メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索
  	  					                2003/2/13
 						     評議委員会資料 2-7-2
 
 
   	              Internet Week 2002 開催報告
 

□概要

    開催日:2002年12月3日(月)~12月7日(金)
    会  場:パシフィコ横浜
    来場者:のべ 9,000人
    所  感:・全体的に企画から運営までスムーズであり、イベント当日も大
	      過無く無事終了した
	    ・新受付システム(ICチップによる参加証の採用)の導入により受
	      付時間が短縮された他、運営側にとってもリアルタイムで受付
	      状況がわかるなど利点が多かった
	    ・来年度も基本的には今年と同じ方針でJPNICが主催となり、各
	      団体と協力し、開催形態や内容、プロモーション等の見直しを
	      十分に行ってよりよいイベント開催をめざす
    分  析:
      [参加登録費の減収]
	    ・早期割引期間中の申込数が全体の8割、通常料金期間の申込数
	      の伸びが頭打ちとなった(例年は5:5の割合)。
	    ・新規客層獲得が少なかった→告知方法の再考
	    ・開催時期(12/16-20 の連休前の繁忙期)の問題
      [協賛金額の減収]
	    ・IPv6 Summit側の協賛企業との競合
      [その他]
	    ・他メインプログラムとIWのチュートリアルと競合していた
	    ・懇親会のスケジュールが悪かった(初日で小規模だった)
	    ・開催期間が5日間であると人件費、会場、機材費の固定費がかかる
	      →開催期間の再考
	
   今後の検討事項:
	    ・各団体の参加形態、団体参加費の見直し
	    ・全体のプログラム構成のテーマ化、参加者が参加しやすい構成

   最新ニュース:
	    ・日経BPの 「BizTech Events Awards 2003」で表彰を受ける
	        2002/7/1-12/31までのセミナー、展示会のうち、クリック数
		の多かったイベントを表彰する賞で今年新設されたもの。
		JPNICはセミナー部門で第1位の表彰を受けた

		2003/2/10 下記URLにて表彰記事掲載予定
		→ http://events.nikkeibp.co.jp/awards/seminar.html

   来年度開催予定:2003年12月16日~20日  パシフィコ横浜にて


□収支報告

	参加登録費     29,405,915   会場使用料        9,695,700
	団体参加費      3,150,000   機材等会場経費    3,152,310
	協賛金         15,700,000   看板制作関係費    2,214,450
	補助金            300,000   製作物関係費用    9,021,180
	雑収入            159,000   懇親会費用          697,851
	2001年度繰越金    550,000   会議費・その他    5,100,373
                                    運営委託関係費用 15,995,840
                                    運営管理費        4,567,500
      ----------------------------------------------------------
	収入計         49,264,915   支出計           50,445,204
	                            過不足           -1,180,289
          

□アンケート結果 (抜粋)

	→ 詳細は  http://internetweek.jp/koremade/qa/question.htm

    ○IW2002への満足度	
	・大変役に立った                21.7% *
	・よかった			59.9% * 約80%の満足度
	・あまり役に立たなかった         3.6% 
	・つまらなかった		 0.8% 

    ○来年も参加したいか
	・参加したい			50.7%
	    - 最新動向がわかる
	    - 勉強・スキルアップのため
	    - 情報収集のため
	・参加しないと思う		 6.4%
	    - 遠いから
	    - プログラムによる
	・どちらともいえない		26.0%
	    - 内容したい
	    - 仕事のスケジュール次第

    ○IW2002を何で知ったか
	・上司・会社の薦め		25.3% 
	・Webサイト			24.3%
	・メーリングリスト		17.7%

    ○参加者の住まいベスト5
	・東京				30.9%
	・神奈川			22.6%
	・大阪				 8.1%
	・千葉県			 7.2%
	・埼玉県			 5.6%


□開催団体

    主催:(社)日本ネットワークインフォメーションセンター (JPNIC)   

    共催:・日本インターネット技術計画委員会 (JEPG/IP)
	  ・日本UNIXユーザ会 (jus)
	  ・(財)インターネット協会 (IAjapan)
	  ・コンピュータ緊急対応センター (JPCERT/CC)
	  ・日本サン・ユーザ・グループ (NSUG)
	  ・Global IPv6 Summit in Japan 2001 実行委員会
	  ・(社)日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)
	  ・特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)
	  ・日本Linux協会
          ・OSDNジャパン(OSDN-J)		  	      計10団体
						             ----------

    協力:・日本ネットワーク・オペレーターズ・グループ (JANOG)
	  ・モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)	      計 2団体
  						             ----------

□協賛団体

   株式会社アドミラルシステム 
   NTTコミュニケーションズ株式会社
   サン・マイクロシステムズ株式会社
   メディアエクスチェンジ株式会社
   株式会社日本レジストリサービス
   ネットワンシステムズ株式会社
   株式会社イーサイド
   株式会社パワードコム
   株式会社インプレス
   エムネット株式会社 
    日本電気株式会社                             計 11社  15,700,000円 
						 ----------------------

□プログラム構成

    メインプログラム                      (19)
      (うち、JPNICメインプログラム 3)
	・12/16 :第3回JPNIC Open Pocicy Meeting(IP事業部)	 98名
	・12/16 :ドメイン名に関する最新動向(ドメイン名事業部)	139名
	・12/19 :DNS DAY (インターネット推進部)		212名
    ビギナーズチュートリアル:	           (5)
    チュートリアル:		          (23)
    ソリューションセミナー:	           (7)
    BoF:			           (8)       
    懇親会			           (1)          計63プログラム
            

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2022 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.