メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ニュースレターNo.17/2000年8月発行

6 運営委員会だより English Page

運営委員会では、事務局や検討部会の活動報告、部会で行う予定の事業内容に関する審議や承認、そして問題となっている案件についての議論を行っています。

会議は毎月JPNIC事務局会議室で行われます。詳しい日程については、以下のURLをご覧ください。

会議スケジュールのページ:

 http://www.nic.ad.jp/jp/info/schedule/schedule.html

今回は、第35回から第39回までの内容から、いくつかの議論・決定事項を抜粋してご紹介します。また、第37回運営委員会では新旧体制の入れ替えが行われています。

第35回運営委員会

第35回の運営委員会は2000年3月21日(火)に開催されました。この会議では、ORドメインからNEドメイン移行に関する話題や、3月1日からJPNICデータベースへのIPv6アドレスを持つネームサーバの登録サービス開始などの報告がありました。

また、ドメインリスト等の配布停止やデータベース情報公開の一部停止といった審議には多くの質問や意見が交わされました。前者は引き続きデータベース管理検討部会で検討し、後者はポリシーと情報開示レベルは案という位置付けで発表することになりました。

第36回運営委員会

第36回の運営委員会は2000年4月26日(水)に開催されました。この会議では、1999年度事業報告(案)に関する審議や、JPNICとしてAS番号割り当てに関して制度やドキュメントを整備して正式なサービスとしていくことについての審議が提案され、承認されています。

また、「JPドメイン名紛争処理方針」に関する第一次答申の内容および今後の方向性についての審議では非常に多くの質問や意見が交わされ、基本路線の承認およびシステムに関する検討を引き続き行うことが決定しています。

第37回運営委員会

第37回の運営委員会は2000年5月25日(木)に開催されました。この会議から新体制への移行が開始されています。報告事項までは前年度の体制で行われ、その後の審議事項から新体制に移りました。

前回に引き続きJPドメイン名の紛争処理方針や、個人情報にかかわる情報の非開示に関する審議が行われました。またドメイン名に日本語などの言語を使用できるようにするための話題や、ICANNによるAt Large Membership(ICANN一般会員)に関する話題も取り上げられています。

第38回運営委員会

第38回の運営委員会は2000年6月8日(木)に開催されました。この会議では、新体制に基づく各検討部会の活動方針やメンバー構成に関する発表と承認が主な議題となっています。この詳細につきましては、「4-1 JPNICの組織変更について」をご覧ください。

第39回運営委員会

第39回の運営委員会は2000年7月10日(月)に開催されました。この会議では、前回の運営委員会で指摘された各検討部会の活動計画(チャーター)の修正報告や、ドメインに関する話題が中心となりました。

特に、JPドメイン名紛争処理方針に関する最終答申や、ドメイン名登録等に関する規則の改訂の件では活発な議論が交わされました。ドメインに関するこれらの情報は 「5-5 JPドメイン名紛争処理方針の策定について」にありますのでご覧ください。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.