メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
							1997/01/21 運営委員会
							資料 2-8
			障害報告
		(1996年11月23日~1997年1月20日)

障害発生日
-----------------------------------------------------------------------------
96/12/02 17:05	ns1 で mail の無限ループ発生

  現象: From: emergency@nic.ad.jp のメイルに Cc: emergency@nic.ad.jp
         を付けたために無限ループ発生
  対策: ns1 の sendmail を kill,
	 emergency@nic.ad.jp の自動応答スクリプトを修正

96/12/04 19:16	home2 の / が disk full

  現象: ドメイン申請処理プログラムが、巨大なメイルを生成し、 /tmp を
         溢れさせた
  対策: ドメイン申請処理プログラムの修正を行なった。
         /etc/rc.local の mount /tmp を有効にして reboot した。

96/12/12 16:20	home1 のプロセステーブルが溢れる

  現象: データベースの更新申請が大量に来た。その申請をDB-INのプログラムが
        自動的に処理するので、プロセスが大量になってしまう。
  対策: /var/spool/mqueue を一時的に退避させ reboot し、順次処理した。

96/12/13 3:00	home1 outof memoryの表示

  現象: ドメイン申請処理プログラムから大量のメール(個人情報の登録)を、
        データベースシステムに送った。プロセスが大量になってしまった。
  対策1: /var/spool/mqueue を一時的に退避させ reboot し、順次処理した。
  対策2: データベースのプログラムに lock のルーチンを組み込んだ。

96/12/19 14:00	home1 のプロセステーブルが溢れる
96/12/19 15:00	home1 のプロセステーブルが溢れる

  現象: ドメイン申請処理プログラムから大量のメール(個人情報の登録)を、
        データベースシステムに送った。プロセスが大量になってしまった。
  対策: /var/spool/mqueue を一時的に退避させ reboot し、順次処理した。
        同時に大量の処理を行なわないようにする。
  問題点: データベースのプログラムにはもともと lock の仕組みがあった。
          プロセスが増加してしまうのは、 sendmail から直接データベース
          のプログラムを呼び出している点に問題があるように思われる。
          メイルを一旦 queue にため、順次処理を行なってゆくような方式
          に変更したいと考えている。

-----------------------------------------------------------------------------
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.