メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
								  1995/09/29
								  資料2-8

			INTL-WG 報告


APNICの新会費制度は本年9月1日からスタートする予定であったが、来年1月の
APNIC会合(シンガポール)まで延期された。下記にホノルルにおけるAPNIC会合
で合意された「会費」の表を掲げる。

Start Up Fee (one time):        US $1,000.00

Internet Service Provider Registries:
        Large:                  US $10,000/year
        Medium:                 US $5,000/year
        Small:                  US $2,500/year

Enterprise Registries:          US $1,500/year

来年1月までの間は従来のdonationモデルで資金の調達をすることになる。ホ
ノルル以前にAPNICに資金を提供したのは、日本インターネット協会(IAJ)から
の100万円、JPNICからの200万円だけであった。現在のAPNICの見積では今後、
次のような資金が提供されると見込まれている。

各機関・会社の内部での処理が進んでいるもの5件。
($10,000が3件、$2,500が2件)                            ---- US $35,000

問い合せがAPNICに寄せられているケースが全部うまく
行くと仮定すれば($10,000が2件、$5,000が1件)さらに      ---- US $25,000

APNICのdirectorのDavid R. Conrad氏によれば、上の資金(推定に幅がある)に
よって、シンガポールの集会までは運用に支障はないだろうと見ている。ただ
し下段の数字については楽観が許されないのも事実である。

[審議事項]補正予算に関する討議の中で、APNICに対する追加の拠出について
            審議をお願いしたい。
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.