メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

ニュースレターNo.38/2008年3月発行

第33回臨時総会報告

2007年12月7日(金)、第33回JPNIC臨時総会を、東京都千代田区丸の内の東京ステーションコンファレンスにて開催いたしました。今回の総会では、1件の報告事項のほか、2007年度補正予算案、IPアドレス維持料の一部見直しの件、理事1名選任の件の3議案について、会員の皆様にお諮りしました。以下、本総会の報告事項と議案について、簡単にご報告します。

報告事項:IPv4アドレス在庫枯渇問題に関する検討報告書の件

本件に対するJPNICの検討結果の報告について、荒野理事が説明を行いました。

図:IPv4在庫枯渇検討報告書
IPv4アドレス在庫枯渇問題に関する検討報告書(第一次)エグゼクティブサマリ

詳細は、既に本号の特集1※1でも報告しているために割愛しますが、2010年~2011年頃とされるIPv4アドレス在庫枯渇に向け、三つの対応策を提示し、それに対する考察を加えました。また、JPNICとしての今後の課題も述べました。

検討報告書は、下記URLからご参照いただけます。

http://www.nic.ad.jp/ja/ip/ipv4pool/ipv4exh-report-071207.pdf

写真:総会会場
第33回総会会場の様子

第1号議案:2007年度補正予算案承認の件

本議案は、第31回総会(2007/3/9)にて承認された2007年度収支予算に、変更が生じたため作成された、補正予算案についてお諮りしたもので、変更する収支予算項目について、成田事務局長が全体の説明を行いました。本議案は、原案の通り承認可決されました。

第2号議案:IPアドレス維持料の一部見直しの件

前村IP事業部長より、IPアドレス維持料の一部見直し案について、提案がありました。本議案につきましては、第23回総会(2004/6/18)でご承認いただいたIPアドレス事業料金体系見直しに基づき、2008年度の維持料見直しについて検討した案をお諮りしました。説明終了後、原案の通り承認可決されました。

第3号議案:理事1名選任の件

過去1年での理事3名の辞任を受け、減員の補充、運営基盤・体制の強化のために理事会から推薦された、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社ブロードバンドIP事業部長 高瀬哲哉氏が、新理事に選任されました。 第33回臨時総会の資料、議事録等は、JPNIC Webサイトにて公開しております。

□社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター第33回総会(臨時総会)
http://www.nic.ad.jp/ja/materials/general-meeting/20071207/

総会に引き続き、講演会が行われました。今回の講演会は、竹内芳明氏(総務省総合通信基盤局 電気通信技術システム課長)より、「新世代ネットワーク実現に向けて」と題した講演が行われました。

写真:竹内芳明氏
講演を行う竹内芳明氏

2008年度事業計画・収支予算に関わる次回の第34回通常総会は、2008年3月21日(金)に東京・八重洲富士屋ホテルにて開催する予定です。

(JPNIC 総務部 細越亜紀子)


※1 関連記事
「特集1 IPアドレス在庫枯渇問題に関する検討報告書(第1次)の公開にあたって」

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2020 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.