メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ニュースレターNo.19/2001年4月発行

3 特集:汎用JPドメイン名について English Page

3-2 ドメイン名の今後のサービスとスケジュール

3-2-1 登録窓口

既存の属性型(組織種別型)・地域型JPドメイン名は従来どおり、JPNICおよび指定事業者を経由して登録受付を行います。

また、汎用JPドメイン名についてはJPRSが受付を行いますが、登録者からの申請は基本的にJPRS指定の指定事業者を経由して行うことになります。汎用JPドメイン名の指定事業者の一覧表は、JPRSのホームページ(http://jprs.jp/)をご覧ください。

3-2-2 今後のスケジュール

4月 2日 DNS, WHOIS 仮運用(~5月6日)
同時登録申請 申請受付開始(正午から)
4月 中旬 優先登録申請 抽選結果通知
4月 23日 同時登録申請 申請受付終了(正午まで)
5月 7日 DNS, WHOIS 本運用
先願による登録申請受付開始
5月 下旬 同時登録申請 抽選結果通知

3-2-3 優先登録申請期間(2月22日~3月23日正午)にあった申請の結果通知

優先登録申請期間に申請のあったドメイン名の登録者の決定は、下記のように行われます。

第1区分
優先順位に基づき登録者が決定されます。
第2区分
同じ文字列のドメイン名に複数の申請が行われた場合は、抽選を行い、抽選結果 に基づき登録者が決定されます。

優先登録申請期間に申請のあったドメイン名は、同時登録申請期間(4月2日正午~4月23日正午)には申請できないドメイン名となります。

3-2-4 同時登録申請

ドメイン名の登録は先願(申請の先着順)で行われるのが世界的な原則ですが、新しいサービス開始時に先願で受付を行うと、受付を開始した瞬間に大量 の申請が行われ、大きな混乱を招くおそれがあります。この問題を軽減するために、汎用JPドメイン名の申請に際しては先願による申請受付開始に先立ち、2001年4月2日正午~4月23日正午の間、「同時登録申請」という期間を設けています。

同時登録申請期間中に申請されたドメイン名は一旦保留されます。同じ文字列のドメイン名に対して複数の申請があった場合は、受付期間終了後、抽選により登録者を決定します。そのため、この期間中の申請は、申請の順番が問われません。急ぐ必要はありませんが、登録開始時と締め切り間近での申請は混雑が予想されます。ゆとりのある申請をお願いします。

2001年5月7日より、先願(先着順)での汎用JPドメイン名の登録申請の受付が開始されます。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.