メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ニュースレターNo.14/1999年8月発行

3.最新トピックス English Page

3.5 NETWORLD+INTEROP 99 TOKYO 報告

(JPNIC 事務局)

 1999年6月2日から1999年6月4日にかけてNETWORLD+INTEROP 99の展示会が開催され、JPNICも広報の一環として出展しました。会場では以下の資料を配布し、ブース内でパネル7枚の展示とパソコンによるJPNIC WEBページの紹介を行ないました。

配布物

ニュースレター13号   1,500部
JPNIC パンフレット    500部
ドメイン名簡単ガイド    150部
INET2000チラシ    約600枚

 例年JPNICのブースでは組織の紹介の他に、業務内容に関する説明を行なっておりますが、今年は特にドメイン名やIPv6に関するご意見・質問が非常に多い印象をうけました。

 以下にブースで受けた質問とその回答の一部をご紹介します。一般的な質問についてはFAQに採用していく予定です。

IPアドレス関連

Q. IPアドレスをJPNICから直接割り当ててもらえますか。
A. 現在IPアドレスの割り当てについては、まず接続を行なうインターネットサービスプロバイダにご相談下さい。
 ※注:詳細はJPNIC QandA(Q.6030)をご覧下さい。

Q. JPNICでIPアドレスを管理している意味はなんですか。
A. JPNICは会員プロバイダを通じてIPアドレスを割り振ることにより経路情報集約を行なっております。

Q. IPv6の割り当てはいつから始まりますか。
A. APNICより1999年6月1日から割り当てが開始される予定です。
 ※注:割り当て開始日については延期となりました。

Q. JPNICはIPv6の割り当てを行ないますか。
A. 現在のところJPNICではIPv6を割り当てるサービスは検討しておりません。APNIC より割り当てをうける形になると思われます。

Q. JPNICはIPv6に関してどのようなサービスをする予定ですか。
A. ポリシーに関する文書の翻訳を行ない、情報提供等をしていくことを考えております。

JPドメイン名関連

Q. 来年は(登録ドメイン数の合計は)10万件を超すと思いますか。
A. 数値は予想できませんが、現在の数よりも増えるものと思われます。

Q. ED. JPの予約ドメイン名の有効期限はいつですか。
A. 2003年3月31日までを予定しております。

Q. 個人でドメイン名は登録できますか。
A. 個人の場合は地域型ドメイン名を登録することができます。2人以上の個人または法人からなる団体の場合はGR. JPドメイン名を申請することも可能です。
 ※注:詳細はJPNIC QandA(Q.5560)をご覧下さい。

Q. ドメインを登録後、1年間何もしないと登録が抹消されるそうですが、どうすると使用していることになるのですか。
A. 使用している状態にするためには、JPNICの管理しているネームサーバにドメイン名を登録することが必要です。また、その登録を行なうためにはJPNIC会員の接続承認が必要です。
 ※注:詳細はJPNIC QandA(Q.5120)をご覧下さい。

その他

Q. JPNICは民間企業なのですか。
A. 社団法人です。

Q. JPNICの収入源を教えて下さい。
A. 会費と申請手数料が主な収入源です。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2022 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.