メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ニュースレターNo.19/2001年4月発行

6 運営委員会だより English Page

運営委員会では、事務局や検討部会の活動報告、部会で行う予定の事業内容に関する審議や承認、そして問題となっている案件についての議論を行っています。

会議は毎月JPNIC事務局会議室で行われます。詳しい日程については、以下のURLをご覧ください。

会議スケジュールのページ:
http://www.nic.ad.jp/jp/info/schedule/schedule.html

また公開の議題については傍聴できます。傍聴をご希望の方は、JPNIC事務局(secretatiat@nic.ad.jp)までお問い合わせください。

今回は、第44回と第45回の内容から、いくつかの議論、決定事項を抜粋してご紹介します。

6-1 第44回運営委員会

過去最大規模のICANN年次会合、APTLDへの加入、ドメイン名紛争処理の現状、Internet Week 2000、RFC-JPのWeb公開、インターネット歴史年表の作成、IPアドレス割り振り・割り当て改善運動、IP-USERSミーティングの計画、mDNkit 1.2のリリース、日本語ドメイン名運用試験継続中、個人名による汎用JPドメイン名の取得、といった報告が行われました。

審議事項として、ニュースレターの方針、ISOCの会員継続、APRICOTのスポンサーになること、が上げられています。

6-2 第45回運営委員会

報告は、来年度事業計画案、ICANN Pressing Issues検討会、既存JPドメイン名の規則改定、ドメイン名紛争処理の現状、予約ドメイン名、インターネット歴史年表の状況、Internet Week 2000開催報告、IPアドレス割り振り・割り当て改善運動、IP-USERSミーティング実施、業務委任契約、IPアドレス申請手数料、WHOISシステムの入れ替え、JPNICを語った広告メイルへの対応、mDNkit 1.2.1リリースと今後の開発予定、汎用JPドメイン名関係の文書公開、優先登録申請のお知らせなどが行われました。

審議事項は、2001年度事業計画、非営利会員の定義、IPアドレス関係文書の改版と公開、補正予算、の4点でした。

詳細に関しては、

運営委員会資料のURL
http://www.nic.ad.jp/jp/materials/committee/

をご覧ください。

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.