メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
	  					                2002/4/11
 						     評議委員会資料 2-7-1
 
 
   	              インターネット推進部からの報告
 
 
 □報告
 
   1. メールマガジン発行状況報告

 	・発行実績:  - 2002年 2月15日	 2,071通
 		      - 2002年 3月15日   2,130通
  		      - 2002年 3月25日   2,149通
  		      - 2002年 3月29日   2,144通
 	・現登録数:2,172  (2002年4月2日現在)
               --------------------------------------------
  	        統計日  02/20  03/01  03/10  03/20  03/30 
               --------------------------------------------
  	        会員数  2,084  2,104  2,121  2,136  2,140
               --------------------------------------------
  	・特集一覧:
	    第9号(2月15日) 	  
               1. JPドメイン名登録規則改訂について 
               2. 国際化ドメイン名(IDN)標準化の進捗状況 
    	    第10号(3月15日)
               1. .jp ccTLDスポンサ契約締結について 
               2. JPドメイン名紛争処理方針改訂について 
               3. 新IPレジストリシステムについて 
               4. 第16回通常総会報告 
            第11号(3月25日)
               1. APNIC Open Policy Meeting報告 
               2. ICANNアクラ会議速報 
	    第12号(3月29日)
	       1. JPドメイン名業務移管について 
	       2. 第53回IETF報告 
            第13号(4月15日発行予定)
               1. アジアのインターネット代表紹介
                    - APTLD理事  国際関係連絡会議メンバー 大橋氏
                    - APNIC EC  IPアドレス検討委員会委員長 前村氏
               2. ICANNガーナ会議報告

   2. JNICからJPNICへ10年の歩みを振り返って~特別講演会及び懇親会~

	・開催日:2002年3月1日(金)総会後に実施
	・場  所:京王プラザホテル
	・内  容:講演会(16:00~17:45)
                    - 参加者数: 約250名 
		    - 荒俣 宏氏  「インターネット社会の成熟にむけて」
		    - 江崎 浩氏  「IPv6の現状と今後の情報技術戦略」
		  懇親会(18:00~19:30)
                    - 参加者数: 約250名
                    - ポケットリーフレット「JNICからJPNICへ10年の歩み」
                      を配布

   3. Web改訂実施

	・改訂実施日:2002年4月1日
	・現状報告  :・ヘッダ、フッタ、リンク等微修正後随時wwwサーバに
		        公開
		      ・英語ページほぼ完成
	・今後の予定:・4/15:他部署にレビュー
		      ・4/16:英語ページ公開予定
		      ・Web改訂作業反省点洗い出し
		      phase 2 (-2002/6/30)
                        ・トピックスやミーティング資料、会員リスト等自動化
			・文書管理システム
			・IP 5/7改訂部分のUP
                      phase 3 (2002/7/1-)
                        各部署でのメンテナンス体制を軌道にのせる

   4. JPNIC News Letter No.20 発行

 	・発行日:2002年3月27日
 	・発行部数:13000部
 	・送付先:会員、現理事・監事、評議委員、検討委員、各種団体、
                  旧理事、運営委員、部会関係者、旧職員、官僚、プレス等
 	・従来との変更点:
            - S、A会員の広告を掲載
            - 「インターネット10分講座」(初心者向読み物)を掲載 
 	・今後の発行予定:2002年度は3回発行予定     

   5. JET Meeting参加

	・期間:     2002年3月4-6日
	・開催場所: Thai Bangkok、Jade Pavilion Hotel
        ・参加者:   CNNIC: H.Qian氏
		    KRNIC: Y.Ko氏
		    TWNIC: WS Chen氏、Kenny H氏、他
		    JPNIC: 小西、田代、堀田(以上IDN-TF)、米谷(技術研究課)
		    他:    J.Seng氏
	・目的:	    IDNの標準では未解決の等価文字(TC/SC)問題をドメイン
		    名登録規則で軽減する方式について、IETFのBCPガイド
		    ラインとしてまとめる。
	・結論:	    JETがイニシアチブをとりCJKをベースに、6末までにて
		    のDNSゾーン管理者を対象とした、他の言語にも拡張可
		    能なガイドラインを作成する。

   6. IETF@Minneapolis参加

	・期間:     2002年3月17-22日
	・開催場所: Minneapolis、Hilton Hotel
	・参加者:   米谷、宮山(技術研究課)
	・目的:	    IDN WG Meeting参加
		    DNS関連情報収集
	・概要:	    IDN WG Meetingは、Last Call後のWG最終提案がIESGに
		    提出された直後であり、その応答待ちの状況のため議論
		    する項目がなく、キャンセルされた。
		    DNS関連では、DNSOPでNLnet LabsからNSDという新しい
		    DNSサーバの実装についての紹介があった。関連URLは次
		    のとおり。http://www.nlnetlabs.nl/nsd/index.en.html
		    KWNS BoFはプロトコルとして議論すべきポイントが不明
		    確であり、既存のCNRPや、前回IETFでBoFが開催された
		    IRNSSとの違いも不明確であったため、WG設立の見込み
		    は低い。
		    その他、メールマガジン第12号にて報告。

   7. ICANN理事加藤氏、VGRS訪問

	・期間:     2002年3月25-26日
	・場所:     Washington D.C.
	・参加者:   堀田(JPRS/IDN-TF)、米谷(技術研究課)
	・目的:	    JETのguideline解説と今後の協調についての議論
	・概要:	    Guidelineの方針については理解が得られた。
		    ICANN/Registryのみでなく、registrar constituencyの
		    理解を得るためにも、IETFでRFC化されることが重要で
		    あるとコメント。

   8. H14年度TAO契約(次世代DNSに関する研究開発)

	・H13年度に実施したTAOからの受託研究「次世代DNSに関する研究開
	  発」のサブテーマ「多言語ドメイン名のためのサーバ・ソフトウェ
	  アの脆弱性検査に関する研究開発」をH14年度も引き続き受託研究
	  契約し、技術研究課で実施する
	・H13年度研究成果に関しては5/29のTAO研究発表会で発表予定
	  (持ち時間4分)

   9. mDNkit-2.3.1、mDNkit-2.4、idnkit

	・mDNkit-2.3.1を2/22にリリース
	・mDNkit-2.4を2/25にJDNA会員向けにリリース
	・mDNkitの名称をIDN標準対応にともなって、今後のリリースでは名
	  称をidnkitに変更する

   10. APTLD 及び APRICOT 2002(Bangkok)参加

	・期間:     2002年3月3-6日
	・開催場所: Asia Institute of Technology,
		    Queen Sirikit National Convetion Center
        ・出張者:   丸山 直昌
	・目的:	    各国ccTLDに関する情報収集

   11. ICANN Ghana参加

	・期間:     2002年3月10-14日
	・開催場所: La Palm Royal Beach Hotel(Accra, Ghana)
        ・出張者:   丸山 直昌、入交 尚子
	・目的:	    ccTLD constituency会合出席、Public Forum出席、
		    各国ccTLDに関する情報収集
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.