メインコンテンツへジャンプする

JPNICはインターネットの円滑な運営を支えるための組織です
文字サイズ:
プリント用ページ

2011年8月1日

各位

社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

JPNICにおけるIPv4アドレス移転申請の受付開始

 JPNICでは、本日、 2011年8月1日(月)よりIPv4アドレス移転申請手続きの受付を開始しました。

 これにより、 JPNICとIPアドレスに関する契約を締結をしている組織間のIPv4アドレスの移転が可能となります。

 IPv4アドレスの移転とは、JPNICの承諾により、 ある組織に対して付与されたIPv4アドレス空間の一部またはすべてのライセンス先を、 別の組織へ変更することです。 その結果はJPNICのデータベースへ反映されます。

 本件に関してご不明な点がありましたら までお問い合わせください。

移転制度の概要

 JPNICにおけるIPv4アドレスの移転制度の概要は以下の通りです。

対象アドレス

  • /24以上のJPNIC管理下のIPv4アドレス

申請資格

  • JPNICとIPアドレスの管理に関する契約を締結している組織
    • 指定事業者、歴史的PIアドレスホルダ、特殊用途PIアドレスホルダ
    • 移転先の場合は移転完了までに新規に契約を締結する組織も含む

費用

  • 移転に伴う申請手数料は発生しない
    • 移転申請に伴い、JPNICと新たに契約締結を行う場合は、該当する契約について契約料の支払いが必要
  • 移転後に課金される維持料は移転先が負担

移転申請手続き

 移転申請手続きについては、以下の文書よりご確認ください。

「IPv4アドレス移転申請手続き」
http://www.nic.ad.jp/doc/ipv4transfer.html

参考情報

IPアドレス管理業務に関するJPNIC文書公開のお知らせ
~IPv4アドレス移転制度の施行に伴う移転手続き文書の新規制定~
http://www.nic.ad.jp/ja/topics/2011/20110701-01.html

本件に関するお問い合わせ窓口

JPNIC IPアドレス担当:

以上

このページを評価してください

このWebページは役に立ちましたか?
ページの改良点等がございましたら自由にご記入ください。

このフォームをご利用した場合、ご連絡先の記入がないと、 回答を差し上げられません。 回答が必要な場合は、お問い合わせ先をご利用ください。