メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 2 】News & Views Column 「インターネットとリサーチ」
                                         JPNIC IRR専門家チームメンバー
                                                        東京大学大学院
                                                              長橋賢吾
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4月からとある大学で「リサーチの基礎」という授業を大学2年生向けに、非常
勤講師として担当していますが、はじめにリサーチとは何か? 聞いてみまし
た。ほとんどの学生は、調査して何かを生み出す、調べたものを論文にしてま
とめる、難しいもの、といったイメージを挙げていました。では、リサーチと
は一体どういったものでしょうか?

物理学者のR.ファインマンは、「数学や物理というのは神様のやっているチェ
スを横から眺めて、そこにどんなルールがあるのか、どんな美しい法則がある
のか、探していくことだ」と述べています。私はこれを一歩進めて、リサーチ
とは一編の探偵小説を書くようなもの、だと思っています。どんな探偵でも根
拠なしに犯人を見つけ出せません。中には天才的な勘を駆使して、直感的に犯
人を見つけ出す場合もあるかもしれません。しかし、そこにも必ずなぜ彼・彼
女が犯人なのか? という根拠が含まれています。良質な探偵物語ほど、その
「なぜ?」を追いかける根拠、およびそれに至るプロセスが巧みに描かれてい
ると思います。そして、この「なぜ?」は、数学、物理などすべてのリサーチ
に共通していると感じています。

私はインターネットに関するリサーチに従事しており、インターネットのリサー
チに関してもこれと全く同様のことが言えると思います。現在私は自律システ
ム(AS)をまたぐルーティングについて調査しています。このルーティングは、
BGP(*)と呼ばれる10年以上も前に策定されたプロトコルを利用していますが、
さまざまな問題が指摘されています。では、多くの問題が指摘されつつBGPが
ここまで利用されているのはなぜでしょうか? 私はその原因(犯人!?)を
インターネットの大規模ISPを頂点とした階層的なトポロジーにあると推定し
ています。つまり、小規模なサイトがBGPで問題をおこしても、大規模ISPによっ
てその影響が吸収されるのではないかと思っています。

残念ながら(?)、この探偵物語はまだ途中であって完結していません。しか
し大事なことは、どんなもの・ことでも「なぜ?」を追求することだと思いま
す。探偵物語でも「なぜ?」がなければ物語が進みません。リサーチでも「な
ぜ?」がなければ事実をまとめただけのレポートで終わってしまいます。リサー
チという形式にとらわれることなく、「なぜ?」を追求する姿勢が大切だと思
います。

(*) BGP:【 3 】インターネット用語1分解説「BGPとは」をご参照ください

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.