージ付近に集まった方々
は最後までその場を離れず、最後にロープを伝ったコマがくす玉を割った瞬
間には大きな歓声が上がりました。会の様子はAPNICのBlogに写真付きで紹介
されています。

  ・APRICOT 2015: Arigato Fukuoka!
    http://blog.apnic.net/2015/03/09/apricot-2015-arigato-fukuoka/


■APRICOT-APAN 2015を振り返って

会期中は「前回参加したAPRICOTよりも人が多いな」くらいにしか感じていな
かったAPRICOTとAPAN会合の共同開催ですが、最終日に初めてAPAN側のセッショ
ン(APAN General Assembly)に参加してみて気付いたことがありました。

JPNICは期間中、APRICOT/APNICカンファレンスのセッションが開催される会
場付近にブースを出していましたが、そこに来てくださった方、熱心に話を
聞いてくださった方、パネルをご覧になっていた方、写真を撮らせていただ
いた方、パンフレットを受け取ってくださった方の中にはAPANの方々(=共同
開催でなければ出会えなかった方々)も、実は多くいらっしゃったということ
です。私が想像していた以上に、会場内ではAPRICOT/APNICカンファレンス側
とAPAN側の間で、人の行き来は活発に行われていたようです。それに最後の
最後で気付いたことを少しもったいなく感じ、時間を巻き戻したいと思うと
同時に、APRICOT-APAN 2015の大きさをあらためて感じた最終日でした。

           ◇                       ◇                  ◇

次回のAPRICOT、APNICカンファレンス、APAN会合はそれぞれ以下の日程で開
催されます。

  [APRICOT 2016] 2016年2月16日~26日、オークランド(ニュージーランド)
  [APNIC 40]     2015年9月3日~10日、ジャカルタ(インドネシア)
  [APAN 40]      2015年8月10日~14日、クアラルンプール(マレーシア)


     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       わからない用語については、【JPNIC用語集】をご参照ください。
             https://www.nic.ad.jp/ja/tech/glossary.html
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃     ◆◇◆◇◆   本号のご感想をお聞かせください   ◆◇◆◇◆     ┃
┃良かった                                                          ┃
┃→ http://feedback.nic.ad.jp/1288/ad754eb5da7d5043266692b64959cede┃
┃                                                                  ┃
┃悪かった                                                          ┃
┃→ http://feedback.nic.ad.jp/1288/0a09da0e5a4a2ceabd63adef53b29ffd┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
___________________________________
■■■■■  JPNICの活動はJPNIC会員によって支えられています  ■■■■■
  :::::  会員リスト  ::::: https://www.nic.ad.jp/ja/member/list/
  :::: 会員専用サイト :::: https://www.nic.ad.jp/member/ (PASSWORD有)
□┓ ━━━  N e w s & V i e w s への会員広告無料掲載実施中 ━━━┏□
┗┛          お問い合わせは  jpnic-news@nic.ad.jp  まで          ┗┛
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
===================================
 JPNIC News & Views vol.1288 【臨時号】

 @ 発行  一般社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター
          101-0047 東京都千代田区内神田3-6-2 アーバンネット神田ビル4F
 @ 問い合わせ先  jpnic-news@nic.ad.jp
===================================
___________________________________
            本メールを転載・複製・再配布・引用される際には
        https://www.nic.ad.jp/ja/copyright.html をご確認ください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
登録・削除・変更   https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/
バックナンバー     https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/
___________________________________
■■■■■     News & ViewsはRSS経由でも配信しています!    ■■■■■
::::: https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/index.xml :::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■■◆                          @ Japan Network Information Center
■■◆                                     @  https://www.nic.ad.jp/
■■

Copyright(C), 2015 Japan Network Information Center
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。