メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
                                                   99/04/16 JPNIC Committee
            iDNS に関する報告と審議                          moto kawasaki
                                                              (文中敬称略)
(0) 審議事項
  iDNS プロジェクトへの対応を task force を結成して検討してよろしいか
  審議をお願いします。
(1) 経緯と予定
  99/03/04    APNG iDNS BoF @ Singapore
    ドメイン名の i18n についていくつかの試みが報告された。
    iDNS は APNG のプロジェクトとして進めることが確認され、JP の窓口として
    田代(ETL/APTLD/JPNIC)尾内(NTTS)両氏を指名した
  99/04/15     iDNS BoF (see (3))
  99/06?      iDNS testbed 開始?
  99/06/下    INET'99 @ San Jose
    iDNS 関係の mtg を予定(JP から状況報告が期待されている)
  99/09/下     APAN @ AU
    iDNS 関係の mtg を予定
  99/12/下    iDNS testbed 終了?
(2) iDNS とは
  x 現在の DNS では英数字とハイフンに限定されているドメイン名を i18n 化する
    ために APNG iDNS プロジェクトが進めている実装提案が iDNS である。
         http://www.i-dns.com/
  x iDNS testbed には、TWNIC, CNNIC, THNIC, KRNIC, SGNIC, MYNIC, HKNIC,
    InterQ(Japan) が参加を表明している
  x 中心的人物は Tan Tin Wee(APNG chair), James Seng(APNG next chair)
  x iDNS を使えば、「ウェブ.食べ物.日本」といった日本語ドメイン名を
    利用可能となる。(仏独中その他の諸言語でも同様)
  x エンコーディングの仕組みは、各国語を Unicode(UTF5) 化して既存の
    DNS システムが扱える文字列に変換する
        各国語   =>  Unicode      => UTF5
         日本    => \u65E5\u672C  => M5E5M72C
  x ドメイン名の構造では .i TLD を新設する提案だが、testbed では
     idns.nus.sg のサブドメインとして実験する。
  x iDNS サーバの構成
    各国語でエンコードされた iDNS ドメイン名を UTF5 に変換して、適切な
    (i)DNS サーバに query を中継する iDNS proxy サーバが中核的な役割
  x iDNS クライアントへの要求
    iDNS proxy server へ各国語でエンコードされた iDNS ドメイン名を
    送出できればよいので、基本的には 8bit thru であればよい。
(3) iDNS BoF
  「まず iDNS について学ぶ」目的で、BoF(勉強会)を行い
  iDNS システムの理解と論点の抽出を行った。

      会議名:  iDNS BoF
      日時:    99/04/15 13:00-15:30
      場所:    JPNIC 事務局 2F 会議室 C
      参加者:  尾内(NTT-S)・史(早大後藤研)・佐野・白橋・河北・川本・川崎
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.