メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
						   1999/12/22 運営委員会
						   資料 3-10

			iDNS-TF 報告


[検討部会等の開催の報告]

1999年11月24日 10:00-12:00 iDNS-TF ミーティング
    出席者:川崎・田代・奥山・後藤(滋)・佐藤(出)・佐野・史・兵藤・米谷
            事務局

1999年12月08日 17:15-20:30
    出席者:川崎・河北・田代・奥山・後藤(滋)・佐藤(出)・佐野・史・兵藤
            米谷・事務局

1999年12月16日 Internet Week '99 / Domain Talk Meeting (後半)

1999年12月22日 10:00-11:30 iDNS-TF ミーティング
    出席者:川崎・田代・奥山・後藤(滋)・佐藤(出)・史・兵藤・米谷
            事務局

[主な検討事項(順不同)]

- Internet Week '99報告
  o Domain Talk Meeting の枠で iDNS-TF に関する発表と質疑を行った。
    x ドメイン名の日本語化・国際化について否定的な意見は皆無で
      音声ドメイン名・画像ドメイン名といったアイディアも出た
    x DNSがインターネットの基盤技術である点は認識しているが、
      そこに手を入れることが潜在的な危険を伴うことはあまり
      認識されていない。
    x iDNS-TFがIETFでの標準化活動を軸に活動していくことに
      反対は無かった。

  o IP Meeting の枠で iDNS-TF の取り組みに関する発表と質疑を行った。
    x 全体に、運営委員会やiDNS-TFで議論の的となった事柄が改めて
      指摘された。
    x 「過去の教訓(X.400?)を活かさないのか」という指摘(暗示的な反対意見?)
    x ドメイン名をローカライズするなら「~.日本」ではなく
      「日本.~」としないのか。カルチャーもマッピングしないと
       意味がない
    x いろいろな言語が入力できないとならないのは困る
    x CNRPで一つのキーワードに対して複数のレスポンスがあるなら、
      メールアドレスで使う場合には困る
    x UnicodeではなくMIMEを応用する可能性もあるのでは
    x わざわざDNSで解決するではなく、別のアプリケーションで
      解決できるのではないか。DNSを変更するということに対する抑止力も
      働かせて欲しい

  o 全体に、ビジネス・エンドユーザの側には「使えるものなら使ってみたい」
    という意識があり、技術者・システム管理者の側には「なるべくならDNSを
    修正したくない、やるとしても慎重に」という雰囲気を感じた。

- Singapore版iDNSの技術検証のためのNDAについて
  o Singapore側からNDAの第2版が提示されたが、内容は初版と変わらなかった。
  o これ以上Singapore版にこだわることはやめ、JPNIC独自の実装に注力する
    こととした。
  o どのパーティの実装であっても、IETFの枠組みの中でオープンな
    ソースコードを提供するものについてその技術検証や相互運用性の
    確認を行う方向で検討する。
  o そのために、試験項目のリスト作成・体系化やJPNIC独自の実装を
    中心にIETFの活動に参加していく。
  o このため、用語集・FAQ・リンク集などを整備していく。

- 日本版iDNSの状況報告
  o TUT版iDNS
    x proxy型の実装を目指している
    x 台湾版の8bit throughのDNSクライアントと思われるものを
      用いているにも関わらず、日本語を使ったドメイン名を解決できない。

  o 早稲田版iDNS
    x 台湾版iDNSをベースに、DNSの文字制限([-A-z0-9])を8bit throughに
      したもので実験中

- イベント参加(希望)
  o 日本版iDNSの実装の内容を報告するなどの目的で学会・イベントへの
    メンバー派遣を計画している。
    x IWS2000 (99/Feb つくば)
    x APAN/APNG(99Feb ソウル)

[今後の予定とスケジュール]

2000年1月25日 15:00-17:00(要調整)
2000年2月09日 15:00-17:00(要調整)

[報告資料作成担当]
    川崎基夫(検討部会主査)
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2021 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.