メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    __
    /P▲        ◆ JPNIC News & Views vol.1619【臨時号】2018.8.30 ◆
  _/NIC
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ News & Views vol.1619 です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年7月中旬にカナダ・モントリオールで開催された第102回IETFミーティ
ングのレポートを、vol.1614より連載にてお届けしています。

連載の最終回となる本号では、IPv6関連WG報告の後半として、IPv6を運用す
る上での課題を主に議論している、6ops WGでの議論の動向を中心にご紹介し
ます。また文末では、本報告の筆者である西塚氏が提案されている、DDoS対
策の組織間連携を自動化するための、DOTS (DDoS Open Threat Signaling) 
WGの状況もご報告します。

これまでに発行した第102回IETFの各報告については、下記のURLからバック
ナンバーをご覧ください。

  □第102回IETF報告

    ○[第1弾] 全体会議報告 (vol.1614)
    https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2018/vol1614.html

    ○[第2弾] セキュリティエリア関連報告 ~TRANS WGにおけるCTに関する
              議論について~ (vol.1615)
    https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2018/vol1615.html

    ○[第3弾] IoT関連報告 (vol.1617)
    https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2018/vol1617.html

    ○[第4弾] IPv6関連WG報告(前半) ~6man WG~ (vol.1618)
    https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/2018/vol1618.html

また、本会合のオンサイトでの報告会を、明日8月31日(金)に東京・青山学院
大学にて開催します。参加登録は本日30日(木)の17:00までとなっていますの
で、まだの方は急いでお申し込みください。

  IETF報告会(102ndモントリオール)開催のご案内
  https://www.nic.ad.jp/ja/topics/2018/20180803-01.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 第102回IETF報告 [第5弾]  IPv6関連WG報告(後半) ~v6ops WG/dots WG~
                                NTTコミュニケーションズ株式会社 西塚要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今号では、前号での6man WGの報告に引き続き、v6ops WGについて報告しま
す。

また最後に、IPv6の内容ではありませんが、筆者が提案活動を行っているdots
WGについても簡単に報告します。


■ v6ops WG (IPv6 Operations, Ops Area)

v6ops WGはIPv6を全世界に展開するにあたっての緊急の課題、特に運用上の
課題に対処することに焦点を当てたWGです。また、新しいネットワークや既
存のIPv4ネットワークにIPv6を導入するためのガイドラインや、IPv4/IPv6共
存ネットワークの運用ガイドラインを作成することも目的としています。

今回は木曜午後と金曜午前の2コマが割り当てられました。木曜午後のセッ
ションでは、ホテル一帯が20分程度停電するというアクシデントがありまし
た。停電の間、議論を止めたWGもあったようですが、v6ops WGにおいては、
ホテルの非常電源の暗い中でもマイク(といっても電源は入っていないです
が)に並んで活発に議論がされました。

  (1)ゲストプレゼンテーション

    APNICのGeorge Michaelson氏から、「World IPv6 Trends」と題して、世
    界のIPv6普及状況に関するプレゼンテーションがありました。

    ウェブ広告を利用して、IPv6で通信可能なユーザーの割合を割り出した
    ところ、全世界で18%がすでにIPv6利用可能と示唆されました。そして、
    平均の18%よりも普及率が高い国と、低い国に分けて、経済規模(GDP)と
    の相関などが分析されました。また、国ごとの統計では、少数の支配的
    なISPに占められている国では、そのISPがIPv6対応しているかどうかに
    よって普及率が大きく左右されるという分析がされました。

    しかし、統計の正確さについて、多くの参加者から疑問が投げられまし
    た。例えば、中国からの参加者は「もっと中国の普及率は高いはずだ」
    と物言いがあり、APNICからは「もっと情報提供に協力してほしい」と要
    望を伝えるという一幕もありました。

    プレゼンテーションの最後には、(ポジショントーク的ですが)IPv6への
    経済的な投資は効率的であるという結論が導かれていました。


 (2)WGドラフト

  (2)-1. Requirements for IPv6 Routers
         <draft-ietf-v6ops-ipv6rtr-reqs>

    IPv6対応ルータへの要求事項をまとめたドラフトです。前回と異なり、
    著者自身がプレゼンテーションを実施しました。必要と思われる機能を
    複数のプロバイダにヒアリングしたと言っており、プロバイダへのガイ
    ダンスとして有用なものになっています。しかし、議論がいまだ活発で
    あることから、チェアからは引き続き議論すべきと指示されました。

  (2)-2. Requirements for IPv6 Customer Edge Routers to Support IPv4 
         Connectivity as-a-Service
         <draft-ietf-v6ops-transition-ipv4aas>

    IPv4 as a Service (IPv4aaS)として、IPv4 over IPv6機能を提供する
    CPEについての要求事項をまとめたドラフトです。特に464XLAT、
    DS-Lite、MAP-E、MAP-T、Lw4o6について個別の要求事項が書かれている
    ほか、これらに共通する機能(ディプロイメントなど)についての要求事
    項もまとまっており、好意的に受け止められていました。

    DHCPv6でCPEにIPv4 over IPv6機能をディプロイする際に、上記の個別技
    術のうち、464XLATだけがコードポイントが割り当てられていないため、
    それをIANAに要求する内容も含められています。

    LAN側のアドレス帯について、/64に限定しない書き方に現状なっていま
    すが、MLで継続議論となっています。WGLCとすべきか、というハミング
    については、賛成半数、まだ十分でない半数、という状況で、ドラフト
    を精査する人員を2人以上アサインしました。

    IPv4 over IPv6機能が増えてしまうと、CPEメーカーに対応コストが上乗
    せされてしまうという問題点が指摘されましたが、ガイドラインとして
    本ドラフトは有用であると捉えられています。

  (2)-3. NAT64/464XLAT Deployment Guidelines in Operator and 
         Enterprise Networks <draft-ietf-v6ops-nat64-deployment>

    企業ネットワークにおいて、NAT64/464XLATを利用するガイドラインをま
    とめたドラフトです。パブリックDNSを利用している端末についてのケア
    が明記されているべきという指摘がチェアからありましたが、あまり議
    論は起こらず、ドラフトを精査する人員を2人アサインしただけで、継続
    議論となりました。


 (3)個人ドラフト

    個人ドラフトとして4件の発表がありました。ここでは1件を取り上げて
    報告いたします。

  (3)-1. Discovering PREF64 in Router Advertisements
         <draft-pref64folks-6man-ra-pref64>

    NAT64のアドレス(PREF64)のディスカバリとしてRAを使う方法の提案で
    す。464XLATや、NAT64配下でのIPv4アドレスリテラルでのアクセスでは、
    DNS64を用いないためDNSに依存しない形でPREF64を得る必要があります。
    PREF64は環境によって異なるので、端末にどのように設定するのか、が
    問題になっています。そのため、本ドラフトは、LAN内の設定は信頼でき
    るとしてRAによって与えることを提案しています。

    DNSに依存しないことで、DNS64とDNSSECの相性問題も解決できるとして
    います。また、RFC6052<https://tools.ietf.org/html/rfc6052> (IPv6
    Addressing of IPv4/IPv6 Translators)に定義されたNAT64自体は、さま
    ざまなprefix長での変換を許容していますが、本提案は/96のアドレスだ
    けサポートするとしています(32bitのIPv4アドレスが埋め込まれるので、
    残りの/96を渡します)。

    本ドラフトは好意的に受け止められました。関連して、DNS64をディスカ
    バリする方法を決めている
    RFC7050<https://tools.ietf.org/html/rfc7050> (Discovery of the
    IPv6 Prefix Used for IPv6 Address Synthesis)は問題を多く抱えてい
    るとして、こちらも今後議論すべきだという意見がでました。


■dots WG

筆者は、DDoS対策の組織間連携の自動化を実現するDOTS (DDoS Open Threat
Signaling)プロトコルの策定に、WG設立当初(2015年6月)より関わっていま
す。前回からのアップデートとして、コアな仕様を定めたシグナルチャンネ
ルドラフトが2回目のWGLC、データチャンネルドラフトが1回目のWGLCがかかっ
ていることを報告します。WGメンバが精力的に活動しておりますので、標準
化過程として、今年中のRFC化も実現可能かもしれません。商用での利用に向
けて、実証実験が進むことに期待しています。

              ◇                ◇                ◇

次回の第103回IETFミーティングは、2018年11月3日(土)から9日(金)にかけ
て、タイのバンコクにて開催されます。

    IETF 103 Bangkok
    https://www.ietf.org/how/meetings/103/


     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
           まわりの方にもぜひNew & Viewsをオススメください!
      転送にあたっての注意や新規登録については文末をご覧ください。
                  ◇              ◇              ◇
       わからない用語については、【JPNIC用語集】をご参照ください。
             https://www.nic.ad.jp/ja/tech/glossary.html
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃     ◆◇◆◇◆   本号のご感想をお聞かせください   ◆◇◆◇◆     ┃
┃良かった                                                          ┃
┃  http://feedback.nic.ad.jp/1619/4bf89cd31920aba1a9b6502c35052783 ┃
┃                                                                  ┃
┃悪かった                                                          ┃
┃  http://feedback.nic.ad.jp/1619/022d6121acc9a2d2db911613cca07640 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
___________________________________
■■■■■  JPNICの活動はJPNIC会員によって支えられています  ■■■■■
  :::::  会員リスト  ::::: https://www.nic.ad.jp/ja/member/list/
  :::: 会員専用サイト :::: https://www.nic.ad.jp/member/ (PASSWORD有)
□┓ ━━━  N e w s & V i e w s への会員広告無料掲載実施中 ━━━┏□
┗┛          お問い合わせは  jpnic-news@nic.ad.jp  まで          ┗┛
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 JPNIC News & Views vol.1619 【臨時号】

 @ 発行  一般社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター
          101-0047 東京都千代田区内神田3-6-2 アーバンネット神田ビル4F
 @ 問い合わせ先  jpnic-news@nic.ad.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
___________________________________
            本メールを転載・複製・再配布・引用される際には
        https://www.nic.ad.jp/ja/copyright.html をご確認ください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ◇ JPNIC Webにも掲載していますので、情報共有にご活用ください ◇
登録・削除・変更   https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/
バックナンバー     https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/
___________________________________
■■■■■     News & ViewsはRSS経由でも配信しています!    ■■■■■
::::: https://www.nic.ad.jp/ja/mailmagazine/backnumber/index.xml :::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■■◆                          @ Japan Network Information Center
■■◆                                     @  https://www.nic.ad.jp/
■■

Copyright(C), 2018 Japan Network Information Center
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

▲頁先頭へ