メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です

ロゴ:JPNIC

WHOIS 検索 サイト内検索 WHOISとは? JPNIC WHOIS Gateway
WHOIS検索 サイト内検索

2004年11月12日

各位

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

ICANNとNRO間によるASO MoU(覚書)の締結について

拝啓 時下益々ご盛栄の事とお慶び申し上げます。

2004年10月21日付で、ICANN(*1)・NRO(*2)間でASO(*3)についてのMoU (覚書)を締結しましたことをご案内いたします。

本文書はASOの機能におけるNROの役割を規定したものです。これにより、ASO ACの選出方法が従来とは若干変更となりますが、基本的に大きな変更はなく、既存のコミュニティによるボトムアップのポリシー策定プロセスの枠組みがより明確になりました。詳細につきましてはICANNからのアナウンス文をご参照ください。

『ASO覚書署名完了』(和訳)
http://www.nic.ad.jp/ja/translation/icann/20041021.html

敬具

(*1)ICANN : 「The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers」の略。トップレベルドメインの割り当てを含むDNS管理に関する調整業務、IPアドレス割り当ての方針の決定、DNSルートサーバの運用管理などを目的とする組織です。
(*2)NRO : 「Number Resource Organization」の略。APNIC、ARIN、LACNIC、RIPE/NCCの四つのRIRにより2003年10月24日に設立された非営利組織で、RIR全体として外部組織との調整が必要な場合に全RIRを代表する組織となります。
(*3)ASO : 「Address Supporting Organization」の略。ICANNの支持組織の1つで、IPアドレスというインターネット資源をいかに運用するか議論を行ない、ICANN理事会に勧告する役割があります。

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。

ロゴ:JPNIC

Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.