メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 2 】News & Views Column
       「富豪的ネットワーク with IPv6」
                                   富豪的ネットワーク家 すずきひろのぶ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                           
増井俊之氏の提唱する富豪的プログラミングにあやかり、富豪的ネットワーク
というのを考えてみた。ネットワークバンド幅をじゃぶじゃぶ使うというのは
ISPがいい顔をしないので、ここではIPv6における富豪的ネットワークの実践
を考えてみたい。

私の回りのネットワーク環境は、既にIPv6が中心となっている。もちろん外部
ともIPv6で接続されていて、外に出た時でもIPv6が使える環境であればアクセ
スできる。アメリカに出張した時、現地の大学のネットワークからIPv6で自分
のオフィスにあるマシンに直接アクセスした時は、思わずデジャブ感を覚え
た。

昔懐かしいインターネットでは、全てのマシンには今で言うところのグローバ
ルアドレスが割り当てられており、世界中どこからでもアクセスされるべきマ
シンはアクセスできたものだ。あの頃はスタンフォード大学はたしか/8を持っ
ており、個人でも/24を抱えていたりしていた。本来インターネットは富豪的
なのである。その後、紆余曲折あって、NATが一般的になってしまった。この
ような環境は、本来富豪的であったインターネットの姿とは言えない。

昔に戻ったとは言うけれど、IPv6の広大なIPアドレス空間を手にしてみると、
人間とは何か新しい富豪的なことをやりたくなるものだ。昨今は仮想マシンモ
ニタXenがある。もちろん私のところでもXenを使って複数のカーネルを動か
し、当然IPv6で運用している。さらにサーバ・デーモン用に、それに対応する
IPv6のアドレスを個々に割り当てている。

同一ネットワーク上であれば、サーバ環境を別のカーネル上に引越ししてもIP
アドレスはついて回る。まさにインタフェースIDである。このような環境で
は、ポート番号は「あんなのは飾りです(以下省略)」的な状態である。いくら
でもIPアドレスを消費できることをいいことに、こんな具合にガンガンIPアド
レスを割り振っている。と言っても、IPアドレス空間の広さからみれば使って
いないに等しいようなものだが。

IPv4のアドレス枯渇のためにIPv6が必要であると言う。そうではない。富豪的
に、どんどんIPアドレスを消費するから枯渇するのである。したがって、非富
豪的な使い方をしていれば、いつまでもIPアドレスなど枯渇などしないのでは
ないかと思う。

というわけで、IPv6で富豪的ネットワークを試すのも、やってみるとなかなか
面白い。もちろん、もっといろいろな富豪的なアプローチがあるはずである。
ぜひみんなも新しいアイデアで挑戦してほしい。

■ 著者略歴

すずきひろのぶ  (URL: すずきひろのぶ.jp)

1985年(株)SRA入社。開発部門を経て同社ソフトウェア工学研究所へ移動。
UNIX、ネットワーク系システム開発、ネットワーク・トラフィックの研究、ソ
フトウェア品質の研究などを行う。1996年にコンサルタントとして独立。現
在、早期攻撃広域警戒システムWCLSCANの研究を行っている。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.